クマデジタル

迷ったら、高い方


健康

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
富士登山で左足ふくらはぎの肉離れをしてから1ヶ月が経ちますが、治癒のペースが遅いし、今後どうリハビリしていっていいのか自分でも分からなくなってしまったので、整形外科(駅前のスポーツドクター)で診てもらってきました。

初めて行く整形外科でしたが、同時に15人くらいがリハビリ運動できるそこそこ大きな医院で、「それ何の運動?どこを悪くしたの?」と訊きたくなる謎運動をしている方がちらほらおり、尋常ではない雰囲気が漂います。


スキャン

写真は今回に撮って貰った超音波エコー。筋肉の断面図ですが、正常な右足(写真右)は鳥のささみかマグロ切り身のように筋がきれいに並んでいますが、肉離れを起こした左足は筋の並びが不明瞭になっています。また、左の写真の中央付近は右ではうっすら映っている筋肉が写っていませんが、これは血の塊とのこと。リハビリとしてはこの血の塊を体内で流して行きつつ、痛くない範囲でストレッチ、ということでした。指導されたリハビリメニューは、

1.ジェットバスで患部を温めながら、ストレッチ(10分)
2.電気を加えながら、ストレッチ(7分)
3.ローラーをふくらはぎの下に挟んで、コロコロ。(10分)
4.座って左ひざに寄りかかり、そのままかかと上げストレッチ(10回×3本)
5.両足で立ってかかと上げストレッチ(10回×3本)
6.左足だけで立ってかかと上げストレッチ(10回×3本)→1回で痛みを感じ、中止。

というものでした。ここまでを1セット行っただけで、1.3倍くらいに腫れていた左足の太さが右足に近くなってきたのには驚きました。どうせ整形外科なんて湿布処方されて「これで様子見てください」しか言わないでしょ?と斜に構えていましたが、ここは良かったですねぇ。しばらく通院する予定です。

ちなみに肉離れのことを英語でミートグッバイとは言いません。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
富士登山時に痛めた左足ですが、あれから10日経ちましたがまだ普通には歩けません。これは間違いなく全治1ヶ月コースだろうと思います。アンタの足の話などどうでもいいという向きもあるでしょうが(笑 記録を兼ねて書いておきます。

IMG_1516


8/4 富士山で肉離れを起こす。患部はふくらはぎ。
8/5 山頂まで登ったあと、自力で下山 患部はパンパンに腫れている。
8/7 患部とは関係ないと思われる、足首の方に内出血が見られる。おそらく患部で出た血が下に下りてきたものと思われる。
8/8 患部とは関係ない箇所(太ももなど)の筋肉痛。これはケガをしていなくても普通に発生したと思われる。
8/10 足首の内出血はさらに広がり、土踏まずの側面あたりまで広がる。左足中指にも斑点状の内出血が見られる。いずれもそこが内出血ポイントではないと思われ、もちろん押しても痛くもなんともない。患部にもまだら状に内出血が見られるようになった。湿布している箇所が痒い。
8/11 上の写真。患部一帯が黄色くなってきた。モザイクかけても内出血箇所が分かりますね。
8/14 特に進展なし。毎日少しずつ痛みは減っているが、アキレス腱を伸ばすような動作は痛くてできない。また、しばらく身体を横にしたあと立ち上がると数分間左足の痛みがひどい。

治療は毎日「モーラステープ」を貼って、包帯で固定しています。ちょうど治りかけの骨折の治療のようなイメージです。

うーん、10日でこの程度と考えると、跳ねたり踊ったりできるのは1ヶ月はかかりそうですね。肉離れはクセになるというので、また起きないか心配はあります。


手持ちのモーラステープを使い切ったので、ツマの勧めでロキソニンテープを買ってきました。高い。

【8/18追記】
まだ患部は腫れているが、内出血は少し薄くなってきた。寝た状態から立ったときの痛みはかなり減り、階段も普通に下りられるように。但しまだ患部の引きつり感があり、痛みも若干あり。走ることはできない。

【8/19追記】
昨晩、ムスコとふざけていて階段を駆け上がってしまい、患部の少し上の方を痛めてしまった。まだ階段のかけ上がりはできないようだ(平地の駆け足ができないのだから当然だ)。寝た状態から立ったときの痛みが少し復活してしまった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
その結果どうなったかは、また後ほど。
単純に快方には向かいませんでした。


…の続きを書いていなかったので、書きます。

IMG_0208

実はマウスピースをして就寝するようになった結果、意外と普通に寝られたのですが、痛いところが移動しただけでした。まぁ寝てるときの歯の食いしばりが原因であれば、マウスピースをすることによって支点が少しズレたため、筋力を発揮するポイントもまたズレたってことですよね。

次の経過検診で痛みがズレただけだったという旨の報告をしたところ、これ以上当院ではできることはないとのこと。筋肉痛であれば湿布が効くのではないかと尋ねましたが、効かないだろうとのこと。でも筋肉をほぐすようなマッサージは効くだろうとのこと。

それで暇さえあれば軽くマッサージするようにしていたのですが、確かにマッサージは効きました。マウスピースするより全然効きました。マウスピース完全に無駄でしたね…。勿体ないことをしましたが、診断料の一部だと考えるしかありません。

ところが11/18(土)でしたかね、珍しく何の予定もない土曜日があったんです。朝飯はムスメがパンケーキ焼いてくれたし、昼は非常食の賞味期限切れのボンカレー消費だし、夜は残り物のおでんと大根の煮物で済ませたのでキッチンに立つ必要がほとんどなく、部屋着からも着替えずに一日中ダラダラと昼寝しながら過ごしました。そしたら日曜の朝には痛みがなくなったんですね。そうか、必要だったのは心と体の休養だったか…と。

まぁまた忙しい日が続いたら痛くなるんでしょうが、治し方が分かってまぁよかったです。適切なタイミングで治せるかどうかは分かりませんが。


ボンカレーゴールド 辛口 180g×5個
ボンカレー、以前よりかなり美味しくなりましたよね…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
実は少し前からあご関節のあたりが痛くなってしまい、食事もままならない状態になりました。ついでにダイエットすれば良かったのですが、食欲は痛みに勝てるんですねぇ。痛い痛いと言いながらもいつも通りの量を食べてはいたんですが。

それで痛みの方はかかりつけの歯科医に診てもらったところ、あごの筋肉の筋肉痛だと。寝ている間にアゴに力が入っているのが原因だと。てっきり顎関節症だと思っていたので拍子抜けでしたが、いや、力が入っているだけなら、日中もけっこうな時間入ってますけど。


生きてくことが辛いなら
いっそ小さく死ねばいい
恋人と親は悲しむが
三日と経てば元通り


死のうとは思いませんが、ここ2ヶ月くらい、公私ともに辛かったですからねぇ。今でも辛いですけど。公私の私の方はどうにもできないですけど、公の方はもう少しワークライフバランスのいい仕事に転職したい…。そんな感じで辛い状況を耐えるために、気がつけば日中もずっとアゴに力が入っています。通勤のクルマの運転中も。最近クルマのホイルスピンが増えたような気がするのは、ずっと歯を食いしばっているのと根っこは一緒なのかも知れません。

私に必要なのは「気持ちを楽にする薬(=セロトニン)」なんじゃないかと思いましたが、歯科医の先生は一笑に付して取り合ってくれず、有無を言わさず型取り。

IMG_0208

マイスピースって何万円取られるんだろうと震えていましたが、5千円でした。生々しいので写真は載せませんが、透明で、装着していても目立ちません。寝てる間だけ装着してれば良いとのこと。

その結果どうなったかは、また後ほど。
単純に快方には向かいませんでした。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
人間ドック+脳ドックを受けてきました。毎回胃カメラを飲んでいるのですが、今回は鼻からの胃カメラを初体験。受付に聞いたところ、おおよそ7割くらいの人が鼻から胃カメラを選択しているそうで。よほど鼻の穴が小さいか、鼻の骨が湾曲している(たまに鼻の奥の骨が凸凹している人がいるらしい)のでなければ、一般的には鼻カメラの方がラクなのだとか。

ずっとカメラは大口径の方が高画質だと信じて経口カメラを飲んでいましたが、気がついたら周囲はみんな重量級フルサイズ一眼を手放してマイクロフォーサーズに移行してしまっていたような感覚でしたね。実際、鼻からのカメラでも画質に何ら問題はなかったです。

局部麻酔はしましたが、入れる瞬間は少しばかり痛かったです。イテテテテって感じ。あと終わった後も鼻から喉にかけて1時間くらいピリピリしてましたね。

ただ、鼻からカメラを入れる先生が何か作業をするのにカメラケーブルを入れている右手を離すことがあって、そうするとカメラケーブルの重量が全部鼻にかかるんですね。あれは結構重かったですね(苦笑

来年も鼻からやるか?と問われれば、たぶんイエスです。経口だと麻酔が切れるまで1時間ほど食事ができませんが、鼻からだとすぐ食べられて、時間の節約になるので。

ほか、脳ドックの結果は1ヶ月ほど経たないと出ませんが、人間ドックの方は暫定結果が出て、体重は前回比+4kg、ウエストは前回比+4cmと確実に肥えていました。ほか、先生からのコメントとしては、

エコー担当:「肝臓の脂肪をため込む能力が限界です。肝臓がぐでーっとなっています。とりあえず痩せてください。おかずを食べる順番は意外と重要で、野菜から食べるといいですよ。あと夜の炭水化物は半分に減らした方がいいですね。個人的には青汁もおすすめですよ。」

胃カメラ担当:「胃の上の方が荒れているのは、胃は食べ物を下に下ろそうとしているのに、お腹の肉がそれを下から持ち上げちゃう感じですね。とりあえず痩せてください。

診察担当:「コレステロールは良好なんですけど…毎年数値が少しずつ糖尿病になる方向に歩んでますね。とりあえず痩せてください。

とまぁ、三者揃って同じ結論に達しまして。まぁ夜の炭水化物減らしますかね。
とりあえず胃ガンとか見つからなくて良かったです。


にしても、ここ1年で4キロ太ったということは、28,000kcal/年を余分に摂っていたということですよね。28,000kcal/年=76kcal/日。76kcalって、にぎり寿司の小さめのシャリ2個分くらいのご飯の量ですよね。毎日コンスタントに小さめの握り寿司2個分のシャリそれだけ余計に食べてゆくと、1年間で4キロ太れるというわけです。継続は力なり、ですね。(何



ヤクルト 青汁のめぐり 225g(7.5g×30袋)(Amazon)

このページのトップヘ