クマデジタル

迷ったら、高い方


アニメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
例によってすごい数の新作アニメ。とても見切れません。


45

「宇宙戦艦ティラミス」。どう見ても近年の新作ガンダムのフォーマットなんですが、ギャグアニメ。くだらなくも、ガンダムの要点をよく抑えてるのがかえって笑いを誘います。


29

「SNSポリス」。ネタ的にはネット上では周回遅れですが、テンポ良く映像で見せられると面白いですね。


48

「かくりよの宿飯」。「魔法使いの嫁」+「千と千尋の神隠し」です。OPは「戦術音楽ユニットワルキューレ」の「レイナ」です。レイナ(東山奈央)、普通に喋ると全然別人なんですよね。


10

「魔法少女俺」なんか全力ですね。「まどか」以降の魔法少女に関するありとあらゆる要素をぶち込んできてるような。「ナースウイッチ小麦ちゃんマジカルて」より面白いかも。


21

「銀河英雄伝説Die Neue These」。どう見てもガンダムUC RE:0096です。


15

「ガンダムビルドダイバーズ」。お台場だからダイバーズなんですね。劇中では等身大UCガンダムは完成していません。


15

「ソードアート・オンライン オルタナティブ / ガンゲイル・オンライン」
ソードアート・オンラインの新作。主人公はょぅι゛ょに見えますがもちろんこれはアバターで、操るのは身長183cm(!)の女性です。キリトくんとアスナさんは出てきません。ソードアート・オンラインの作りなのに、幼女が暴れ回るのは不思議な感じがします。


49

「重神機パンドーラ」。河森正治・サテライトの、すなわち「アクエリオン」「マクロス」です。アクエリオンを見た方にはこの裸シーンですべてを察することができると思いますが、「河森正治・サテライト」として、新要素がほぼありません。多少「エウレカセブン」を取り込んだようにも見えます。ただ、中国の都市の描写は今あるアニメの中で最もリアルだと思いました。


44

ロボットはこんなのなんですけどね。「白き混沌」とか呼ばれてるし。やはり主役機は白ですか。
既視感しかないので、ちょっとこれは観ることはないかな…。主題歌はBUMP OF CHICKENの「シリウス」でなかなか良い曲でした。「シリウス」ってソードアートオンラインで歌っている藍井エイルの代表曲にもあるのでややこしいです。

新作ではないですが、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」終わっちゃいましたね。これについてはまた機会があれば。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1st Liveは応募したもののハズレ、2ndは応募せず、今回の3rdは軽い気持ちで応募してみたら購入権が当選したので、観てきました。生ワルキューレを観るのは2016.5.14の川崎ラゾーナ以来ですね。横浜アリーナは記録を見たら10年前のディズニー・オン・アイス以来。

DSC08729

ワルキューレ(フレイヤと美雲)ラゾーナのときはアレでしたが、さすがに息もピッタリで歌も上手くなっていました。ジャニーズ系コンサートで使われるという「ムービングステージ」が導入されていて、透明なアクリル板のステージが動いて客席の上を通過するという大胆な仕掛けです。いやぁ、あれよく事故起こらないものですね…。そもそもジャニーズは男子ですが、ワルキューレはスカート履いている女子な訳で…。

他にも同じくジャニーズ系コンサートで使われるトロッコもあり、本当に客席の近くでワルキューレが観られました。

ムービングステージと、サテライトの大画面パネル、そして客席のサイリウムが一体となって、アニメ劇中のワルキューレコンサートの一端を垣間見るような錯覚をおぼえました。なかなかに幻想的。

残念だったのはPAスピーカーがわりと無造作に、ステージセットの大画面パネルを遮るように吊されていたこと。ほぼ正面以外はPAスピーカーが画面に被ってしまうって、もう少し検討した方が良かったんじゃないかなぁ。

今日は映画館でのパブリックビューイング中継もあったようで、映画館ではどう見えたんでしょうか。横浜アリーナの大画面パネルでは良くも悪くもワルキューレの「日の丸構図」が続いたので、もしパブリックビューイングがあの映像だったら臨場感がまるで伝わらないだろうなぁと余計な心配をしてしまいました。

もっと言うなら、今日のイベントのBlu-rayパッケージが出るときに、今日のこの臨場感がどれだけ映像で再現されているのか、心配でもあります。あれだけ動いているワルキューレを常に日の丸構図で捉えるというのはそれはそれですごいテクニックだと思いますが…。

中島愛(ランカ・リー)がワルキューレの白昼夢の中で?登場するというサプライズもあり、いやぁ中島愛、久しぶりに観ました。活動休止してませんでしたっけ?と思ったら、2016年末に活動再開されていたんですね。

ワルキューレのメンバー声優が、本気で役に取り組んでいるという本気度がよく伝わるイベントでした。(それにしても歌美雲さん、本当にMCでも最低限しか喋らないんだなぁ。歌以外の美雲さんは声優別だからなぁ。)


お客さんの方はガンダム系イベントと違って、女子と若い人の割合が高いのが印象的でした。ちゃんと女性ファンを取り込んだ上で、若い世代への移行がうまく行ってるんでしょうねぇ。もうおっさん(私)浮きまくり。そんな若い人みたいに跳ねたり叫んだりサイリウム3時間振ったりできないし。若い世代へのシフトがうまく行ってるとすれば、これ、ガンダムより長続きしたりして…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
マクロスの魅力といえばメカと音楽。激情版を観て高難易度のプラモに手を出されて方が居るようですが、私はCDを買いました。


5D4A9282

「ワルキューレは裏切らない」
激情版のパンフレットに今回のアルバム・曲ができるまでの色々が書かれていて興味深かったのですが、マクロスΔ本編が終わりかなり自由に曲が作れるようになったとのことで、確かに伸びやかさが増した感じがします。しかも音質が歴代のワルキューレCDの中で最高。これハイレゾ前提で何かいい機材で収録したんじゃないでしょうか。もしくはハイレゾ音源からのダウンコンバート。とても滑らかな音がします。もちろん歌い手の方々が年齢を重ねているというのもあるんでしょうけど。

あとパンフで今更知ったことが2つ。どちらも作曲家に関することですが、まず劇中でもCGによるコンサートシーンが印象的だったこのCD2曲目の「チェンジ!!!!!」ですが、どうも鴨川っぽいと感じていたのですが、やはり「輪廻のラグランジェ」のOP曲である「TRY UNITE!」や「マーブル」と同じ作曲者(Rasmus Faber氏)でした。チームなんですかね。

そしてもう1つはパンフレットでワルキューレ音楽プロデューサーの福田正夫氏が『歌謡の心』というものを深く理解している」と語っていた小森田実(コモリタミノル)氏。マクロスΔ第一話で印象的だった「いけないボーダーライン」の作曲の方ですが、どこかでこの曲の作曲に10ヶ月を要したとか聞いたことがあって、いやぁさすが類を見ない曲ができあがったものだと感嘆したものでした。そしらた小森田氏が超ベテランの作曲家というじゃないですか。手持ちのCDで探してみると出るわ出るわ。古いところでは、

5D4A9276

5D4A9277

南野陽子 :SNOWFLAKES (1988年リリース) の神曲、
Track 7「リフトの下で逢いましょう」作詞:康珍化 作曲:小森田実 編曲:萩田光男

って、まじかー。もう30年以上お世話になっているということでしょうか。いやいや驚きました。


ところでバレンタインデーに発売された「ワルキューレは裏切らない」のジャケット絵には秘密があってですね。裏面は…

5D4A9284

…おのれワルキューレ!
iTunesではなくてCDにして良かった(笑。

予習はほぼ完了したので、週末の横浜アリーナを楽しみにしています。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
先日マクロスΔ劇場版の記事を書いた際に、ムスコが観ている「ラーメン大好き小泉さん」のOPがフレイア・ヴィオンだということに気がついたのですが、

16

ああ、見直してみると確かにフレイアです。気がつかなかったなぁ。

そしてそのシングル曲のCMで…

15

思いっきり「戦術音楽ユニット」扱いされていて笑ってしまいました。


さてその戦術音楽ユニットの方ですが、劇場版マクロスΔにあわせてCDが出ていますが、

31

このCMはどこの橋で撮影したんだろうとGoogle Mapsで調べてみたら、そんなに難易度の高い場所ではなく普通に山下埠頭(後ろの橋は横浜ベイブリッジ)でした。


36

ここ、もちろん一般の方立ち入り禁止エリアですが、地図で見るとすごく長い直線路が確保できていて、ここで超望遠で撮ると上記のCMのような絵が撮れるわけですね。なるほどー。

最近橋のたもとの撮影というとレインボーブリッジをよく見るので、山下埠頭というのは珍しいなぁと思いました。曲同様に「昭和歌謡」をイメージしたCMなので狙ってるのだとは思いますが。

  

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
舌の根の乾かぬうちに、マクロスΔ「激情」版を観てきました。今週のスケジュールを確認したら、どうやら今日しかチャンスがなく、定時で上がらせて貰って海老名のTOHOシネマズまで行ってきました。TOHOシネマズ海老名はマジンガーZに続いて2度目ですけど、駐車場から劇場までが近くていいですね…。アニメ作品がよく上映されるシアター9は画面に対して座席の全体位置がオフセットされすぎなのが気になりますが、部屋いっぱいまでスクリーンの大きさを追求した結果なのでしょう。画質は悪くないですが、TOHOも本編上映前の一連の映像が退屈ですね。

さてマクロスデルタ劇場版「激情のワルキューレ」ですが、テレビ版を再構成して新規カットを加えたものですが、

・とても分かりやすくなっています。
・やっぱりテレビ版2クール目はいらんかったんや…。

ざっくり言えばこんな感想。


5D4A9189

ただ、

・ウィンダミアが統合軍に宣戦布告するまでの動機
・フレイヤがワルキューレに迎え入れられるまでのプロセス
・白騎士様がロイド様を否定するまでのプロセス

このあたりをもう少し丁寧に描いてくれるともっと良かったかなぁと思いました。特に白騎士様は最終的にはロイド様に刃を突き立てるまでの行動に出るわけで、ついさっきまで仲間だった人にそこまでするというのは並大抵の心情の変化ではないはず、そのあたりの動機をよく観たかったなぁと。

新曲「チェンジ!!!!!」のCGステージシーンはキャラクター自体はプリキュアのEDと甲乙付けがたく、あちらは東映、こちらは東宝とおそらく技術の出所は違うと思いますが、似たようなところに収斂してきたなぁという感じはします。しかしプリキュアは「踊ってみた」のお手本を目指している?のに対し、マクロスの方は「観たことがない、新しい映像体験」を目指しているので、プリキュアというよりはむしろ Perfume っぽいなという印象を持ちました。

メッサー氏の運命は確かに変わっていました。少しだけ。テレビ版ではマクロスの黒い部分が炸裂するメッサー氏の最期ですが、テレビ版のあのシーンが軽いトラウマになったお客さんは劇場でもきっと身構えたはず(笑。でも制作側もそこに期待するってどうなのかな?(;´Д`)

IMG_0697

ところでTOHOシネマズ海老名のトイレはIMAXシアターに隣接しているようで、入口にこんな看板が立っているのですが、いやいやそんな大袈裟な…と思っていたらマジで揺れました(;´Д`) 電車のトイレが横揺れ、飛行機のトイレが大きい周期の揺れだとすると、ここのトイレは小刻みでアタック感のある揺れ。これは新しい体験です。(トイレがかよ)


   

「ラーメン大好き小泉さん」のOPは、フレイヤだったのか…。

このページのトップヘ