通勤で通る、会社の近くに本当に真っ暗な場所があって危ないことから、日常的にパナソニックの首から提げるライトを使っていたのですが:



目が悪くなってきたせいなのか、どうにも暗く感じるようになってしまって、もっと明るいものを探していました。別に首から提げるものには拘らなくなってきたので、普通の懐中電灯スタイルのもの含めて、以下の選定基準で選びました:

(1)防沫、または防水(雨で故障しなければOK)
(2)電源スイッチは側面についていたほうが良い。
(3)単三×2本駆動(明るさと重さのバランス)
(4)筐体が樹脂製で軽いこと
(5)スイッチは単純なON/OFFであること。明るさ調整とかフラッシュは押す回数が増えてしまい面倒。
(6)ストラップがつけられること。普段カバンにくくりつけておくため。
(7)予算2千円

これを満たすものを探したのですがまったくそのようなものは存在せず、結果的に(3)(5)(6)(7)だけを満たすGENTOS SG-400 を買ってみました。

R01_2342

使ってみた感想ですが、金属筐体で重いのとか、スイッチがお尻にあって使いにくいとかは仕方ないにしても、一番参ったのは「照射範囲が期待値より狭い」でした。先端(レンズ部)を回すことで照射範囲コントロールができるとのことで期待したのですが、目いっぱいワイド側にしても、ズーム側(テレ側)でぼんやり照射されていた周辺部が均一に明るくなるだけで、照射範囲が広がるわけではありません。ちょっと期待はずれ。これは使ってみるまでは分からないからなぁ。

勿体無いのでしばらく使ってみますが、もしかすると懐中電灯タイプではなくランタンタイプの方がいいのかもなぁ。