VIXENのポルタII A80Mセットには、接眼レンズとしてNPL 20mmとNPL 6mmが附属しているのですが、この6mmの方がレンズが小さくてとても見にくいのです。




とはいえ6mmの接眼レンズとしては奇をてらったところはないようで、見にくいかどうかは「慣れ」の要素も大きいと聞きます。でも年がら年中望遠鏡を覗いているわけではないので、なかなか慣れないのも事実。なんか睫も視界に入っちゃったりして難儀します。




そこで光景の大きい、同じ6mmの上位モデルSLV 6mmを中古で手に入れました。なんか最近中古ばっかり買っている気がしますが。新品の半額以下です。VIXEN以外のメーカーにも選択肢はあるようなのですが、なかなか流通が少なく手に入れにくいのが難点。




意外ときれいな個体でした。ただし、昼景で試したら視界に1箇所ゴミが見えたのですが、これは分解してブロアー拭いたら消えました。このクラスの接眼レンズだと道具不要で簡単に分解できるのでメンテも簡単です。




早速覗いてみましたが、ええもう、安定の見やすさです。これこれ、これですよ。




実はNPL 20mmの方は早々にNLV 15mm(現在は廃番)に買い換えていました。こっちがとても見やすかったので6mmの方も…と思っていましたが、ようやく叶った格好。

望遠鏡は接眼レンズのミリ数で拡大率が決まります。望遠鏡本体(A80M)が焦点距離910mmなので、これを接眼レンズのミリ数(6mm)で割った数字…910/6 = 151.7[倍]が倍率となります。もっと小さいミリ数の接眼レンズを使えばもっと拡大できるのでは…ということはなくて、倍率の限界は望遠鏡本体の口径の2倍までが目安ともされています。A80Mは口径は80mmですので、80 x 2 = 160倍が倍率の限界の目安。ですので、接眼レンズとしてはこの6mmが事実上のMAXとなります。(5mmだと倍率が160倍を超えてしまうので。まぁ、見えないことはないと思いますが。)




6mm側、15mm側共に、同じような使い勝手になり満足です。