ビスト財団の人が作っているユニコーンガンダムの進捗を見てきました。




朝6時にはすでに作業が始まっていたのには驚きました。






この日(8/18)は左腕の取り付けが行われるようです。→午後に取り付けが行われたようです。




右腕は既に取り付けられています。




手。まだとてもきれいです。ロールアウトし立てのようです。




頭部はプチプチに包まれています。ごく普通のプチプチに見えます。




ツノは全閉した状態でこの程度の隙間が生まれるのでしょうか? もしかすると生き物(鳥など)の挟み込み対策で、この程度までしか閉まらないのかも知れません。




腰前部のアーマーは一度取り付けが行われたようなのですが、なぜか外されていました。工事の邪魔とか、不具合とか、あったのかも知れません。




腰横部のアーマーですが、変身に伴い可動するとしたらとてもクリアランスが狭いような気がします。塗装剥がれないのでしょうか?




脚は変身に伴い伸縮しないとは思っているのですが、それにしては少しふくらはぎの位置が地面に対して高いような気がしてきました。もしかすると何か小細工があるかも知れません。




ランドセルの上部にメンテナンスハッチがあるようです。




腹部はバルバトス並みにフレームが露出したままですが、脚部と同じくらいの太さのフレームが入っていることが分かります。




他の部材も届いているようです。曲がっているのは親指でしょうか? あとは足首のアーマー?








急ピッチで建設が進んでいるように見えましたが、Bさんに「ガンダムベース東京の一般公開に合わせて全体像を見せたかったのかも」と言われ、なるほどなぁと思いました。




そのガンダムベース東京、本日8/19から一般公開です。8:00から現地で入場整理券を配るようです。8月いっぱいはビルドファイターズ推しらしいので、9月のユニコーン推しが始まったら観に行ってみようかと思います。


RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル(Amazon)