ちょっと前の話ですが、仕事で上海に行ったので空き時間にエヴァンゲリオンを見てきました。







大きさは(立った状態で比較すれば)お台場のガンダムより大きいようなのですが、しゃがんだポーズをとっているので、威圧感はお台場ガンダムほどではありません。




基本的に中には入れませんし、周囲も工事用の防護壁で囲われているので中は見えにくいのですが、持て言ったカメラがRX100M3でレンズが細かったので、防護壁のすき間からこのように撮ることができます。一眼レフだとケラレちゃいますね。

槍を持つ右手首の向きがいいなぁと思います。




この周囲の工事現場的な雰囲気がいいですよね。完成しても周囲はこのままにしておくのも一興なのでは…。

スタジオカラー公認で、造形自体は中国にありがちなパチモノ感は感じられませんが、面仕上げはやっぱりちょっと雑な感じがしますね。あと目がいかにも塗った感が…ここだけクリアパーツにして欲しいところ。




場所はここ、上海地下鉄1号線の汶水路(ウエンシュイルー / Wenshui Road)駅から西へ5分くらい歩いたところです。




中国ってGPSの測位と地図の位置が北西方向に400mくらいズレますよね。そこに気がつくまでにだいぶ路頭に迷いました(;´Д`)

現地で使えるWi-Fiルーターを日本の空港で調達していって持って行くケースが多いと思いますが、中国はいろいろ通信が遮断されるのでVPNを使うかと思います。VPNを使うと中国外のサーバーをゲートウエイとして使うので、google mapsなどの地図アプリで中国を見ると地名が英語表記になります。でもVPNを使わずに、通信が遮断されないApple Mapなどを使うと、地名が現地の漢字表記になります。中国語ができない日本人としては中国語の読みを英語で表記されるより、中国語の漢字のまま表示してもらった方が分かりやすいケースが結構あるんですよね。そんな訳で、VPNをONしたりOFFしたり、結構忙しかったです(笑。地図用のサブスマホとかあるといいのかも知れませんが。



リボルテックヤマグチ No.100 Evangelion Evolution エヴァンゲリオン初号機(初回生産分)(Amazon)