そういえば数ヶ月前に出たEF 24-105mm f/4L IS II USMですが、かなりの人気商品のようで、店頭でもなかなか展示機を見かけません。旧型は性能の個体差が大きいモデルで、悪くない評判と悪い評判が入り乱れていました。私が持っていた個体はどちらかと言えばハズレ個体だったようで、その後 EF 24-70mm f/4L IS USMが出た際にその画質の向上具合に驚嘆したものでした。

近年、レンズ設計にはコンピュータシミュレーションが幅広く導入され、どのレンズも大きなハズレはなくなってきています。(その一方で、味のようなものは薄れてきていますが…。)EF 24-105mm f/4LもII型になって、もし性能向上が著しいようであれば、心中穏やかではいられません。

デジカメinfo:「キヤノンEF24-105mm F4L IS II USM は旧型から大きな改善は見られない」

…心中穏やかでいられそうです(ぉ

bye_EF24-105mm
(写真:旧型を手放したときのもの)


4.5倍ズームにIS搭載、広角24mm、フルサイズ対応となると、なかなか作るのが難しいのでしょうか。今回旧モデルと比べて少しサイズアップしたようですが、あまり性能向上していないとなると、そのサイズアップ分は個体差を減らすために使ったり、信頼性が向上していたりするのでしょうか。ISの効きは少し向上しているようですね。


Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS II USM (Amazon)