関東が梅雨入りしました。今週末はレッドブルのエアレースも開催されたようですが、チャレンジングな日程組みますね。昨年は灼熱で、今年は強風&梅雨入り…もしや日本の気候をあまり理解していない米人が予定組んでるとか…?(んなわけないか…

さて、雨降るのにどうして車にワックスかけるの?と言われますが、雨が降るからかけるんです。梅雨入りのニュースを聞いて、慌ててワックスを掛けました。ワックスというか、いま流行の水みたいなやつです。

ワックスの進化は留まるところを知らないわけですが、だいぶ前に「フッ素コート」ブームがあって、その後に「ブリス」のようなガラス系のブームがあって、いまは水っぽいコーティング剤が人気のようです。

そのうちの1つ、プロスタッフのCC Waterを買ってみました。

5D329941

いやぁこれは施工が楽ですね。ただ、あまりにも水っぽいので、どこまでが施工済みか分からなくなってしまうのが難点。施工後はまだ雨は降っていませんが、何ヶ月持つのか見物です。メーカーも特に何ヶ月持続するとかは謳っていないようです。

ただ、ボディはもちろん、ガラス面やメッキ面、ホイールやダッシュボード(!)にまで使えるのは、汎用性がありすぎて逆に怪しい気がしてしまいます。これ、本当にボディ用のコーティング剤として有能なんでしょうか…?

ボトルのノズルは取説と違っていて、ロックを解除するのにちょっと苦労しました。そしたらですね、


5D329973

ムスメが同じノズルの付いた「シーブリーズ」を開けられなくて四苦八苦していたので、親子で同じノズルに踊らされてるなぁと可笑しくなってしまいました。