Google Cardboardという、スマホを使った簡易型VRがありまして。オリジナルは段ボール箱による簡易VRグラスなのですが、もうちょっとしっかりしたものが欲しくて、プラスチック製のもの(Andoer CST-01 3D VR)を買ってみました。

5D324856

で、これで何をするかというと、THETA Sのスマホアプリが、少し前に2画面VR再生モードに対応したんですねぇ。THETA Sで撮影した映像を2画面モードで表示した状態で、そのスマホをVRグラスにセットして頭に装着すると、頭の動きに合わせてTHETA Sで撮影した風景が楽しめるというわけです。


5D324860

この手のVRグラスといえば、本格的なものはOculus Riftのような何万円もするものになってしまいますが、Google Cardboardのようなスマホを利用した簡易的なものであれば、安いものは千円台で試せるのでとても気軽に試すことができます。

試してみると、お値段の割にはいい感じの没入感で笑ってしまいます。いやぁこれはTHETA写真の再生手段としてはとても面白い。別の画像を見るときにいちいちスマホを取り外すのが面倒ですが、まぁ価格が価格なのでそこは仕方ないところ。

あと、これを装着させた子供の動きがヤバいです。成長過程ではあまり体験させないほうがいいのではないかと考えてしまうレベル。周囲の安全を充分確認した上で、保護者の監督の下に短時間だけ試用させるべきだと思います。

まだTHETAのアプリは動画再生には対応していないのですが、Google Cardboard応用ソフトは他にもあるようなので、THETAアプリ以外のものもいろいろ試してみたいと思います。


Andoer CST-01 3D VR Virtual Reality DIYビデオムービーのゲームメガネ iPhone Samsung 4-6" Mobile スマートフォン Google Oculus Rift ヘッドマウント用 ヘッドバンド付き【並行輸入品】(Amazon)


(VRスコープ付録付)RICOH THETA パーフェクトガイド THETA S/m15両対応(Amazon)