avhd1

ATA-7/ATAPI-7 AVコマンド(AVストリーミングフィーチャーセット)とは結局何なのか、調べてみました。

こういうことのようです:

・ホストが指定した時間以内にアクセス可能になるように、近接した論理ブロックアドレスからデータの読み書きを行う。

・データの正確性よりデータにアクセスする時間を優先する。エラーによって所定の時間内に読み書きのリトライが完了しない場合、読み書きできるところまでを処理し次の処理に移ることができる。

・複数のストリームの読み書きを別個のものとして、それぞれリアルタイム性を確保して読み書きすることができる。


そして、これはATA-7規格ではありませんが、大事なことです:

・HDDドライブのみならず、ATAコントローラ(USB変換コントローラ含む)にもATA-7対応が必要。


さて、エラーにある程度目を瞑って大丈夫なの?という疑問は当然あるかと思いますが、元々AV用途のストリーミングデータの再生機器、再生ソフトにはある程度のエラー補正の仕組みや、できるだけ破綻なく見せるような仕組みが入っている場合がほとんどですので、そちらに頼る、ということなのだろうと思います。ただ、再生側はそれでいいとしても、録画側はもうちょっとエラーに対してはリトライして欲しいよねぇ…とは思いますが、それでもリトライに拘りすぎてバッファオーバーフローになって大規模なストリーム欠損が発生するのとどっちがいい?という話になってしまうので、やむなしかと思います。そもそも現在の技術水準のHDDで、書き込みエラーが頻発するようなデバイスを使い続けてて大丈夫?という問題もありますし。

おそらく1ストリームの読み書きだったら従来のAVコマンドでないHDDでも大丈夫だと思いますが、追いかけ再生や2番組同時録画となると、複数のストリームの書き込みのそれぞれに対してリアルタイム性を保証してくれるAVコマンドは魅力的ですよねぇ。


そうそう、AVコマンドに対応していないHDDをレコーダーやテレビに繋いだら動作が不安定になった、という話をしばしば耳にしますが、AVコマンドは何をするものか?ということを考えれば、

・HDDの空き容量が少なくなってきたら録画再生が途中で止まるようになった
・追いかけ再生や2番組同時録画をしたら録画再生が途中で止まってしまった

ということは考えられますが、

・システムを起動するたびにHDDが認識しないことがある(見失う)

というのは、AVコマンド非対応が理由ではないように思います。おそらくUSBバスパワーの電源容量が足りないとか、HDDケースに内蔵されているコントローラICがスリープ復帰からの動作を考慮していないという理由ではないでしょうか。

--
WD ポータブルHDD TV録画対応WD Elements Portable 1TB 3年保証 USB 3.0 WDBUZG0010BBK-JESN(Amazon)