PIXUSの2013年モデルが発表された。

activex_pixus

シャア専用の赤いのとかガンダムとのコラボはあるけれど、まぁ例によって専用コンテンツは「PIXUSでしか印刷させない」縛りを設けるためにActiveXプラグインのインストールが必須、よって、今回もコンテンツの印刷はMac非対応。…うん、まぁ、ね。

むしろ、プリンタとしての本質的な部分に注目。
昨年のラインナップと今回のラインナップを比較してみる。

<2012年モデル>
MG6330 …6色、ハイエンドモデル
MG5430 …5色、タッチパネル省略、液晶やや小さく、有線LANなし

<2013年モデル>
MG7130 …6色、ハイエンドモデル。筐体色以外にMG6330からの変更点なし。
MG6530 …6色、タッチパネル省略、液晶やや小さく、有線LANなし
MG5530 …5色、印刷解像度半分、スキャナ解像度半分、液晶小さく、有線LAN/無線LAN非対応、CDレーベルプリント非対応、ハガキ両面非対応、ほか。

価格帯としては、MG6330とMG7130が同じで、2.5万円スタートで、1.7万円程度で落ち着くと推定。MG5430とMG6530が同じで、2.2万円スタートで1.5万円程度で落ち着くだろう。MG5530は機能削減された新メカでそれよりさらに安くなり、おそらく1万円を切るところで落ち着くはず。

キヤノン側の視点に立つと、2012年モデルの失敗は6色インクとほとんど同じスペックの5色インクモデルが存在してしまったことだ。とにかくインクを売らないと意味がないので、今年は考えた。5色インクモデルがあることにはあるが、同時にメカも大幅に簡略化し性能も落とす。

インクを5色しか買わないのであれば、低性能メカに甘んじるしかない。高性能メカが欲しくば、インクは6色買うしかない。写真画質がやや向上するのと引き替えに、1回のインク交換ごとに約千円の追加コストの発生を許容できるかどうか。私は許容できない。

そんなわけで、2013年モデルが出てもなお、個人的ベストバイは変わらない。6色インクとタッチパネル操作、有線LANに拘らないのであれば、ランニングコストが安くて機器自体の性能が高い2012年モデルのMG5430がいい。今夏買っておいて正解だった。(というか、前機種が壊れたのでたまたま買わざるを得なかったのだけれど…)