松永さんに教えて頂いたのですが、何ということでしょう! 私のiMacが該当していました!

imacseagate1tb-1


この情報を見たのが出先(iPhone)だったので、iMacの製造番号が分かりません。が、Apple Support / My Support Profileというページで調べられました。

imacseagate1tb-2

で、そこから製造番号をコピペして、iMac 1TB Seagate ハードドライブ交換プログラムに入力。チェックしたところ、該当していたというわけです。

iMac 27inchは重いので引き取り修理して欲しかったので、最初の画像のWebページにある
「■Apple テクニカルサポート - 最寄りの修理サービスオプションについては、お問い合わせください。」
(上の画像では画面の外)をタップして、「今すぐアドバイザーと話がしたい」をタップ。必要事項を入力すると、間もなくAppleのコールセンターから電話がかかってきました。そこで引き取り修理して欲しい旨の意向を伝え、クロネコの引き取りの予約日時を決めて、完了。ここまですべて外出先のiPhone 1台でできるのだから感心です。


さて、引き取り日時はおそらくカレーを作っているであろう日曜日の夕方に設定してもらったので、それまでに交換されてしまうiMac内蔵HDDのバックアップを取らなければなりません。バックアップ対象容量は 700GB ほど。以下の3通りの方法で3重のバックアップをすることにしました。

(1)Time CapsuleにTime Machineバックアップ。
 毎日少しずつやっているので、今回特にすることはない。
(2)1TB(まっさら)のUSB HDDに、「ディスクユーティリティ」の「復元」機能を使って、ディスク全体をクローニング。
(3)2TB(空き容量1TB)のFW800 HDDに、Finderからホームフォルダを丸ごとコピー。

iMacが修理から帰ってきたら、(3)から書き戻す予定。(2)は(1)に何かあったとき用。(3)は書き戻しも遅いので(1)(2)に何かあったとき用。今使っている環境はもう10年近く「設定アシスタント/移行アシスタント」で引っ越してきたものなので、これを契機に一度綺麗に再構築しようかなと。

上記のバックアップ作業は、できるだけ睡眠時間を削らない形で寝ている間に実施する予定。なので、それなりに日数がかかってしまいます。修理自体は3〜4日で完了するようですが、バックアップに2〜3日、復旧にも2〜3日かかるでしょうから、1週間以上はiMacが使えません。その間はMacBook Airでしのぎます。というか、昨日から既に作業は始めていて、MacBook Air生活です。

今まで特にHDDに不具合は感じませんでしたが、Mountain LionにしてからHDDアクセスが遅くなった(アクセス頻度が多くなった)なぁ…と思っていのは、実は不具合が顕在化していたためだったりして…。


--
I-O DATA USB3.0対応 レグザ・アクオス録画対応ポータブルハードディスク「カクうす」 1.0TB ブラック HDPE-UT1.0 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)](Amazon)