サイカ先生のエントリで、レンズキャップとフードが一体化した「Hoocap」(フーキャップ)なるものを知る。

なぜ今までなかった?と思えるような秀逸な機構だとは思うが、まずは1モデルだけ投入?ってことは実験的意味合いが強いのかな。フーキャップを変形させながらレンズ向けられたら「おおお!?」って変顔を撮られそう。っていうかそれが主目的なグッズか!?(違います

それはさておき、個人的にフード絡みで最近気になっているのは「白いレンズフード」。ずいぶん前に発売されていながらすっかり忘れていたのだけど、この間ふとヨドバシで見かけて、「ああ、これ発売されてたっけ!」と思い出した。

White Hood

発売前の印象では「どうせ塗装の品質が…」と懸念した記憶があるが、既に購入された方の意見では、実際は表面塗装自体の質感は高いらしい。ただ、バヨネット式のレンズ取り付け部まで塗装されているためレンズ側に塗装痕が付着してしまうとか、レンズ内側に植毛されていないとか、細かい不満はあるようだ。まぁ元々レンズのフード取り付け部は擦れ痕で白化しやすいし、塗装がついたらアルコールで拭けば落ちるんじゃないかなぁ…?甘いかなぁ。内側の植毛はしょうがないよね。安いものだし。

あとは「ガタつく」個体があるという話も聞くけど、国内ではエツミさんが販売代理店をしているようなので、ガタつきのような機能不全に関しては、いざとなったらエツミさんに泣きつけばいいのかなと期待。

買ってみるかな〜。

--
ETSUMI レンズフード ホワイトフードLH-74 キャノンEF70-200mmf4L-IS-USM対応 JJC-LH74W(Amazon)