取り急ぎ変更点をチェック。

s110

・ISO12800対応。(従来はISO6400まで)
・白ボディ追加。
・グリップ廃止。
・タッチパネル対応。
・水平方向の水準器を内蔵。
・モードダイヤル、コントローラリング側面の意匠が変更。
・高速連写が9.6枚/秒から10枚/秒にやや向上。
・AF時間+撮影タイムラグ時間が速くなった。(0.4秒→0.25秒)
・通常連続撮影が2.3枚/秒から2.1枚/秒に低下。
・起動時間がやや遅く。(1.6秒→1.7秒)
・実用的な性能が出なかったGPSが省かれ、代わりにWi-Fi内蔵。GPSはスマホとの連携で実現。
・顔セルフタイマー、ウインクセルフタイマー廃止。
 (使ってなかったが、面白かった)
・画像が劣化しないデジタルズーム(S100ではセーフティズーム、S110ではプログレッシブファインズーム)の倍率がやや向上。(例:Lサイズ時5倍→10倍に向上)

気になったのはこんなところかな。