現在パブリックベータ版が提供されているPhotoshop CS6が5月11日に発売になる。


pscs6package

このパッケージの絵柄…特にExtendedじゃない白い方、怖いんですけど…もうちょっと何とかならなかったのか…。

Adobeは2011年11月に「今後はアップグレード版は主要1バージョンまでのユーザーに販売」というポリシーを発表しており、それを適用すると今回のバージョンは「Photoshop CS5またはCS5.5のユーザーしか買えない」ということになる。しかしその後例外措置として、「2012年末まではPhotoshop CS4, CS3からもCS6へのアップグレードを可とする」と発表している。


pscs5screenshot

Photoshop/Adobeはまだ継続してもらわないと困るのでAdobe税を払うのはやぶさかではないのだが、多くのユーザーが「Photothop CS7へのアップグレードパスがなくなっちゃうから買っとくか」という動機でCS6を買うんだろうなぁ。こういうビジネスモデルに転換せざるを得なくなったことは、メーカーはもとより今後も使い続けたいユーザーにとっても不幸だと思う。

ところで私は2年前に”次回の「えっもう?」を軽減するためにはできるだけ早く使い始めるしかない”と書いた。その気持ちは変わっていないので、自動車税など辛いタイミングではあるもののAdobe税は払おうかと思っている。(EOS 5D3についても気持ちは同じだが、いかんせん絶対額が高価いので…)

なお今回サブスクリプション価格も発表されているが、1ヶ月だと3,200円/月、年間契約で2,200円/月だそうである。メジャーアップデートは2年おきなので、アップグレードパッケージ版だと実勢価格で約1,000円/月となる。そう考えるとAdobe税も悪くないか…。