iPhone以外のケータイやスマホに、iPhotoベースで管理している写真を流し込むのは結構面倒。それでもスマホならば、適当にJPEGを流し込んでもフォルダ構成とか難しいこと言わずに雑食してくれる。

arrows_dcim

Arrows KissのSDカードは、電池蓋の中にあり取り出しが面倒。でもUSB (microUSB)で繋げば内蔵のSDカードがマスストレージとして認識され、MacからでもR/W可能になる。

iPhotoでセレクトした写真を「サイズ 大」で書きだし、スマホSDカード内のDCIMフォルダの中に適当なサブフォルダを作って放り込んでやればいい。試したArrows Kissでは日本語フォルダ名もOKだった。DCF規格に準拠している必要はない。

miniUSBはmicroUSBに駆逐されつつあるな。
耐久性を考えれば、自然な流れか。

--
ELECOM スマートフォン用microUSBケーブル スリム 0.5m ブラック MPA-AMBX05BK(Amazon)