最初「ドコモ辞めました」とタイトルに書いたのですが、それではまるで社員が辞めたみたいなので(笑

au iPhoneに何の問題もないので、月額1,302円=年額15,624円を節約するため、ドコモを解約。15年使った電話番号と、ドコモドメインのメアド、そしてプレミアステージの権利は名残惜しかったけど…。(補足:実は後で取得したiPhoneの方が良番なので諦めも付きました。)

料金を節約するのが第一の目的だけど、スマホが主流になってからのドコモに、何となく頼りなさを覚えていたのも事実。

ただ、私以外の家族、および、双方の両親は相変わらずドコモなので、今後も我が家はドコモがメインとなります。「主回線」である私が解約するとなると、同時に「主回線」をツマに移動しなければなりません。その手続きについて書いておきます。

主回線を夫から妻に移動する場合で、夫がドコモショップに来店する場合、以下のいずれかが必要です。


  • ドコモ所定書式の「同意書」(委任状ではありません、ショップでもらえます)
  • 妻へのドコモショップからの電話での確認
  • 妻本人の同行


また、主回線の異動に伴い、妻の支払い方法が変更になると思いますが、その手続きには以下のすべてが必要です。私の場合は妻の支払い方法が「主回線で一括」から「夫名義のDCMXカードに変更」になります。


  • ドコモ所定書式の「委任状」(同意書ではありません、ショップでもらえます)
  • 決裁に使う通帳+印鑑、またはクレジットカード


それとDCMXの取り扱いについて。DCMXへの加入はdocomo携帯契約が必須ですが、docomo携帯を解約したからといってDCMXは辞めなくてもいいようです。携帯端末の「おサイフケータイ」機能へのDCMXのひも付けについては、携帯電話契約の解約と一緒に切れるようになっているようです。


一応雑談ベースで、ドコモを辞めてどうするのか聞かれました。
「ドコモからiPhone出たら帰ってきますよ」
と常套句を言ってみましたが、ごめん、もし家をauひかりにしたら、「auスマートバリュー」でもうドコモに帰ってこられないかも。


予め委任状を書いていったこともあって、手続き自体は10分ほどで完了。
あっけないものです。

--
iPhone 4S 海外正規SIMフリー64GB ホワイト(Amazon)