迷ったら、高い方。
これは鉄則ではあるのだが、それにしても…というのが今回のお題。

PIXUSに、私が欲しいMG8230ではなく、MG6230というコストパフォーマンスの高い機種がある。
現在MG8230は3.5万円ほどだが、MG6230は2.4万円ほど。

MG8230とMG6230の違いは下記の点「だけ」だったりします。

  • MG6230はカラー三色展開(但しブロンズモデルはタイ洪水の影響で入手困難)で、MG8230は艶消し黒でキズが目立ちにくい。

  • MG6230はCISスキャナーだが、MG8230はCCDスキャナーでフィルム取り込みにも対応。そのためMG6230の方が薄くて軽量。

  • MG8230は画面サイズが0.5インチ大きい。


画面サイズなどはどうでも良いので、もう単純にスキャナがCISかCCDの違いかと言うことになる。ここに1万円の本当に価値を見いだせますか?というね。

とはいえ、CCD CISスキャナには弱点があるわけですよ。本の中綴じ部分などが、スキャン時に黒くなって見栄えが悪いという。

そしたらですね、
とじ部の影補正:厚手の書籍を見開き状態でスキャンした際に出やすい「とじ部分」の影を検出し、目立たなくなるよう自動で補正します。

とじ部の影補正!そういうのもあるのか


でもフィルムスキャンはたまに使いたくなるよね…これはCISスキャナではできないし…

「感光する粒子:デジタル一眼をフィルムスキャナ代わりに使ってみる」

デジカメで撮影!そういうのもあるのか

確かにMP770のフィルムスキャナでは数えるくらいしかスキャンしなかったし、めったに使わないのであればそれでもいいよなぁ。

とにかくMG6230は主力販売機種であり激戦区に投入されるだけあって、やたら割安なんですよ。それに対してMG8230はEOSユーザーを狙っているだけあって「高くても買うんだろ?」的な香りを感じてしまうわけです。

CISでもいいかぁ…?

--
◎キヤノン PIXUS MG6230WH ホワイト 《デジカメオンライン》