そういえばちょっと前に購入してたけど紹介してなかったのでエントリ。
三井さんの新著、iPhone Photographic Method。


どうやったらiPhoneで氏のような写真が撮れるのか、そのヒントは展示会などでアプリ名は知ることはできることがあるのだけれど、具体的にそのアプリのどのフィルタをどう使うのか、という点については今まであまり纏めて公開されることはなかった。

本著はそのフィルタワークを惜しげもなくテーマ別に纏めて公開すると同時に、それ以前に、素材となる写真をどうやって撮るのかという点についても触れられている。

もちろん、良いフィルターワークも良い素材(カット)があってこそ。本著を読むと確かに今すぐ撮影に行きたくなるのだが、その一方で、やはりそれなりの努力が必要であることも、さらりと触れられている。その努力については、iPhoneをカメラに使う場合のみならず、写真を撮ることに対する共通の心構えのようなものだ。

目指す山の高さを知れる一冊。