イチオシはCX370Vです。色調がTM35より自然で、手ブレ補正も自然だからです。

cx550v-3
CX550V


TM35のメリットはその小ささと、手ブレ補正。あれ?手ブレ補正はCX370Vの方がいいんじゃないの?とお思いでしょうが、効き方が違うんです。

TM35はできるだけ手ブレを止めて、ピタッと張り付く。止まり方は圧倒的です。しかしカメラをパンさせたときにカクッと動き出す感じ。CX370Vはカメラがふんわり浮いている感じで、パンさせたときの違和感もTM35より少なめ。どちらがいいかは好みかと思いますが、私はソニーの方がオールラウンダーだと思いました。(斎賀先生曰く、「ソニーの手ブレ補正はステディカムみたい」…確かにその通り。)

絵作りもソニーの方が好みですね。パナソニックは3CMOS機の緑の表現がなんか不自然に感じるんですが、その伝統が3CMOS機じゃない機種にも波及しているような…。以前使っていたHDC-SD3の変な色合いがトラウマになっているのかも知れません。

CX550Vは大きいですよ。大きい液晶画面と、ファインダー、そして外部マイク端子と若干の画質アップ、虹彩絞り絞り優先AE、マニュアル調整に1.5万円程度の価値を見いだすならCX550Vでもいいでしょうが、ママ中心に使うならCX370Vがバランスいいですね。私は差異に価値を見いだしてしまったのでCX550Vにしましたが(笑)人に勧めるかと言えば、必ずしも勧めません。それだけCX370Vはバランスが良いです。

--
SONY デジタルHDビデオカメラレコーダー CX370V(Amazon)