結論から言えば、黄ばんでいる上にシミもあります。
以前iPhone 3GS: 液晶は黄ばんでいるのか?という記事を書きましたが、それによると3Gより3GSの方が黄ばんでいました。今回3GSと4を比較したところ、4はさらに黄色いという結果に。


iphone4disp1

左がiPhone 4です。色も違いますが、横画面にしたときの画角(表示範囲)がそもそも違います。4は写真の上下が切れています。画角は3GS(iPhone OS 3)の仕様の方が好きだったなぁ。

色ですが、黒の締まりが全然違うんですね。iPhone4の方が黒がちゃんと黒い。これだけハイコントラストになったら、同じ絵を出せってほうが無茶です。


iphone4disp2

左がiPhone 4です。輝度を変えても色の傾向は変わりませんでした。


iphone4disp3

解像度比較。これは圧倒的ですね。左がiPhone 4です。でもこれくらいの差かと言われればそんなものです。ここ2〜3年のガラケーにもこれに近い解像度の機種はあります。


iphone4disp4

さてこれは一番センセーショナルでないかと思われる黄色いシミ。縦位置にした際の画面下部なんですが、黄色いシミが見えますか? 見えにくい方のために画像処理してみます。次の写真。


iphone4disp5

意図的にコントラストを上げてみました。かなり意地悪なことをしていますが、黄色いシミの位置が解りやすくなったかと思います。まぁこの位置には大抵のアプリでメニューが来たりするし、普通に写真を全画面で表示しても気がつきにくいので、実使用上は問題ないです。メニューを表示したときに、そういう目で見れば、「ん?」と思うくらいです。

この症状はiMac 27インチにも多かれ少なかれあったので、たぶん気になる人はすごく気になって何回も繰り返し交換してもらったりするネタになるんでしょうが、交換のタマも豊富にあるわけではありませんし、交換に出向く時間ももったいないので、私は気にしないことにします。

導光板とか、光学シートとか、エッジライトLEDの組み付けとか、筐体が薄くなると色々難しい問題が出るので、このあたりが今の技術限界なのでしょう。上の「サウンド」設定画面ではシミは全然解らないですよね?それくらいのものです。