市内にあるのになかなか行く機会がなかったIKEAに、思い立って初めて行ってみた。スウェーデンの家具屋なのだが、ムスメの学校の友達のお父さんが勤めていたりして、親近感はある。

職場の若者に聞いても家具はニトリよりIKEA、IDC大塚家具は高くて論外、という空気があり、行ってみてなるほど、これは今の若者を中心に人気がある理由もよく解った。

まず安い。もちろん価格以上の価値はないのだが、贅沢を言わなければ必要にして充分。たとえばパソコン用椅子は5,000円くらいからあるが価格なりの座り心地だし、980円の木製スツールは耐荷重100kgだけどねじり方向の剛性が不安だらけだ。

しかしそういったことはニトリも同じ。ニトリと決定的に違うのはデザイン。スウェーデンでデザイン・設計しているようで、どの家具もニトリにはない独特のセンスがある。

私などは古い人間なのでニトリのデザインの方がしっくり来るのだが、薄暗いIKEAの売り場で家具に触れていると欧州を旅しているような錯覚を覚える。

家具の他にも雑貨が豊富で、シリコンやプラスチックで成形した数十円〜数百円の身の回り品や、アロマ系の製品とか、色々売られている。だから大混雑の店内でも家具が飛ぶように売れているわけでもなく、雰囲気を味わって、数百円の珍しいグッズを何点か買って、レストランで食事して帰る、というお客さんが多いように見受けられた。

さて、そのレストランだが、これが目当てでIKEAに行く方もおられるようで、メニューは限られるもののスウェーデン料理が味わえる。定番なのはミートボール。オールスパイスの効いたミートボールをクリームソースとコケモモのジャムでいただく。ワインもあったりして最高。車で来たのが恨めしい(笑

ikea_meatball



IKEAの小さな食料品コーナーには、このミートボールやレシピ本が売っており、美味かったのでもちろん買ってきた。クリームソースは本当は売っているらしいのだが見あたらなかったのでレシピ本を見てあとで作る。

ikea_recipe1



このレシピ集、498円(だったかな)なのだが、現地のいろんなメニューが載っていて面白い。材料もほとんどは日本で手に入りそうなものが多いが…

ikea_recipe2


トナカイ肉は売ってないだろ!(笑

--
北海道最北の大地トナカイソーセージ★フィンランドからやってきた(楽天)
売ってた(笑