walkman20090916

ソニーのウオークマンが新しくなった。世間ではiPodが再び売上げ1位になったことが盛り上がっているようだが、Appleびいきの私でも、iPodの音の悪さには魚の骨が喉に突っかかったような思いがある。コンピューターメーカーは音質を語れないのか、とも思う。

また、今回の新iPod nanoはカメラを搭載してきたとことで、そんなことをするくらいなら音質向上に注力してくれ、と思った向きもあろう。私もその1人だ。

そこでソニーのウオークマン。

過去モデルを一度モニターで借用したことがあったのだが、iPodで感じた音質に対する残念感を見事に払拭してくれる音質に、清々とした気分になったことを思い出す。

やはりオーディーメーカーは解っている。音楽はこうでないと。

しかしソニーにもダメな点はあった。ご存じの通り、iPodは「持ち出せるiTunes」であるが、ソニーにはその発想がなかった。Windowsにしか対応しない母艦アプリはシャッキリしない出来が続き、折角のハードウエアにミソをつけた時代が続いた。あの躓きがなければもっとウオークマンの存在感も増し、iPodも音質にメスを入れなければならない時代が来ていたのではないかと思うと残念だ。

さて、そんなウオークマンだが、ソニーとしてのしがらみを踏まえつつ、少しずつ立ち位置を変化させてきた。ATRACからMP3/AACに軸足を移し、今回のモデルではDrag&Drop転送に対応している。iTunesとの同期はさすがにできないものの、iTunes内の曲をD&Dするだけで転送できるようになった。Macでもできるとは書かれていないが、できないとも書かれていないので、たぶんできるのだろう。できないのはiTunes Storeで購入したDRM付き楽曲の再生だ。

今回のラインナップで一番注目しているのは、NW-S640シリーズだ。高音質なアンプを搭載し、無駄な機能がなく安い。ノイキャンは好みのヘッドホンに交換してしまうと使えなくなるから不要だと思った。惜しむべくは本体カラーがオヤジが使うにはポップすぎるラインナップだと言うことくらいだ。

iPodにシェアを奪取されたことが何だというのだ。そう思えるくらい、以前借りたウオークマンは音が良かった。今回のモデルも期待が持てそうだ。ぜひ何らかの機会に試聴したい。