以前勝手に振った270EXの作例を、サイカ先生が撮ってくださった。ありがとうございます。

先生が仰る「カメラ内蔵ストロボとはレベルの違う画が撮れる」というのはホントで、その観点での作例を以下に示す。カメラは内蔵ストロボがあるEOS 40Dである。

なお、テスト環境はこんな感じである:
IMG_6596



まずストロボなし。露出補正+1EV:
IMG_0348



ストロボなし。露出補正+2EV:
IMG_0349



40D内蔵ストロボ。露出補正+1EV:
IMG_0347
露出は適正だが、強い影が出てしまっている。


270EX正面照射。露出補正+1EV:
IMG_0346
露出は適正だが、やはり強い影が出てしまっている。


270EX天井バウンス。露出補正+1EV:
IMG_0345
独特の柔らかい感じで描写されるが、天井まで2メートル以上あるせいか、やや光量が足りないように思う。そこでストロボの光量を調光補正で+1してやると…


270EX天井バウンス。露出補正+1EV、調光補正+1:
IMG_0355
こうなる。いいよね? いいでしょ? この柔らかい描写。

という訳で、内蔵ストロボがある40D/50D/KissX3についても、270EXがあると1ランク上の絵が撮れるという作例でした。

Canon スピードライト 270EX SP270EX(Amazon)

涼宮ハルヒ 激奏Ver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)(Amazon)