7milliondoller

モデルチェンジで約半額になっていた、クランプラーの7ミリオンダラー・ホームを買ってみた。

これはかなり容量があり、EOS 5D Mark IIがEF24-105mm F4L付きで(かつフード装着状態で)収まるのは旧型であるこれも同じ。

新型にはベルクロテープのベリベリ音を消す目的のフラップが付属しているが、これにはない。でも手芸店などで手に入る、縫い付けるタイプのベルクロテープでもダミーとして貼っておけば目的は達成できる。それより、旧型はバックルが1つなので、横の隙間から小物を取り出せたり、出し入れがスピーディーになるなど、新型にはないメリットもあったりする。

生地や縫製はきちんとしており、定価ベースでも納得できる商品が約半額なのだから、お買い得である。

…しかし、誤算が2つほどあった。

まず1つ目。色。
「ダークブラウン」を購入したはずなのだが、どう見てもオリーブグリーンなんですけど…いや、光の加減によってはブラウンに見えなくもない…? いやでも私が欲しかったのはコレジャナイロボ。

2つ目。大きさ。
大きすぎる。「EOS 5D Mark IIがEF24-105mm F4L付きで(かつフード装着状態で)収まる」のは誤りではないが、正しくは「EOS 5D Mark IIがEF24-105mm F4L付きで(かつフード装着状態で)2台収まる上にKissまで入りそうな勢い」なのである。肩からガウ攻撃空母をぶら下げているようなものである。これにフルで機材を詰め込んだ時が貴様の椎間板の最期だ!と本気で思った。


ガラスの腰では、6ミリオンダラーで良かったかな…orz