サイカさんの「全然現象出ませんよ〜へへ〜ん」(一部誇張)というテストショット報告を見ていたら沸々と怒りがこみ上げてきたので、実はEF 24-105mm f/4 Lの再修理を依頼した。クマデジタルの人格では「これがこのレンズの性能なんですよ」などと賢人ぶるのも数時間が限度だったということだ。

とはいえ、そろそろ幼稚園の卒業式の日程も迫っているので、「3月中旬頃までに頼むよ〜」という趣旨のメモを同梱した。それが先ほどオンラインで修理状況を確認したら、

「== 至急品 ==」

扱いになっていて申し訳ないやら心配なやら。

確かに修理の優先順位を付けると言うことはある。特にカメラのようなイベントドリブン(違)な製品の場合はなおさらだ。だから「急ぎでお願い」という注文はダメもとで依頼してみる価値はある。

しかしそれは、他のお客さんの修理依頼品を後回しにして処理するという意味でもある。

昔、E-mailが会社に普及を始めた頃、全メールに「重要」フラグを立てて送ってくる同僚がいた。気持ちは分からないでもないが、受け取る方の処理能力が一定の場合、「全部重要である」と「全部重要でない」は同じ意味である。

そういう意味では修理依頼時の「至急」フラグは限りある資源なので(笑)、大切に使いましょう…と言いたいところだが、これは私が言っても説得力ないですね。すみません。

今回私の場合は2週間+αの時間があったのでそのつもりで書いたはずなのだが、「至急」扱いになって恐縮する次第である。でも、キヤノンの言う「至急」が何日なのかは興味がある(笑

それと、至急扱いだと調整とか中途半端にならないだろうか。ああいうタイトな設計の製品だと、調整のバランスをとるのが難しそうだし。チョチョイと調整して一丁上がり、とされてしまったのが前回の修理のように思えるので、その点も心配である。


追記:
納期は3/3に決定しました。至急じゃない場合と変わりないような…。まぁあたふたとやられるよりは安心ですが。


Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
B00005K47X
キヤノン
売り上げランキング : 229

おすすめ平均star
starこれ、いいですね!
starお試し単焦点レンズとしてはいい
star素晴らしいです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools