ISユニットを交換して調整したらしい。

早速試写してみる。

ef24-105repair_kekka

…治ってないやん、左上の黒いの orz

タイトな設計らしいし、対策パーツに交換してもこれでは、これが本レンズの実力と判断して再修理は依頼しない。治ってないとはいえ、発生確率は2〜3枚に1枚から、30枚に1枚程度に下がっているので、実用上の不便はかなり軽減されるはず。

キヤノンMJにはこの写真を添付して、「修理お世話様。治ってないけど、これで治したということなので、再修理は今のところ不要。対策を考案された方に『完全じゃないよ』と伝えてちょ」とメールしておいた。

修理担当者を責めたってしょうがないもの。対策案を考えた人に気づきを与えないと。