外装交換後のキータッチの悪化がどうしても納得いかなかったので、ドコモショップの前を通りがかったついでに寄ってみた。

こういうのが修理扱いされるのかどうか解らないとは思うんですけど、と前置きした上で、外装交換後にカーソル上キーの打鍵音が甲高く大きくなったと言ってみた。

そしたら店員が「比べてみますか?」と店内にあった実機を貸してくれた。比較したところ、大差ないレベルだった。店内の実機の製造年月を確認したら06年9月製。俺の外装交換前のは05年12月製である。

外装交換を実施しても表記上の製造年月は変更がないので、俺の外装交換の際に何月頃のパーツが付いてきたのかは解らない。しかし、外装交換後もドコモ店内の実機もどっちも上キーが変な音がしたので、初期ロット以降、どこかで何かが変わったのだろう。

たとえばある程度生産してプラスチック成形の「型」が鈍ってきても、成形誤差は生じる。その辺の理由なのだろう。