スペックは以下の通り
- Core 2 Duo 2.16GHz/RAM 2GB(BTO)/HDD 250GB

iMac G5(2GHz/RAM 1.5GB)からの乗り換え。CPU/メモリ以外はこれといった変更はない。DVDドライブがPanasonicからPioneerになったが、生産ロットによって両者混在するようで、それはiMac G5でも同じである。

メモリは2スロットあるが、標準だと512MB×2枚が装着されており、空きスロットがない。無駄なくメモリ増設したいユーザはApple StoreでBTOするほかない。標準のメモリを買い取ってくれる販売店もあるが、BTOと比べるとやや割高になる。

ハード的にはあまり新鮮みがないので、ソフト面を中心にインプレッション。

【Universalアプリ】

  • ATOK2006 特に問題なし。

  • iPhoto 出画の軽快度がUP。

  • Safari iMac G5では3バウンドで起動していたが、1バウンドで瞬時に起動する。レンダリングもさらに爆速に。かえってADSL回線の遅さが気になってしまう。

  • Google Earth スクロールが滑らかになったが、このアプリに関しては完全にADSL回線の速度がネック。

  • iTunes 起動が高速化。CDの読み込み速度は12x〜20x程度で、5割くらい速くなったような。CPUは振り切れないので、おそらくCDの読み込み速度がネック。


  • 【PowerPC用アプリ】

  • Photoshop CS 起動は多少遅くなった気がするが、時間を計らなければ解らないレベル。立ち上がってしまえば違和感はない。

  • Microsoft Office 2004 多少起動が遅くなったような気がしないでもないが、Photoshop CSと同じような印象。

  • ProAtlas X 地図のスクロールは高速になった。

  • Toast6 普通に動作するが、機能の隅々まで使ったわけではない。

  • CD Spin Doctor 2 ざっくり使ってみた感じ、普通に動作する。

  • マカエレ 違和感なし。

  • PhotoGrid 違和感なし。速くなった印象もない。

  • AppleWorks 違和感なし。速くなった印象もない。


  • 【周辺機器】

  • Microsoft Mouse intel mac対応のドライバを入れれば動く。

  • Canon複合機 MP770 intel mac対応のドライバを入れれば動く。

  • FireWire HDD類 何ら問題なし。


  • 【本体】

  • オーディオ音声レベルが低くなったような、ボリュームのカーブが変わったような?

  • ファンはiMac G5よりさらに静かになったが、個体差の範囲かも。


  • Universalアプリは爆速なのは勿論、RosettaによりPowerPC用アプリが違和感のない速度で動く。CPUが変わって失うものが無視できるほど小さく、ほぼ利点しかないという驚きのアーキテクチャ変更。MC68040からPowerPCへの移行よりうまく行っている。