クマデジタル

迷ったら、高い方


2014年02月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


日本では本日発売になったPlayStation 4がヨドバシから届きました。
ヨドバシのロゴの印刷のない、でも縦横はピッタリの大きさの箱で到着。




購入したのは、カメラ付き本体ともう1つのコントローラー(青)、そして充電スタンドです。




箱は「通常版」の上に「限定版」のジャケットを重ねた、まさかの2重梱包でした。そう来たか…!




ご開帳。




本体とご対面。
ピアノブラック調のところは、立てたときに上1/3となるところ全部かと思っていたのですが、さらにその半分(横置きにしたときに上半分となる部分のみ)でした。文章にするとよく解らないですね。




ピアノブラック調のところをスライドさせると、HDDにアクセスできます。修理時は確か外して修理依頼するはずです。




HDDベイの裏に製造年月の刻印が。2014年1月製造。意外と作りだめしてないんだな…。




カメラ。こっち見んな!




イヤホンマイクが付いていたので「これ本体に繋ぐのかよ」と思ったら、コントローラに繋ぐんですね。良くできています。




荷物追跡画面によると郵便局に2日ほど寝かされていたので引き取りに行けばいいんじゃね?と思ったのですが、仮に引き取りに行ってもそううまくはいかなかったようです(笑

ちょっと今から出かける用事があるし、テレビのch権争奪もあるので、通電はまた夜に家族が寝てからにでも…。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


さーて、まだ未掲載の写真を行ってみましょうか。
とは言っても他のサイトには載ってるのも多いですけど(笑




変わり種三脚…って言わないな。何だろう。カメラ固定の重石みたいな。




要はビーズの入った柔らかい鞠に、カメラ取り付けネジがつています。お手玉のように変形して、ゴムも若干粘性があるので、あちこちに固定できます。カメラはNEXより小さいクラスまでかな…。NEXだと小さめのレンズならOK。



もう売ってるんですね、しかも結構高いですね(;´Д`)




KIPON。




EPSON。
開場前に外で見かけた、コートの裾からちらっと見えた白のプリーツミニスカはシグマじゃなくてここだったか…。




NIKONのハンズオン、Nikon D610 + AF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gです。SDカードを自分で用意すれば、撮影データは持ち帰れます。



Nikon D610 + AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G



Nikon D610 + AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G

おお、何だこれ凄いレンズだ…と思ったら、


おぅふ、キヤノンで言うLレンズクラスでしたか。




Panasonic AG-GH4 + AG-YAGHG。
民生用の上半身にコアブースターを付けて、その市場を狙うか…という印象。




Canon。
EOS Kiss X70。




X5のスペックに近い…らしい?
要はジェネリックなX5?
DiGiC4だし…。




気になってる防水カメラ、PowerShot D30。
これもDiGiC4なんですよね。

「何でいまどきDiGiC4なんですか」
「私もそう思います」




英文表記コーナーに置いてあったせいか、外人にすごく人気でした。




グリップのゴムは凹んでるかと思いきや、出っ張っています。




PowerShot G1 X Mark II。
あれ?レンズバリアが付いた? すごい。




キヤノン的には今年はこれが一押しみたいでしたね。

私のレポートは以上です。
お疲れ様でした。会場でお会いした人も、お会いできなかった人も、また来年お会いしましょう!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
絶賛発売遅延中のGitzo クイックリリースアダプター3型D、ヨドバシにオーダーを入れているものの、現物を確認しに Gitzoブースへ。




おお、これですか。




カメラ固定ネジは手、コイン(コインドライバー)、六角レンチの3通りで回せますが、説明員曰く六角レンチで回すのが最強とのこと。




プレートを外したところ。アダプタをもう1つ外すと今までのGitzo C型プレートが付きます。




指でカメラ固定ネジを回せるのは素晴らしい!と思ったんですが、この角度で締まってしまうと、ツマミを倒してしまうと起こすのに指先が入らずに困難を極めることが判明。

「指で回せる」というところが個人的にすごく待望の製品ではあったんですが、ちょっと期待していたものと違ったかな…。ここはアルカスイス互換サイズにしてしまったがゆえの問題か…。




ところで、Gitzoの純正三脚バッグが最近モデルチェンジしました。以前の青がアクセントに入ったバッグの方がデザイン的には好みでしたが、使っている生地はこちらの方が上質になったとのこと。




実はコッソリ3way雲台も物色しているんですが、なかなかいいのがないなぁ…と思っていたところ、Manfrottoで見つけたのがこのManfrotto MHXPRO-3W。これ、4月末発売なんですね。




パン、ティルト等がコマ締め方式ではないことが残念だったのと、上の写真にある銀色のフリクションダイヤルがプラスチッキーなのがちょっと残念でした。ただ、筐体自体は「マンフロット独自の樹脂ADAPT」ではなく、アルミニウム製なのは良かったです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
さてdp2 Quattroもα6000も見たし、お昼にでもしましょうかね、と有志でクイーンズスクエアのお食事処へ。



Cheeroさんこっちです!(ぉ




クイーンズスクエアでお肉のランチが980円っていいな…。




さて今年もやってまいりました、富山のbotじゃないもん!むっちーさん(→「むってぃーろぐ エンタテインメント部」)です。安定してろくろを回しています。昨年のサイカ先生の落書き サインをバージョンアップしに来ました。ついでにCP+にも来ました(ぉ




サイカー!Z!
(来年はZZだそうです)




ペンギンも踊るぜ!

ここではサイカ先生の生落書きと生駄洒落がオカズだ。




さて、生駄洒落で胸焼けしたところで(← 御苗場へ。今年はメイン会場から隔離されちゃって2Fアネックスホールへ。それでお客さんは来るのだろうか?と心配でしたが、2/16最終日なんかは息苦しくなるくらいの人出だったとか!素晴らしい!

あ、これは3コマぶち抜きの豪華仕様、Shoichi ASAOKA氏の展示です。ポストカード補充しておきましたよ!




こちらはのちほど「デジタルカメラマガジン賞」を受賞することになる(おめでとうございます。今度餃子おごってください(何で)、@utan1985 こと ナカムラマサト氏の展示。さすが本職デザイナーだけあって、「こうありたい」という意図が感じられる作品でした。

「この右上が剥がれちゃってねー」(←




そしてこちらは街猫フォトグラファー四本木氏の展示と、氏が所属する写真サークルPSAMの展示。昨年はPSAMとしてだけの展示でしたが、今年は四本木さん個人でのブースも持ったという気合いの入れよう。昨年のPSAMの芳名ノートはむっちーさんのイラストの餌食(ぉ になっていましたが…




おい!これ!去年のノートのキャリーオーバーだぞ(笑
しかも何か袋とじになっていて思春期の男子に期待させちゃう感じ!(何を




まぁ今年も描いちゃうんだけどねー。へっへっ。




街猫フォトグラファーを今朝、桜木町まで出迎えに来させたらしいですよ! ((((;゚Д゚))))




四本木さんです。なんで台座が用意してあるかというと、小さい子に乗ってもらって作品を間近で見て欲しいとの思いから、だそうです (´Д⊂ヽヤサシイナァ…。

作品のテーマは「猫目線的日常」。定点観測的に被写体を追い続けると、猫のああいう表情が撮れるんだなぁ…。


CP+2014レポは続きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


じゃーん!



じゃじゃーん!

『最高のものを作れ』という指示の下、開発が行われたというZeiss Otus 1.4/55(標準価格425,000円)です。試写できるとのことなので、自分のEOS 5D Mark IIIで試してみました。

1kg前後あるレンズのはずですが、縦位置グリップ付き5D3との組み合わせでは悪くないバランス。ラッパ型の形状もホールディングの良さに繋がっていると思われます。

まずはその辺を向いて、絞り開放で、1枚。
あ、これMFなんですね。EFマウントのZeissだからしょうがないね。





おおぅ!なんだこれ!
絞り開放のf/1.4だぞこれ!
カメラの画質設定が「FINE」ではなくて、いつも常用している「NORMAL」だったのが悔やまれる出来! 手前のボケも、奥のボケも、何という胸のすく画質…。
ああなんか、EOS 5D3が生まれ変わった気がするよ…。
ぜひともクリックしてflickr側で拡大を!




ちょっと手前の方の被写体でもう1枚。
何か凄いことになっちゃってるな…。
なんでこんなに情緒的に写るの…。

以前Canon EF 300mm f/2.8Lを試用したときに景色が一変して見えたけど、そんな感じ。

ふぅ。
さて。



ここからはTouit 2.8/50Mの撮影サンプルです。
Otusで興奮しすぎて、Touit 2.8/50M自体の写真を撮るのを忘れました(ぉ
NEX-6に装着して撮影。




うんうん。
ちょっと奥のボケの輪郭が気になるかな…。




ああこの周辺ぼけの形までプラナーらしい(笑

Touit 2.8/50Mもすごいいいレンズなんだけど、Otusの後だと分が悪いな(笑
まぁ価格も4倍違うので、当然は当然なんだけど。


このページのトップヘ