クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
225e4ae8.jpg

噂には聞いていたが、「氷」以外にも色々違いますねぇ。ツマと間違い探し大会状態。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
みみずくさん:「しかし、2リットル(楽しい2リットル)で5人乗れて○○○万円って車、なかなかおいしいと思いますが、それなりに現実的だし…。」

そう、それなりに現実的ってのがポイントなんですよね。5人乗れて、そこそこ荷物積めて、日本の都会の道路事情でも大きすぎず、走って楽しいし技術や安全性は折り紙付き。価格はややorz気味ですが…。田舎暮らしだったら同じ予算でもSKYLINE/STAGEAかINSPIREにいってそうですけど。

松(3.2L Q)、竹(2.0L T)、梅(2.0L)があるんですけど、現実的なのは「梅」ですね。某巨大掲示板やcarviewなどで話題になっている(=売れている?)のは「竹」のようですが、そこまではチョット(汗 ナビもディスチャージヘッドライトも標準では付いてこないので、その分も考慮しないといけないし…。

来年は梅の下(1.6L)が日本向けにも追加されるようですが、もしそこそこ走るようなら、家計に優しい1.6Lでもいいかなと。

ところでみみずくさんの「R」の調子はいかがですか。3,000km走って、そこから20,000kmくらいまではきっとますますスイートではないかと思います。実は私も昔H22A(2.2L DOHC VTEC)搭載の頃に同じ車に乗っていたんですけど、私の個体ではトータルバランスで一番スイートだったのは12,000km頃だったと記憶しています。あれからずいぶん進化しているので、スイートスポットはもう少し先になっていると思いますけど…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
少々キャラデザインにアクを感じるかも知れないし、ぱっと見「スノボーに乗った変形ロボット」が主役のアニメかと思ってしまいがちなエウレカセブンだが、いやいや、ストーリーはかなり(・∀・)イイですよ。

少年の青臭さが独特のパステル調の色彩で描写されるとウザったくなくすんなり受け入れられるんすね。周りの大人達も素敵。「あいつには大人がいなかったんだ。きちんと叱ってやる大人が」なんて台詞に痺れますよ。ああ、男の子っていいなぁとしみじみ。

何かにつけ「何を守らなきゃいけない」「何のために戦うのか」と禅問答ばっかりで進展がない上、グロ描写でしか視聴者の目を引けず、最近は最初っから最後まで

「ウオオオオオオ!」
「テヤァアアアア!」

と絶叫することでしか迫力を出せず、強いモビルスーツの描写が多数のビームを同時に発射できるという記号でしか描けない某SEED DESTINYより、親子で楽しめる優良アニメとして断然お勧め。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今日は週末断食2日目。

どうも1日目の絶食より2日目の復食の方が難易度が高いらしい。が、それ以前に朝起きたら俺の体調が大変なことになっていた。こんな感じ:

・暑さを感じない。妻がエアコンを入れようとしているのに俺ってば冬用布団かぶって寝てた。
・全身の感覚が鈍い。ぶつけてもあまり痛くない。
・寝た気がしない。いくらでも寝られる。

食べなくて死ぬってのはこういうことかなとマジ思ったよ。

実は昨日の「絶食」でいくつかセオリーを守れなかったので、その反動が来ているのかも。守れなかったのは:

・水分は2〜5リットルは摂取すること→1リットルしか飲んでいない。
・軽い運動をすること→一日中室内。
・初心者は人参ジュースでも飲むこと→何も飲まず。

これでは体調不良にもなるかな。

で、朝は「五分がゆ(通常の倍の薄さのおかゆ)梅干し入り」と佃煮を少々食べたのだが、全身は鈍くなっているものの確かに味覚は鋭くなっている。いつも甘さが際だつはちみつ梅干しが、レモン丸かじりのように酸っぱかった。

昼はスーパーの総菜に手を出したのだが、これも目で解っているほど食べられず。しかも「うへぇ」っていうくらい不味く感じた。スーパーの総菜は色々調味料が入っているようで、それに敏感になっている模様。

夜になったら体調が戻ってきた。体重は変わらずだが、内臓が元気になってるとイイナ!

でももうやりません当分。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
a49913d0.jpg
お風呂でムニムニされて泡だったりもう今週もツッコミどころ満載マイメロヽ(´Д`)ノ

でも俺的にポイントが高かったのが、お父さんの散歩シーンが「すごいよマサルさん」(笑

このページのトップヘ