クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
某百貨店にいたんですが、免震構造だったのか、震度5だとはおもわなかったっすね。エレベータに閉じこめられた人はいたようですが。

しかし、震度5+レベルでここまでの騒ぎになると、本番はどうなることやら…。




  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
プロアトラスX2の件だが、メーカーからの見解が得られた。
  • プロアトラスの過去のバージョンは、スクロール実施時のメモリ消費量が大きかった。

  • それを改善したので、環境によりスクロールは速くなる。

上記から類推すると、
  • 実メモリが少ない環境ほど、仮想メモリへのアクセスが減るので、速度向上が著しい。

ということではないだろうか。

どおりでRAM 1GByte環境では速度が向上しないはずだ…。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
前回iMacG4/1GHz/17inchのファンが1200rpmだった頃に62℃を叩き出したHDD温度だが、ファンを1600rpmにした結果、何度になったか。見てみる。

前回はTemperture Monitorという無料?のソフトを使ってSMART情報を表示させたが、今回のHDDではなぜか"No Sensors Found"となってしまい、温度が読み出せない。

なんか他にSMART情報を読み出せるソフトはないものかと徘徊したが、どうも1万円前後するHDDツールくらいしか見あたらない。SMARTを読み出せればいいだけなので、1万円はちょっと…

で、探したらありましたよ。こういうのが

ソースの配布なんでターミナルから自分でコンパイルしてやらなければならないが、XToolsをインストールして、手順通りにmakeすればOK。

実行してみたところ、温度は50℃くらいになっていた。大事な前提条件となる室温を測るのを前回忘れてたため比較はできないが、まぁ50℃ならそこそこ持つだろう。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今までの俺の慣例だと外付けHDDケースに買ってきたHDDを入れ、「ディスクユーティリティ」の「復元」で内蔵HDDの内容を外付けにコピーし、その後内蔵HDDと交換していたのだが、今回はどうやっても外付けHDDが現在のBigDriveに対応していないつーことで、いきなり内蔵してみることに。

これでiMacG4/1Ghz/17inchがBigDrive対応じゃなかったら笑うところだが、アップルによると対応しているっぽいのでまぁやってみる。

ついでにファンを1,200rpmから、夏仕様の1,600rpmに交換してみた。風切り音が増えるが、HDDが62℃とか報告されては、背に腹は替えられん。

起動。無事200GB(表示上は186GB)を認識。ホ。「復元」で今までの内蔵ドライブの内容を移す。

HDD(Barracuda)の騒音は相変わらず静か。固定しない状態だと振動がやや気になったが、iMac内蔵ベイにマウントしたらまったく気にならなくなった。

内蔵HDDから起動。うへぇ!OS X起動ゲロ速い!リンゴマーク表示からログインパネル表示まで僅か15秒ですよ?

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
早速昨日買ってきた200GB HDDをFireWire外付けケースに入れて「ディスクユーティリティ」で初期化しようとしたところ…

137GBしか認識しないよママン・・゚・(ノД`)・゚・。

えーなんでー? これデンノーのMIFC-35P91なんだけど、ちゃんとBigDrive対応のケースやん。

ネットを徘徊することしばらく…

お使いのMIFC-35P91の基盤のバージョンの問題のようです。
(中略)
Seagate ST3200822Aの全容量を認識することが出来ません。
(中略)
デンノーさんやIceCubeなどのケースをお持ちのお方は、一度、中身の基盤のご確認をされた方が良いと思いますよ。赤いヤツでなければダメみたいです。



…(´A`)緑基板だよ俺の。

このページのトップヘ