クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ようやくWH-1000XM3を店頭で試しました。
音質がどうこうよりも、とにかく装着感。ヘッドバンドが従来より上下に楕円形になったことで、頭のてっぺんへの当たりがソフトになっているのではないか?という期待です。


IMG_2018

早速装着してみました。



(´Д⊂ヽ

従来と何も変わってないです…
少なくとも頭のてっぺんへの当たりという観点では、従来と何も変わるところはなし。ヘッドバンドがより平均的な顔の形に近づいたことで装着した際の見た目は従来よりスッキリしているようなんですが、頭頂部の感覚は変わらなかったですね…

もうちょっと頭頂部だけではなく、広い面積でふんわり支えるようなヘッドバンドだといいんですが。現状だと(初代もM3も)頭のてっぺんの中心から左右に3センチずつくらいの幅で支えている感じがします。

これは私にとっては、初代から買い換える価値はないですね。
現物を見ずに衝動買いしなくて良かったです。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ミューズと言えば真っ先にこちらのクラスタです:



「ミューズどこでもウエットクロス」がバズってたので私も試してみました。とはいえ、私の手元にゴムが白化しているレンズは1本しかありません。外で撮影したらボディやレンズをマメに拭いてるので白化が起きにくいのかも知れません。

そんな中、唯一白化してたのがこれ:

5D4C2220

ビフォー。


5D4C2225

アフター。

まじかー。
濡れて一時的にこうなってるわけじゃないんですよ。乾いてもこのまま。面白いですねぇ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
flickrのProアカウントの価格が2倍になるとかで、ライトなユーザーな私としては選択を迫られております。概ね「やめる」方向で検討しているのですが、問題はこのブログから貼った数々の写真。ざっくり4,000枚以上はあるようです。

何か上手い引越方法はないものかと、わらにもすがる思いでflickrから提供されたデータダウンロードサービスをクリックしてみました。

スクリーンショット 2018-11-14 21.59.45

待つこと2日。flickrからダウンロードの用意ができたとのことで早速落としてみました。


スクリーンショット 2018-11-14 22.52.04

20GBほどのファイルがダウンロードされました。アップロードしてあった写真そのものですが…


スクリーンショット 2018-11-14 22.52.22

あとは大量のjsonファイル。全写真の詳細なデータ(入力して貰ったコメントまで)が入っています。

これを上手いこと処理してレンタルサーバーにアップロードすれば(あとはブログ側の記述を何とかすれば)何とかなりそうな気もしますが、ちょっと取り組んでる暇ないんですよね…。どこか「拾う神」が現れないでしょうか。(他力本願

このままだと今までの2倍の年額使用料を払うか、4,000枚のリンク切れを起こすか、どちらかなんですよね。幸い今のProアカウントの有効期限が来年10月まであるので、若干の猶予はありますが…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
だいぶ涼しくなってきたので、長距離の電車に乗るときなど、MDR-1000X が活躍しています。

5D4C1862

機能を考えるとほとんど文句の付けようがないヘッドホンですが、唯一気になるのは装着時に頭のカーブに対して頭頂部だけにアームがタッチすること。つまり顔に対してヘッドホンのアームの曲率が真円に近いのです。そしたらですね、後継機種のWH-1000XM3では…

WH-1000M3 開発者インタビュー:
「WH-1000XM3は、少し立てたようなカーブを採用しました。」

マジデスカー!
これは店頭で装着してみたいなぁ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
スタッドレスを装着してすでに300kmほど走りました。

5D4C2155

履き替えた直後に聞こえていた「コー」というこもり音は少しなりを潜めました。最初はやはりグニャグニャして気持ち悪いなと思ったのですが、乗り慣れるとこれはこれで乗り心地がいい感じ。ロードノイズ全体の音圧も低いです。

但しこのタイヤ、速度記号がQ(最高速度160km/h)なんですよね。多くのスタッドレスがQらしいですが、100km/h出すと能力の6割以上は使ってしまうと言うことですよね。余裕が生む安心感というのは少し少なめに思います。ちなみに夏タイヤの速度記号はV(最高速度240km/h)でした。

不幸にも緊急回避も試す羽目になりました。60km/h程度で緩いカーブを走行中、斜め前の車が後ろもろくに見ないで車線変更を仕掛けてきて、急ブレーキ&操舵で回避というのをやりました。緊急回避自体は問題なかったんですが、タイヤがグニャッとよじれる感覚が夏タイヤとは明らかに異なることを痛感させてくれます。

まぁ夏タイヤを運動靴とすると、スタッドレスは長靴って言いますしね。

今からだと半年くらい履くと思いますが、なんか1年の半分がこれになるというのはちょっと切ないような。それを言い出すとどんどん良いグレードのスタッドレスになるんでしょうけど。


このページのトップヘ