クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
国立大学法人京都大学 / 株式会社日立製作所:「AIの活用により、持続可能な日本の未来に向けた政策を提言」

要旨:

AIを用いたシミュレーションにより2018年から2052年までの35年間で約2万通りの未来シナリオ予測を行った。

2050年に向けた未来シナリオとして主に都市集中型と地方分散型のグループがある。

a) 都市集中シナリオ

主に都市の企業が主導する技術革新によって、人口の都市への一極集中が進行し、地方は衰退する。出生率の低下と格差の拡大がさらに進行し、個人の健康寿命や幸福感は低下する一方で、政府支出の都市への集中によって政府の財政は持ち直す。

b) 地方分散シナリオ

地方へ人口分散が起こり、出生率が持ち直して格差が縮小し、個人の健康寿命や幸福感も増大する。ただし、以下に述べるように、地方分散シナリオは、政府の財政あるいは環境(CO2排出量など)を悪化させる可能性を含むため、このシナリオを持続可能なものとするには、細心の注意が必要となる。

約1年前のリリースですが、ちょっと見落としてましたね。
「未来の選択可能性」ネタは「まどか」あたりからブームになって、明確な敵を描写できない最近のアニメでは鉄板のネタになりつつありますが、現実世界でこういう予測をされると鳥肌立ちますね。

私の認識では「もう地方インフラは維持が不可能なので、都市に集中して住むしかない」という路線(上記の「都市集中シナリオ」に相当)しかないものだと思っていましたが、「地方分散シナリオ」も持続可能な未来の選択肢としてありうるんですね。

ただ、リリースを読むと「地方分散シナリオ」を選択した場合、その後「約17〜20年後まで継続的な政策実行が必要」とあります。これはこれで選択肢としてはしんどいし、これを実施する気概のある指導者は日本には何人もいないと思うので、おそらくこの判断結果を見て、日本全体では「都市集中シナリオ」が選択されるのだろうと思います。

そして「個人の健康寿命や幸福感は低下する一方で、政府支出の都市への集中によって政府の財政は持ち直す」未来が来るわけです。結論としては「もう地方インフラは維持が不可能なので、都市に集中して住むしかない」という今まで言われていたことと同じなわけですが、そこにAIによって「健康寿命や幸福感は低下する」という予測が示されてしまったという、なんとも切ない結果ですね。

もっとも、数年のコラボと、今の水準のAI、そして今のモデル化水準ではどこまで予測できているのか怪しいところはありますが、1年前の段階でもうここまで来ていたのかと驚きを禁じ得ません。

未来って、AIに予測してもらっていいものなのかな。

いいんだろうな、きっと。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iPhone Xsを初めて外に持ち出しました。
カメラ、どれくらい良くなったでしょうか。
やっぱりデュアルカメラの特徴であるズームを試したいですよね。



1x(26mm)



10x(258mm)
まじかー!



1x(26mm)


2x(52mm)


3x(78mm)


5x(131mm)


10x(258mm)

さすがに10xはアレですが、でも258mmですから。スマホのカメラでここまで撮れるとはねぇ。



590円。


皆さん同じような感想をお持ちだと思いますが、確かに「多くの人に好ましいと思える絵」になっているように思います。映像処理エンジンとかカメラメーカーとはまた違ったノウハウで処理してるんでしょうね。


ほか、1日使った感想を下記します。

  • True toneは結局オフにした。黄色すぎて。
  • 液晶保護フィルムのエッジが、画面の端からスワイプするときに気になる。
  • 右手だけで使うとき、小指で支えるのが疲れる。
  • バッテリー%表示がワンアクションしないと表示されなくなったのは不満。
  • フリックキーボードで音声入力ボタンに触れにくくなったのは良い。
  • フィルム 位置合わせが難しい。気になるのはボタンとの位置ズレではなく点灯エリアとのズレなので、点灯させて貼った方がいいかも。
  • 電源ボタン重い。

以上です。


フィルムはこれ貼りました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
以前にも書いた通りそんなに急いではいなかったのですが(iPhone 7の月々サポートがあと2ヶ月あったし)、docomo オンラインショップにオーダーしていたiPhone XSが台風から逃げ切るように、大阪から届きました。




今回のパッケージからLightningイヤホンアダプタが省略されました。ムスメの学校ではそれを通称「もやし」と呼んでいるらしいのですが、ムスメは iPhone 7 についていた「もやし」と「Lightningイヤホンマイク」を紛失したとのことで、私の iPhone 7 で使われていなかった「もやし」と、このiPhone XSに付属していたイヤホンを渡しました。






色はシルバーを選びましたが、シルバーというか白ですね。まぁどうせ純正ケースをはめると背面色は見えなくなりますが。




qi規格の非接触充電ですが、手元にあった2012年製の docomo のワイヤレスチャージャーF02が使えました。ただこれは、ACアダプタ含めて場所を取るので常用はしないと思います。




左はドナドナ予定のiPhone 7。XS(右)はこれだけ画面が大きいんだから、アイコンの縦の個数が増えるのかと思ったら増えず、間隔が広がるだけでした。勿体ない。

True tone という、環境光の色温度に画面の色温度を合わせる機能が付いていますが、それを使うとちょっと画面の方が色温度低めになるような気がしました。True toneの適用度合いが調整できると良かったですね。

有機ELスクリーンの恩恵は感じません。もっとも、色については正解は1つなので、液晶とか有機ELとかで色が違うようなことがあれば、どちらかのデバイスの調整がズレていることになります。ただ、このパネルはちょっと横から見ると色が転びますね。液晶モデルのiPhoneの方が優秀な気がしますが、本当にこの有機ELパネルは液晶より上等というつもりで採用されているんでしょうか?(どの辺が?)

カメラは綺麗ですね。2カメだけあって、ズームしたときの画質劣化の低下の度合いが違います。

古いアプリなどは iPhone 7 でも画面への最適化が行われていないものがありましたが、XSになってそれがさらに広がった感じです。

ホームボタンのない操作体系は結構すぐ慣れました。一方で、重量はやはり重く感じます。慣れていないせいもあり、右手首が疲れてきます。

第一印象としては以上です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
マツダディーラーに行ったら面白いチラシが置いてありまして。

carlifecost

まぁ要は、3年ごとに乗り換えても、10年乗っても、コストはそんなに変わりませんよという話なのですが、ちょっと上のチラシはアンフェアなところがあって、上段のパターンで10年目に買い換える車体の代金が入ってるのはオカシイだろ、というのはあります。正確にはそれぞれのパターンで、10年目の残存価値的な計算をしないとダメですよね。

でもマツダもアウディのように自社買取価格が高い傾向にあるので、上の図の下の段のプランだと、3年間の償却額が97万円で、記載がないですが新車購入時のオプションや税などの諸費用が40万円かかったとして合計137万円。すなわち年間46万円をコンスタントに負担できれば、3年ごとに215万円の新車に乗り続けられることになります。

上の段の10年間乗り続けるパターンだと、10年目の車両購入価格を計算に入れるのはオカシイので除外すると、10年間で311.6万円=すなわち年間31万円の運用コストになります。

アウディでも同様のパターンを試算したことがあるのですが、やはり3年ごとに乗り換えるのが10年間乗り続けるのと同様と言うことはなくて、主に車両購入時にかかるオプション代、税金等の諸費用がオーバーヘッドとなって、3年ごとに乗換の方が数十パーセント高くなる傾向にありました。普通に考えて当たり前ですよね。


一方で、代替サイクルの問題ではなく、「新車 vs 中古車」を考慮した場合どうでしょうか。よく「新車は高いので中古車を」という話も聞きますが、たとえば上の図の上段で3年落ちの同じクルマを130万円で買って7年乗ったとすると、総コストは7年間で226.6万円、すなわち年間32.4万円となり、むしろ新車より微妙に高くなってしまいます。

自動車業界は高額商品ゆえ、生き馬の目を抜くようにコストの取り合いになっているので、新車だから割高、中古だから割安ということがないように価格が設定されているのです。初期投資の絶対額を抑えたり、かなり古いクルマを自分で手直しして乗ったり、今は手に入らないクルマを手に入れるのには中古車は有効な手段ではありますが、生活の道具として接する場合、中古車にトータルコストを抑える効果はないというのが私の持論です。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
仕事用のMacでもないので、後先考えずに早速インストールしてみました。もうOSのメジャーアップデートが無償になってからずいぶん経ちますが、一昔前では考えられなかったことです。

インストールは「残り1時間」と出たので、昨晩は仕掛けて寝ました。


スクリーンショット 2018-09-26 23.33.55

高解像度ディスプレイを前提に、いくつかのパーツが大ぶりに表示されたりしますが、macOSの今までの流儀通り、何の説明を受けなくても使いこなせるアップデートになっています。ちょっと小さい字のレンダリングが代わったのか?フォントによっては小さい字が少し見やすくなっているようにも思います。

何のアプリがどこにアクセスするかでいちいち認証を求めるようになったので、使い始めはちょっと鬱陶しいですね。特にATOKインサイトはあらゆるアプリから文字を拾ってきて変換候補に加えるので、初めて使うアプリを起動する都度、アクセス権を尋ねられます。「ATOKインサイトのやることをすべて信用する」的なオプションがあると良かったかなぁ。

入れたのは iMac Late 2012 ですが、パフォーマンスには影響を感じません。元々少し前のmacOSから、ユーザー切替時にカク付くようになりましたが、それは相変わらず。Mojaveのせいというわけではないでしょう。

OSアップデートが mac App Storeから分離されたのは珍しいですね。昔に戻ったというわけです。あの前進しかしないアップルが、ねぇ。

このページのトップヘ