クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
この間久しぶりにターンパイクに行ったら…

5D4B0254

アネスト岩田ターンパイクって何だよ!

カーナビ(googleで音声検索ができる)に「箱根ターンパイク」って言ったら「アネスト岩田」ってサジェストされたので何のことかと思っていたら…。

5D4B0256

いやぁ、アネスト岩田って会社、知らなかったです。横浜のコンプレッサーメーカーらしいですが、ネーミングライツに思いが至り、しかも資金力がある、おそらく地元優良企業なんでしょうね。鳩サブレの会社みたいな。

あとターンパイクからの帰り道で気がついたんですが、平塚の湘南大橋が「トラスコ湘南大橋」になってたのも驚きましたけどね。そこもネーミングライツ売るのか…。「トラス橋」だと全く別のものになりますけどね。

  




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
だいぶ昔の話ですが、孫正義氏が提唱したタイムマシン経営というのがありまして。あるものが流行っている国や地域で得たノウハウを、まだ流行ってない地域で展開することで、さも未来から来たような経営ができるという手法です。孫氏が提唱する前からホンダとかはデザイン面でやっていたような気もしますが、最近は情報の伝搬速度が速いのであまり通用しなくなってきましたね。

私も同じように、ネットで流行っている言い回しを「これそのうち流行るよ」とムスメに吹き込んだりしていたのですが、本当にムスメの学校で流行ったのは「〜かよ」(「最高かよ」みたいに使う)という言い回し。まぁ日清カップヌードルがTVCMで「アオハルかよ」と使ってしまったのでメジャーになってしまいましたが、その半年くらい前から知っていたムスメは「本当に流行ったよ!」と驚いてました。しめしめ(笑。

逆に流行らなかったのは、「なんだ、ただのxxか」という言い回し。これはxxがすごい人やものでなければならず(なんだ、ただの天才か など)、いろんなものの「凄さ」がわからない世代には難しかったかもしれません。

全く予想外だったのは「パティーン」(パターンの隠語)。「これ、もしかしてまずいパティーン?」とか使いますが、これムスメの世代で流行るとは思わなかったなぁ(笑

次は「尊い」が流行るのではないかと思っているのですが、ムスメに聞いたところまだ流行っていない様子。流行るよ〜きっと(笑。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
クローゼットのDVD/BDが置いてあるところな雪崩が起きそうなので、何とかしたいと思っていました。見苦しいので画像はぼかしをかけてあります(ぉ

5D4B0302

ただ、そこそこ奥行きがある(35cmくらいある)ので、ここにピッタリはまるスライド棚のようなものがあるといいなぁ…と思っていたのですが、なかなか見あたらず。スライド棚ってよく確認しないで買ってしまうと、DVDやBDが入らないものが結構あるんですよね。

そんな中、見つけたのがこれ:



DVDやBDが収納可であることが謳われており、幅、奥行き、形状はまさに求めていたものそのもの。但し、高さが高すぎます。この半分の高さでいいんですが、そういう商品はありません。

仕方がないので、このキットを購入して、自分で高さを半分に詰めることにしました。


5D4B0295

到着後、工作過程の写真は省略(ぉ
半分の高さにした後の姿です。


5D4B0299

左に積んであるのが余った部材。これで何か別なものが作れそうな気がしますが…。


5D4B0303

クローゼットにピッタリです。工作と整理に休日の半日を費やしましたが、納得の収納状態になりました。

実際にはいままで入っていたものが結構入らなくなっていたりするんですが、そういうものをこれを機に断捨離するのも悪くありませんしね。むしろ「見たくても面倒で取り出せない」映像ソフトとかに簡単にアプローチできるようになったのが良いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
キヤノンオンラインストアの期間限定ポイントが期限切れ寸前でも何でもありませんし、どこのでも良くないプロテクティングクロスでキヤノン純正のCanon PC-E1を買ってみました。

最近一回り小さいPC-E2というのもあったみたいですけど、寸法を検討した結果、PC-E2ではフルサイズEOSのレンズ付きは無理だという結論に。EOS Kissとかならいいんでしょうけど。


DSC08005

で、大きい方のPC-E1です。
春先にカメラ1台だけ持って出掛けることが時々あり、欲しくなりました。
EOS 5D Mark IV + EF 24-70mm F/4L IS USMだと、フードを逆付けにしなくてもくるめるのがポイント。


DSC08008

ポーチ(巾着)の方は出し入れは楽ですが、クロスだとちゃんとストラップが左右から出るので、肩から提げたカメラがクルクル回らないのがいいです。
さすがキヤノン製、ホコリが立ちにくいいい感じの生地を使っています。


DSC08021

EF 70-300mm f4-5.6 IS II USMを付けた5D4だと、さすがにフード正方向では包めないのですが…


DSC08023

フードを逆付けにして包むとこんな感じです。


DSC08038

説明書を読むと、レンズ単体を包むこともできるみたいです。

この折り紙のように包むという行為は、世界的には珍しいんでしょうね、たぶん。説明書も多言語でしたし、日本土産にもいいかも知れません(笑。


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
この情報は需要があるようなので、エントリーしておきます。土屋鞄のランドセルを6年使った劣化度の報告です。

まずはコードバン(艶なし)の2006年モデル。購入は2005年。女の子が使用。
通学距離は1〜5年生次が200mほど、6年生次が500mほどです。
カバーは1年生次だけ横浜市指定の黄色いカバーを使用。2年生以降はカバーなし。



女の子だからというのもあると思いますが、この角度、距離からだとほとんど劣化は見あたりません。




こちらからだと多少汚れや疲れが見受けられます。




背当ての汚れの様子。ノーメンテナンスです。革クリーナーなどでメンテナンスすればもう少し綺麗さは保てただろうと思います。




中身。こちらはどこまで詰め込むかにもよりますかね。それなりに汚れはありますが、機能的には全く問題ありません。




側面には多少角度によっては使用感が見受けられました。


次に牛革アンティークの2009年モデル。購入は2008年。男の子が使用。
通学は1〜2年生次が200m、3〜6年生次が500mほどです。
カバーは1年生次だけ横浜市指定の黄色いカバーを使用。2年生以降はカバーなし。





なぜか冒頭の赤いランドセルより綺麗。男子なのにおかしいな(笑。






これは学校のロッカーが金属製だったこともあると思いますが、金具の天面の塗装は剥がれています。




これもロッカー起因ですかね。角の革が剥がれています。




中身はこんな感じ。




金具の劣化具合。アンティークモデルなので元々真鍮色なのですが、思ったほど劣化や錆はありません。




下部の金具。こちらは多少錆っぽいものが見受けられます。




金具の動きは新品時よりさすがに軽くなっていましたが、マグネットとの併用でロックするので、機能的には問題はありません。


コードバンと牛革のモデルですが、いずれもその革の特性に従った劣化は見受けられますが、いずれも型崩れや機能不全はなく、設計および製造技術の高さを窺い知ることができます。6年経ってダメージ受けても、手にしてみるといいもの感が漂ってるんですよね。

使わなくなったランドセルはミニチュアランドセルに仕立て直しが可能だったのですが、最近終了してしまったようです。もっとも、他にもミニチュア化の業者さんはありますし、保管場所があるならそのまま取っておきたいところです。使い道はありませんが。


コードバンと牛革を6年使った様子を見ていると、土屋鞄のクラリーノでも充分だったかなぁ…という気もしてきます。でもクラリーノでもそこそこの値段がするので、あとちょっと出して牛革とか馬革…という気持ちにもなっちゃいますよね。(私が買ったときにはクラリーノが4万、牛が5万、馬が6万だったはず。)

今年はランドセルは先着順の争奪戦ではなく、5月15日までは「コードバン艶あり」以外のすべてのモデルが注文可能なようですね。良いことだと思います。(コードバン艶ありはやはり争奪戦なのか…)

そうそう、土屋鞄は店舗に行くと、お父さんやお母さんが自分のカバンが欲しくなるので要注意です。ランドセルは撒き餌カバン、罠ですからね!(ぉ



このページのトップヘ