クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
いまネットで冒頭23分が公開されてますけど、劇場だと全然迫力が違います。特に音楽の。ナラティブガンダムなんて骨組みだけのダサいデザインだと思っていましたが、ν(ニュー)ガンダム同等の機体で「不死鳥」を追おうと思ったらこうなるよね…という説得力を持った形で登場して、音楽とカット割りの相乗効果で高揚感がハンパないです。ブルーレイ買ってもあれ自宅で再現できる人はそう多くないだろ(;´Д`)


5D4C2268

内容はガンダムUCのサイドストーリーの域を出ませんが、非の付け所はありません。まさかガンダムUCを超える作画の戦闘シーン(冒頭部)が観られるとは思いませんでした。息切れか担当が変わったのか、後半の戦闘シーンはガンダムUC並みですが…。比較的自由に動かせる前半部分と異なって、後半部分は物語を収束させないといけないので、モビルスーツの動きの伸びやかさに差が出てるのかも知れません。

初日のレイトショー…170席ほどの比較的小さな劇場で観ましたが、主におじさんで(自分含む…笑)満席でした。

期待していなかった分、満足度はとても高かったです。



ただ、このPVは面白さ3割増しかな…(笑。
ミスリードではないんですが、時系列と場面の比重の置き方が。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ガラスの話が続きます。
クルマ、2年半目ですが、初めてフロントガラスに飛び石キズがつきました。
2年半無傷だったのはまぁ上等と言えるでしょう。
そういえばスタッドレスの季節になると飛び石が増えるらしいですね。うっかりしていました。


5D4C2262

但し助手席側なので、まだ(私は)我慢の範囲内です。
えっどこにキズが?と思うでしょう?


5D4C2258

一番大きいキズが1mmくらいの、あと2つ、1mm以下のがあって、合計3個。


5D4C2246

12歳のムスコを助手席に座らせて、キズの位置を教えてやると、「知ってしまうと気になる〜!」とのこと。やはり気になる血筋のようです(笑。

酸化セリウムで磨いてもいいんですが、キズがなくなるくらいまで磨くと今度は像が歪んでしまうので、それはそれで不快な感じ。ガラスリペアキットが使えるほど大きいキズではないし、これくらいのキズが一番どうしようもないんですよね。

自動車保険で直すにしても今は1等級ダウンになるよう改正されてしまったので、あまり小さなキズでは割に合いません。

普段誰も座っていない助手席側だし、放置決定ですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
通年結露していた自宅の合わせガラスを交換しました。

5D4C2236

すっごい綺麗に。新品みたい。(新品です。)

ガラス屋さん曰く、交換前の1999年頃の2枚合わせガラスは世に出たばかりだったため手作業で組み立てられており、このように15〜20年程度で内層の気密性が保てなくなるケースがあるとのこと。現在は機械で組み立てられており、不良の発生率も感覚的に1/10程度になった印象なのだとか。(あくまで印象)


5D4C2265

にしても、重量は42kg…アルミサッシ合わせると50kg近いはず。大人2人で持てる限界重量であり、最新モデルでは3層60kgにもなるためクレーンの出番になるそうです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ついに「動くガンダム」に具体的な計画が…

スクリーンショット 2018-11-21 23.45.41

しかも横浜。感無量です。

とはいえ、場所は山下埠頭。一般的には入れない場所です。
どうやってそこを観光地化するんでしょうか。

ヒントは「FACTORY」という名前にある気がします。
すなわち、屋内展示なのではないかと。

今までのガンダムは法的には「建築物」であり、それゆえ高さが変化することは許されませんでした。お台場のユニコーンの脚が伸びないのはこのためです。

しかし少なくとも歩かせるとなると(歩かせるとは公式は一言も言っていませんが)高さは変化します。建築物とはなり得ません。

一方で山下埠頭。とても強い風の吹く場所です。歩いている途中に突風で転倒など許されない話でしょう。

そこでいくつかの案が考えられます。

1.右足は床に固定。
2.屋内展示。
3.上記1,2の合わせ技。

上の写真がヒントと言うことなので、右足は床に固定で、左足を一歩踏み出す。または右足を立てた「立て膝」の姿勢から立ち上がり、左足を一歩踏み出すシーケンスを披露するとか。それくらいならできるでしょう。まさかエヴァよろしく、転倒防止を兼ねてアンビリカルケーブルが出てるなんてことはないでしょうが…。

しかし本当に転倒防止となると、天井からワイヤーで吊るということもあるかも知れませんね。Factoryですから。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
夏に「峠の釜めし」を買いに行った際にツマが妙義山にインスピレーションを感じたようで、登りたいというので登ってきました。車で。ええ、頭文字Dの聖地、妙義ナイトキッズのホームグラウンドです。


IMG_2029

でも今回の旅の目的は溝走りとかドリフトとか ふざけるな死神!谷にかかる橋の上だぞ!ではなく、スピリチュアル的なもの。


IMG_2034

階段。


IMG_2035

とにかく階段。


IMG_2038

普段は動きの軽いムスコも四つん這い気味になってしまう急な階段。


IMG_2077

でも夏の富士登山で鍛えられた余力が残っているのか、私が家族で一番軽快に登れた気がします。


IMG_2088

秋ですねぇ。


IMG_2089

妙義山の次は折角なのでいつもの榛名湖に向かってみます。
ただ、車があまりいないんですよねぇ。皆さん、ディズニーランドで11時間並んでたってことでしょうか…。あまりにも車が来ないのでご覧の通りの写真を撮ってしまいました。


IMG_2099

榛名湖は以下略で、ディーズガレージには峠の釜めしのところにあった(?)シルエイティが置いてありました。


IMG_2027

峠の釜めし、前回は2つを家族4人で分けて物足りなかったのですが、今度は「おぎのや」のイートインコーナーで1人1つ(私は群馬料理の「おっきりこみ」もつけて)頂きました。満足です。


伊香保温泉前と帰りの花園あたりで道が混んだ程度で、ほかは観光客も少なめで、快適に楽しめました。

写真はすべてiPhone XS。たまーにHDRくさい絵が鼻につくこともありますが。
α6500も持っていったのに出番なし。まずい…。

  

このページのトップヘ