クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
docomo iPhone 7を売却したdポイント 26,000ptが還元されました。契約のときの5,184ptと合わせて31,184ptもあるわけですが、さすがにローソンやマクドナルドでは使い切れません。何かいい使い方はないものか…と探したところ、Amazonで使うという方法を発見しました。

手順はやや複雑ですが、以下の通りです。

1.dポイントプリペイドカードを発行する(無料、2週間程度)
2.dポイントプリペイドカードにdポイントをチャージする。
3.Amazonでクレジットカード払いでdポイントプリペイドカードを使う。

dポイントプリペイドカードはマスターカードのクレジットカードとして機能するので、こういうことができるわけですね。au WALLETみたいなものですね。

5D4C1868


ただ、いくつか注意点がありまして、

・「期間・用途限定ポイント」はチャージできない
・月間10,000ptまでしかチャージできない

という制限はあります。まぁ5,184ptの方はマクドナルドなどで使うか…。

dポイントカードは簡単に偽造が可能なので(公式も否定しておらず、対策もしていない)、貯めておくとろくなことがありません。さっさと使ってしまうに限ります。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
母の「らくらくホン」F-01Gが購入から2年9ヶ月で壊れました。その前の機種は9年持ったので、ずいぶん短寿命です。ハズレ個体だったか…。

症状は「時々圏外になる」というもの。
いや、逆ですね。「時々しかアンテナが立たない」です。
ドコモのサポートにはSIMカード側が原因の可能性も示唆されましたが、窓口で診てもらったところ本体側がダメだそうです。

IMG_1827

ドコモショップには高齢の母が1人で行ったのですが、高齢者が一人で行くといいカモですよね。勝手に色々契約変えられて、iPadまで契約させられちゃうとかよく聞く話ですよね。

ただ今回は「修理依頼」なので、大丈夫かと思っていたんですよ。
修理依頼ですから、普通の。

そしたら見事にやられました。

・修理ではなく、買い換えを勧められる。
・料金プランを勝手に変えられる。
・ケータイ補償サービスに勝手に加入させられる。


しかも料金プランなんか、ネットで確認したところ(母のdocomo IDは私が管理している)、当初1ヶ月だけ「カケホーダイ」で契約させられて、翌月から「カケホーダイライト」に契約変更予約が入っているという凝り方。いままでもう新規では契約できない最安の「プランSS(980円で月額1,000円分!の通話権つき)」だったのに、勝手に変えられてしまったわけです。もちろん母は同意したわけですけど、高齢者相手ですからね。

殺る気満々で母が行ったドコモショップにTEL。最初からテンション高くすると相手も警戒するので、最初は腰を低くして尋ねます。

「先ほどF-01Gの修理で伺った高齢の女性の息子ですけど、なになされてるんですか?」

…いかん、これでは敵意むき出しだ。
まぁいいや、相手の説明を聞こう。

・修理ではなく、買い換えを勧められる。
→修理は最大7万円ほどかかるケースがあり(水没判定されたときか)、後述の方法での買い換えはリーズナブルと考えることもできる。まぁ7万はせず、せいぜい1.5万だと思いますが。

・料金プランを勝手に変えられる。
→新らくらくホン(フィーチャーホン)F-02Jは、本体価格4万円+契約事務手数料3千円ほどだが、「カケホーダイ」契約者には5千円の値引きをしている。「カケホーダイ」にすることで月額千円ほど上がるが、1ヶ月限定であるならば「カケホーダイ」に入った方が4千円ほど得である。
→また、毎月の月々割は「カケホーダイ」「カケホーダイライト」でないと適用されない。音声通話の使用状況から「カケホーダイライト」で充分だと判断したので、当初の5,000割引をゲットしたら「ライト」になるように契約変更予約をした。毎月300円ほど高くなるが、月々サポートが毎月-891円入るので、トータルでは-500円となりオトクである。(2年後からは損するが、それでも4年目過ぎまではこうした方が安いし、2年後のフィーチャーホンの料金プランなんて分からない。)

・ケータイ補償サービスに勝手に加入させられる。
→これは母の好き好きですから私は異論はありません。私もApple Careに入るくらいですし。

となり、ドコモショップの陰謀でも何でもなく、ドコモ本社から与えられた条件の中でドコモショップなりに客のベネフィットを最大限に考えた結果と言えると思います。ドコモショップ、けんか腰で食らいついてすみませんでした。

まぁ田舎のショップなので、店員側もすぐ素性がバレてしまうので、ドコモの看板をしょっていても「あくどい」ことをすると暮らしていけなくなりますからね。田舎怖いぞ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
通勤でクルマを使っているので今年は冬タイヤを買おうと思い、オートバックスに相談に行きました。納期を左右する要因はホイールで、ものにより1日〜1ヶ月程度とバラツキがあるようです。チラシも貰ってきたのですがどうもピンとくるホイールがなく、ヤフオクでいま履いている純正のと同じホイールを中古で見つけたので、買いました。


5D4C1843

但しこれ、A3スポーツバック用ではなく、同じデザインのA3セダン用なんですよね。見た目はほぼ同じながら、スポーツバック用は6Jのインセット48、セダン用は6.5Jのインセット43なんです。(ちなみにA3スポーツバックの純正(OE)は6.5Jのインセット46です。)

まぁOEと3mm差なので計算するまでもないと思いますが、たぶん3mm外に出るはず…という目論見を確認するため、タイヤ計算ツールで検算してみます。インセットの大小がどっちがどっちだかたまに混乱することがあるので。


スクリーンショット 2018-10-14 22.14.07

セダンのホイールをスポーツバックに履かせると純正ホイールに対して3mm外に出るはずですが、計算上もPositiveと出たのでやはり外側に出るようです。良かった考えあってた(笑。

邪魔すぎて部屋に置いておけないので(会社の同僚にはテーブルにしろと言われましたが(笑)昭和かよ)ベランダにビニールかけて放置です。あとはオートバックスの混雑シーズンが始まる前に、適当な冬タイヤを注文すればOK。11月上旬頃までは粘れるかな。

でもスタッドレスの当年モデルって、ほとんど定価販売ですよね…。高いよなぁ…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iPhone XSの大きな不満、「画面保護フィルムを貼るとロック解除のフリックで指がフィルムのエッジに引っかかって気持ち悪い」という現象を解決するために、G-Colorという保護パネルを見つけたので買ってみました。


G-COlor iPhone XS

Amazonレビューで「純正ケースに干渉しない」とあったのが決め手になりました。なかなか純正ケースに干渉しないという情報って貴重なのです。3Dタイプ(エッジが丸い)だと画面をエッジまでカバーする傾向にあるのでなおさらです。でも3DタイプでなければiPhone XSの場合、指がエッジに引っかかる問題は解消されません。


G-COlor iPhone XS

立派な箱に入ったキットは至れり尽くせりで、位置合わせのガイド枠が付属する製品は他にもありますが、クリーニングクロスの他にアルコール綿まで入っていたのは驚きです。

例のクリーンルームで作業しましたが、ものの3分程度でフィルムからの張替えが完了してしまいました。

純正ケースに干渉させないことが最優先なので、製品付属の取り付けガイド枠は使わず、iPhone純正ケースをガイドにして貼り付けを行いました。


G-COlor iPhone XS

フィルムと違ってそこそこの厚みがあるので、画面から落下した際に純正本革ケースのエッジが守ってくれる可能性は低くなってしまいますが、そこは気持ち悪い操作感とバーター。


G-COlor iPhone XS

本パネルのフチは黒くなっているので「画面の表示範囲の一部が隠れてしまう」というレビューもあったのですが、確かに製品の作りからすればマスクされていてもおかしくはないなと思いましたが、違和感はありませんでした。むしろそれなりの厚みがあるので、斜めから見たときには完全に画面の端が黒フチでマスクされます。

iPhone XS上部のFace IDセンサーなどもすべて保護パネルで覆われてしまいますが、動作に支障はありませんでした。


G-COlor iPhone XS

問題の下端のエッジの処理はこんな感じ。明らかに段が付いているように見えますが、これで下からのフリック操作では全く指の引っかかりがありません。


G-COlor iPhone XS

何も貼っていないiPhone XSの気持ちいい操作感が復活して、一人でニヤけてしまいました。ようやく自分のiPhone XSが完成した気がします。

これは、満足度の高い保護パネルでした。
あとは使ってみて、どれくらい小傷が付くか、欠けが発生するかですね。

純正ケースとサードパーティの保護フィルムをお使いで、下からのフリックの「ザラッ」とした感触が気になる方、これはお勧めです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
すでにあちこちのサイトで触れられている(けど、気がつかなかった)ので、特にリンクは貼りませんが、簡単に言うとこういうことです:

・ドコモ料金(ドコモ光含む)の10%がdポイントで還元されるが、これは決済手段に関係ない
・ドコモ料金をdカードで決済すること自体には、dポイントの還元がない。
・ドコモ料金を他社のカードで決済することで、他社のカードにポイントが付く。

つまり私の場合、年間60,000円程度のドコモ・ドコモ光料金をdカードで決済しているので、これをヨドバシカードに変えれば、失うものが何もなく、年間600円分ほどのヨドバシポイントが貰えることになります。

但しdカードGOLDは申込時に「dカードGOLDをドコモ料金の支払いに利用すると1,000ポイントプレゼント」などをやっているので、最初はdカードGOLD払いにするのは仕方ないと思いますが、その1,000ポイントを取得したら他社のカードに変更してしまうのが良いように思います。

どうして単純に「dカードで決済したドコモ料金の10%を還元」にしていないのか謎ですが、おそらく法的な問題があるんでしょうね。

このページのトップヘ