クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
■土曜日

昼間でかかると思っていた用事が朝のうちに終わり、ムスコが下心満載で早めに宿題を片付けたこともあり、ムスコの期待通り「走りに行くか」ということでいつもの山へ。

5D4A4373

このあたりで展開されている「藤原とうふ店86」のレンタカーを借りてる方がいらして、見ず知らずの方でしたがご厚意でムスコが運転席に座らせてもらえて大満足。ありがとうございます。


5D4A4378a

あと全身つや消し黒でカメラを後ろにぶら下げたAudi A4が、キャデラックの走行シーンを撮影していました。松任谷さん探しちゃいましたけど。カーグラフィックTVじゃなかったかも知れませんが、同番組もこうやって撮ってるんだろうなぁ。


■日曜日

最近、セキュリティ的にモヤっとすることが立て続けにあって、監視カメラつけるか、ということに。もともと警察にも「この辺でつけてないの、お宅だけですよ」と言われていたこともあり。

5D4A4388

監視カメラってピンキリだと思うんですけど、一番高いのはSECOMとかの遠隔監視系の付帯サービス。年間運用コスト10万以上かかる。しかも機器代別途。ご近所さん(高齢者が中心)はこれが多いです。

その次はきちんとしたレコーダーとカメラをきちんとした業者に付けてもらう方法。工事費込みで20〜30万円くらいですが、月額料金はかかりません。

最後に、安いカメラをDIYで。6〜8万円くらい。これも電気代以外のランニングコスト不要です。

ここはコストと得られる情報のバランスを睨めっこすることになりますが、私はほどほどの情報で良いと思ったので、安いカメラをDIYでつけることにしました。

監視カメラって色んな名前が知られていないメーカーが参入していて、どれを選んでいいかかなり悩むんですけど、情報量はほどほどでも信頼性は譲れないところ。最低10年、できれば20年はメンテナンスなしで動いて欲しいと思ってます。

ですので、きちんと環境試験をやってそうなメーカー、アフターサービスがしっかりしてるメーカー、堅牢さを売りにしてるメーカーあたりがいいかなと、まぁ定番ではありますがPanasonicのを付けることにしました。

5D4A4406

まだ肝心の機器は買っていないのですが、日曜日は朝から家の外観を眺め、カメラを何台で網羅するか、どうやってケーブル引き回そうかと考え、ホームセンターで配線パーツを買い揃え、家の外壁から必要なケーブルを引き出したところで夕方になってしまいました。でもあとはカメラをポン付けするだけ、というところまではできました。いま外壁から100Vがぷらんぷらんしてます(養生はしてますけど)。イタズラすると感電するぜ。


5D4A4396

あとこの家を買ったときから気になっていた、掃き出し窓付近のフローリングの劣化(ザラザラしている)をなんとかすべく、ニスを塗り始めました。実は最初に「フローリングのつや出し剤」系を試してみたのですが全く効果がなく、ニスを試してみた次第。説明書によると塗る→磨くを3回繰り返せ、とのことなので、数週間かけてのんびりやってみる予定。とりあえず1回分は塗りました。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
マキタのクリーナーの様子がおかしくなった。
吸ったホコリが、盛大に紙パックの外に吸い込まれているのだ。

5D4A4365

ちょっと考えて、理由はすぐ分かった。


5D4A4367

どうも前回ゴミパックを交換したときに、このオレンジ色のパーツを捨ててしまったらしい。俺が。捨てるなって書いてあるのに。

交換部品売ってるかな…と検索して発見。

マキタ純正 バルブステーコンプリート ゴミストッパー スポンジ付き 新型 改良版

マキタ製の紙パック式コードレスクリーナにご使用いただけます。
従来品のバルブステー(141078-5)から本商品に付け替えることで紙パックとの隙間からゴミやホコリが漏れ出すのを劇的に軽減出来ます。
クリーナー中でホコリが飛び散らず、紙パックを収めるスペースが汚れにくくなります。

な、(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)
「劇的に」だよ「劇的に」!
いいね劇的。最近こういうこと言うメーカー少なくなったから惚れちゃう。


5D4A4370

改良版にはナイロン製のスポンジが付いている。
これで紙パックとの密着性を高める仕掛けだ。

そういうわけで意図せずしてグレードアップが図られた我が家のマキタのクリーナー。


5D4A4371

捨てるなって書いてあるのにな!



今現在はヨドバシの方が安いので、ヨドバシがお勧めです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
去る6月2日、かねてより申し込んであったフレッツ光からドコモ光への切替工事が行われました。とは言っても、ユーザー宅では何事もなかったかのように普通にネットが使えていました。

ルーターに設定してある、フレッツ光のID/PWくらい別のものに変わるのかなと思いきや、新しいID/PWが送られてくる訳でもなく、今までのものをそのまま使っています。

「フレッツ光メンバーズクラブ」のWebページにログインできなくなったことだけが、今のところ唯一の「フレッツを確かに退会した」しるしです。

20
回線自体の速度を測ってみるとこんな感じ。プロバイダ経由の実効速度だと110Mbpsくらいになりますが、充分速いです。一時期の「遅い!」という不評がウソのようです。

あまりにも呆気ないしやることもないので、手慰みに自宅の機器一式を再起動してみました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
DSC07886

バージョンアップ依頼を出していたTouitですがあとから来たのに追い越され(水戸黄門)たりもしましたが、戻ってきました。


問題の不具合現象ですが、

DSC07695

通常ならこうなるはずのカットが…


DSC07696

時々こうなってしまうものです。
絞りf=4〜6.3で発生、他のパラメーターには依存性はない感じです。どうして今まで気がつかなかったんだろう…α6000側のバージョンアップを最近やったばかりなので、もしかするとそれと関係あるのかも知れません。絞り条件が上記の範囲内なら、発生確率は1/3くらいです。


DSC07350

この現象に気がついた1枚目のカットはこれなんですけどね。黒っぽい被写体だったので下部の黒帯に最初気がつかなかったんですが、あとでよく見て「んんん!?」と。このカットなんかこれ1枚しか撮ってなくて、しかも包装袋は開封してしまったのでもう一度撮ろうにも撮れないという。私が一番嫌いな「ここぞと言うときの信頼性が低いカメラ」に該当してしまったので、Eマウント一式手放してしまおうかと思ったくらいです。

ただ、この現象はTouit 1.8/32でしか出ないので、まぁ冷静に考えればTouit 側が原因かなと見立てていました。


5D4A4352

ツァイス社への送付はレンズ本体のみをマップカメラのテープが付いたプチプチで包んでヨドバシドットコムの箱に放り込んで「はこBOON」で送ったので、597円でした。小さいのとか、軽いのは、はこBOONがとても有利です。そういえばはこBOONってクロネコの撤退で終わっちゃうんですよね。ただ、ヤフオク市場は大きいので、代替サービスは出てくると思いますが…。

閑話休題、案の定、戻り側の送料は無料でした。いい会社だ。


DSC07922

戻ってきたレンズで試写してみましたが、不具合は直っていました。


24

不具合が出なくなったのはもちろんですが、連写中のホワイトバランスも安定したような気がします。


5D4A4359

どうも聞くところによるとTouit発売時はまだソニーからレンズ側バージョンアップの手順が入手できていなかったそうで、ということは、バージョン表示がされるようになったのと同時に、次からはXマウントのように自分でできるようになったと言うことでしょうか?

あ、ちなみに、ファーストハイブリッドAFにも対応したので、AF時の無駄な動きが少なくなりました。これもいいですね。NEX-6からα6000に買い換えたときも速くなりましたが、さらに速くなりました。

ツァイス社の方、ご対応ありがとうございました。



  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
例年通り、ATOK税の季節がやって参りました。
ATOK2017 for Mac 6/23リリース。
今年も買います。まだ、なくなったら困りますので。

44

今回の目玉は、ディープラーニング技術による「ATOKディープコアエンジン」とのことです。10年ぶりの変換エンジンの刷新とのことで、少し不安はあります。というのも、前回のエンジン刷新=2007年のATOK 2007で、一度明らかに変換精度がガタ落ちになったからです。

ただ今回、ディープラーニング技術を適用とのことですが、変換エンジン自体にはそれほど手が入っていないのではないかと推察します。と言うのも、ディープラーニング技術を変換エンジンそのものに組み込んだのではなく、「ディープラーニング技術で抽出した、日本語の特徴」データを組み込んだと言っているためです。従来からATOKは既存の大量の日本語テキストを学習データとして登録させることで変換精度を高めていましたが、ここにどこかのディープラーニングの機械学習ライブラリで解析させたデータを併せて組み込んだ、ということだと理解しました。つまり、ユーザーが変換キーを押す度にATOKに組み込まれたディープラーニングエンジンがギュンギュン動く、という仕掛けではなさそうです。というかそんな処理入れたら重くて大変です。おそらくですが、これにより大量の日本語テキストによる学習が大幅に省力化できてるんじゃないかと推察します。

なお、ATOK Passportユーザーの某氏に確認したところ、今現在でもPassport版のATOKではオフライン使用時に契約情報が確認できない旨のエラーが出るとのこと。24時間なり72時間なりの猶予を付けるだけでいいはずなのに、実装する気ないんでしょうね。従いまして、今回も数百円高いですが単体パッケージ版を購入したいと思います。というか買いました。本当はATOK Passportの2017年版のライセンス確認時の挙動を見てからの方がいいんでしょうけど、それを待っているとパッケージ版の事前予約10%割引+ポイント3倍の特典がなくなってしまうので。

あと少し期待しているのが、「変換精度を向上するはずの学習情報の蓄積が、場合によっては思い通りの変換を妨げていた事象を解消しました」という部分ですね。ATOKって使い込むほど誤変換が増えて、時々学習リセットした方が賢く使える印象があるので、それが解消されているといいなと思います。

このページのトップヘ