クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ホンダ、新型「シビック」(10代目)を今夏に日本で発売

おおお、国内投入来ましたか。
いやこれ、現物を海外で見てはいたんですが、予想通りかなり格好良かったです。自分はどうも「伸びやかなデザイン」系が好きなようで、琴線に触れました。



日本にはUK生産のハッチバックも導入されるとのことなので、後席居住性、使い勝手はそちらの方がいいかも知れませんね。しかしセダンの伸びやかなデザインもなかなか捨てがたい。

しかし、現物を見た際に、予想外の点、しかもかなり重要な点が目に付きました。
それは、「小さい」ということ。

伸びやかなんです。なんですが、ちょっと小さくないですかねこれ?
私が乗っていた5代目シビックフェリオと比較すると、ホイールベースで8cm、幅で10cm、長さで23cmほど大きくなっており、もはや別物級の大きさな訳ですし、むしろ2000年頃のアコードより大きかったりするんですが、デザインの妙なんでしょうか。第一印象は「うわ、ちっさ!」カローラサイズに見えてしまいました。これは一度試乗してみたいです…。

ちなみにこの10代目となるシビック、型名は「FC」だそうです。イニシャルDとかに出てきたらRX-7と紛らわしいですね(笑。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
バックパックがお揃いになることを心配している方がいらっしゃるようですが、太い三連星のうち少なくとも私は大丈夫なんじゃないですかね? というのも、昨年暮れに別のバックパックを買っているからです:

DSC07953

AMERICAN TOURISTER の AT-1596 というバックパックです。出張先で買ったので日本に導入されていないモデルだと思うのですが、日本のモデルだとこれに近いですね:



でもお値段は(1割引セール後ですが)8千円くらいだったんですよねぇ。サムソナイトのお店で買ったし、保証書も付いているので、偽物ではないと思うのですが、妙に安い。


DSC07955

緩衝材の入ったPCポケット付きのバックパックなのですが、大きさは15インチワイドの重量級WindowsノートPC(=演算速度の速いやつ)が余裕を持って入るサイズ。写真はMacBook Pro 13inchを入れたところですが、ご覧の通りスカスカ。


DSC07958

アメリカンツーリスタらしく、青い内張りがカッコイイです。


DSC07956

買ってから気がついたのですが、底面に何かクッションが入ってるなぁ…と思ったら、レインカバーでした。雨対策どうしようと考えていたので、これは嬉しかったです。カメラを入れることはあまり想定されていないメインコンパートメントですが、このレインカバーのお陰で底面に関してはある程度のクッション性が保たれます。

これを買ったいきさつですが、出張先で15inchの重量級ノート+ちょっとした測定機材(総計10kg弱)を持ち歩くのに、最初はサムソナイトの小さめのキャスターバッグを持っていたんですね。それで現地でしばらく仕事をしていたんですが、細かい移動が多く、キャスターバッグはどうにも取り回しが悪い。それで通りがかったサムソナイト店で店頭在庫に目星を付けて、実際に機材を入れてみて、いい感じに収まったのがこれだった、という訳です。近くにあったApple系オシャレガジェット販売店にも飛び込んだところ、同じ8千円くらいで似たようなバックパックがあったんですが、アメリカンツーリスタの方が少し大きく生地も良質でした。

サムソナイトの店なので、もちろんサムソナイトのバックパックも売っていたんですが、それは確かにモノは良かったんですが価格も日本円換算で2万円くらいしていまして。ちょっと出張先でぽっと買うには高すぎるなぁと。

ところで同じ機材を運んでいた同僚は3千円くらいの日本で買ってきたバックパックを使っていたのですが、機材の重量に耐えかねてショルダーストラップがほつれかかっていました。その点、アメリカンツーリスタはしっかりしていますね。

当初買う予定がなかったバックパックですが、気に入っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
そういえば数ヶ月前に出たEF 24-105mm f/4L IS II USMですが、かなりの人気商品のようで、店頭でもなかなか展示機を見かけません。旧型は性能の個体差が大きいモデルで、悪くない評判と悪い評判が入り乱れていました。私が持っていた個体はどちらかと言えばハズレ個体だったようで、その後 EF 24-70mm f/4L IS USMが出た際にその画質の向上具合に驚嘆したものでした。

近年、レンズ設計にはコンピュータシミュレーションが幅広く導入され、どのレンズも大きなハズレはなくなってきています。(その一方で、味のようなものは薄れてきていますが…。)EF 24-105mm f/4LもII型になって、もし性能向上が著しいようであれば、心中穏やかではいられません。

デジカメinfo:「キヤノンEF24-105mm F4L IS II USM は旧型から大きな改善は見られない」

…心中穏やかでいられそうです(ぉ

bye_EF24-105mm
(写真:旧型を手放したときのもの)


4.5倍ズームにIS搭載、広角24mm、フルサイズ対応となると、なかなか作るのが難しいのでしょうか。今回旧モデルと比べて少しサイズアップしたようですが、あまり性能向上していないとなると、そのサイズアップ分は個体差を減らすために使ったり、信頼性が向上していたりするのでしょうか。ISの効きは少し向上しているようですね。


Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS II USM (Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
出張先で快適に過ごすためには、できるだけ自宅と同じ環境・習慣をキープすることだと思うんですよね。自宅では普通のドルツを使っていますが、最近出張が多いので、ポケットドルツを買いました。



ポケットドルツの中では最上位モデルとなるEW-DS41、下位モデルEW-DS1Bとの違いは極細毛ブラシの有無ですが、マットホワイトの筐体が良くてこちらを選びました。まぁ実売で200円くらいしか違わなかったし。あれぇお揃いですかと思ったらEW-DS41ではなくてEW-DS14ですか紛らわしい。




現在ポケットドルツにはロングサイズ2モデルと通常サイズ4モデルがあり、ロングサイズモデルは1.2cm長くなっています。しかしながらロングサイズモデルでも通常のドルツと比べるとかなり短く、どうして使用中遊んでいるキャップ部分を持ち手に結合できるデザインにしなかったのだろうと不思議になります。剛性感を出せないんでしょうか。

電池がは単4電池1本ですが、アルカリ電池で1日1回2分使用で約3ヵ月持つそうです。割と立派だと思います。しばらく出張に行かない間の液漏れには注意が必要そうですね。




先にも書いたように極細毛ブラシにはあまり魅力を感じないので、交換時には下位モデルに装備されている通常のブラシに替えるかも知れません。

乾電池1本駆動なので家庭用のドルツと比べるともちろんパワーは控えめですが、それでも普通の歯ブラシよりは効率的に磨けます。重量なども勘案すると、持ち歩き用として悪くありません。


パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 黒 EW-DS41-W(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
武道館コンサートと学園祭コンサートの間の8年間のギャップを埋めるブルーレイがあることを知り、買ってみました。





…が、仕事の都合でお正月休みが極端に短かったので、見られていません。単なる購入報告です。

マクロスのリン・ミンメイって横浜中華街の料理店の娘という設定なんですよね。最近知ったのですが、中国語では「娘」って「お母さん」という意味らしいですね。「娘々」って別に娘のことを示しているわけではなかったんですね。


マクロスF 超時空スーパーライブ cosmic nyaan(コズミック娘) [Blu-ray](Amazon)

このページのトップヘ