クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
その後のFlashAir W-04ですが…

DSC07946 のコピー

iOS用のKeenaiアプリを使ったところ、ちゃんと転送できました。但しWi-Fi接続先を切り替える手間が必要です。

一方で、MacOS X用のKeenaiアプリが、どうにもこうにもまともに動きません。再インストールした後、一度だけ動いたのですが、それも数百枚転送すべきところ数十枚で転送が止まってしまい、その後動かなくなってしまいました。これもiOS版同様、Wi-Fi接続先を切り替える手間が必要です。

転送自体はEye-Fiより数倍速いので、Wi-Fi接続先を切り替える手間があったとしても、Eye-Fiの代用としても良いかな?とちょっと思いましたが、MacOS X版のKeenaiアプリがこんな挙動不安定では台無しです。(サードデベロッパーのアプリにもいいのありませんしねぇ…)

それと、Eye-Fi譲りの電源管理機能を持っているということですが、EOS 5D Mark IVで試したところ、転送中の電源ON状態は維持してくれますが、逆に転送が終わっても電源が自動で切れないのですが…。

そんなわけで、W-04の登場でKeenaiアプリがアップデートされないか、またはサードデベロッパーで良いソフトが出ないかもう少し見守りたいですが、まぁ普段常用できるものではないですね。頃合い見て手放してしまうかも…。ちょっと勝手に期待していただけに、残念です。





  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
中国出張でうっかりWeb版で見逃してしまった「青ピクルスがやってきた回」が収録されているということで期待しましたが…

5D4A4711

最終巻って聞いてないよ!!


5D4A4712

えー、出版ペースが上がってきたなぁとは思っていましたが、まさかWeb版にも載っていない話まで進んで終了とは…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Eye-Fiの技術を取り入れた昨日発売の東芝・新FlashAir W-04を買ってみました。

5D4A4438

EOS 5D Mark IVに入れてみましたが、当初EOSメニュー内のEye-Fiの項目が出てこず焦りましたが、どうもEye-Fi互換機能はデフォルトではOFFになっているようで、東芝のFlashAirToolで初期設定するとカメラからEye-Fiとして認識されました。

ただ、残念なのがEye-Fiの技術を取り入れたと言ってもそれは電源管理だけで、Eye-Fiのように「家庭内Wi-Fi網のルーター経由での画像取り込み」ができません。どうもMac/PC側からWi-Fiの接続先をFlashAirに切り替える必要があるようです。となると、Mac/PCのネット接続をWi-Fiに頼っている場合、FlashAirに接続するとインターネット接続が使えなくなってしまうのですが、そこはFlashAir側にネット接続をブリッジするという手の込んだ仕組みが組み込まれていて、予め FlashAirTool で自宅のWi-FiのSSIDとパスワードを設定しておくと、Mac/PC側がFlashAirに繋がっていても、FlashAir経由でネット接続を維持することができます。

Mac側の転送アプリはEye-Fiから継承したRICOHのKeenaiアプリを使いますが、これが設定画面構成がEye-Fi Helperとそっくりで、本当にソースをそのまま流用していることが窺えます。

Keenaiアプリは一見500円/月の利用料がかかるように見えますが、試してみると500/月のクラウドサービスの契約は必須ではなく、無料で利用できるようです。アカウントを作るように要求されますが、必要なのは氏名とメアドと任意のパスワードだけで、クレジットカードは登録させられません。

とまぁ、ここまでは良かったんですが。

実はKeenaiアプリを使っても転送できないんですよねぇ…。

FlashAir経由でのインターネットアクセスはできているので、FlashAirへの接続自体はできていると思われるのですが、KeenaiアプリがFlashAir内の写真を引っ張ってきてくれません。

FlashAir側には写真をPush転送する機能はありませんので、Keeinaiアプリ側が自律的に引っ張ってきてくれないといかんともしがたいのですが。

うーん、何が悪いんでしょう。
もう少しトラブルシュートしてみます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
5D4A4412

Panasonicの監視カメラを買いました。コントローラー(ホームユニット)がKX-HJB1000-W、屋外カメラがVL-WD712K(台数は秘密)です。カメラは上位モデルにVL-WD813Kというのがありましたが、センサーライトは既に家についているし、外部ワイヤード連動センサーも不要なので、安いほうのWD712Kで充分と判断しました。さらに安いモデルにKX-HJC100K-Wというのもあるのですが、これは「堅牢」モデルではないんですね。紙カタログを見ると「堅牢」マークはWD712KとWD813Kにだけ付いているんです。自分はこのシステムに堅牢さを求めているので、KX-HJC100K-Wはないかなと。

余談ですが、この監視カメラシステム(ホームネットワークシステム)のWebページの作りがいまいちで、本当に知りたい情報になかなかたどりつけません。紙カタログの方が分かりやすいので、検討されている方は是非紙(またはPDF)カタログも参照されることをお勧めします。

25

なぜAE86…(ムスコ歓喜


購入状態では一般的なACケーブルが接続されているので、外に設置する前に宅内で試験運用ができます。といいますか、コントローラーは自宅のWi-Fiルーター経由でスマホと接続し(しかも外出先からもアクセス可能)、カメラはDECT 1.9でコントローラーとペアリングするという結構複雑な仕様なので、屋外取り付け前にきちんと一通り動作することを1週間くらい屋内で確認することにしました。屋外に取り付けてからトラブルシューティングとか避けたいですからね。

さて、自宅室内の床にごろんと転がしてある監視カメラですが(笑、子供たちはこれが何か、何ができるものかをきちんと理解しているようです。特に下の子はこれで私と話せることををすごく楽しみにしているようで(音声モニタリングや、通話機能もある)、学校から帰ってくるとまずちょろっとだけ宿題して、それ以降は長い間、カメラの前から離れようとしません。もちろんカメラの前に居続けられると「警戒モードON」ではガンガンと録画が行われてガンガンとスマホへ通知が来るので無視しているのですが、たまに出先のスマホからカメラ映像を覗くとムスコがカメラをずっと覗いていたりして、しかも話しかけていたりして、「淋しいんだなぁ…」となんかいじらしくなってしまいました。これ、私の体が朽ちて、意識だけが監視カメラの中に移植されて生き続けるようなデバイスができたとしたら、延々とカメラの形になった私に話しかけてくれるんじゃないですかね…? そんな錯覚をするような出来事でした。

宅内カメラなんて、なんかイヤだなぁと思っていましたが、特に外に遊びに行かずに自宅で淋しそうにしているムスコを見ていたら、宅内カメラも追加で欲しくなってしまいました。

このページのトップヘ