クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Canon TC-80N3というタイマー付きのリモコンレリーズがあってですね、タイムラプス撮影や星を撮るときの必需品なんですが、EOS 5D4にはインターバルタイマー撮影機能が本体に内蔵されたこともあり、このリモコンが死蔵品になっていたんですね。


A6500715

ところがEOS Rには5D4にあったインターバルタイマー機能が削除されてしまっています。よほどインターバル撮影して欲しくない事情があるのか、たいしてコストがかかるわけではないのにこの機能を省いてしまったのはキヤノンの徹底したヒエラルキー思想でしょうか。


A6500716

しかもリモコン端子がEOS Kissや80Dなどと同じ丸プラグ式。このあたりが5D4の代わりにはならない部分。角形コネクタのTC-80N3を接続することができません。

「有線だとッ!?似非リモコンなど、キヤノンのやることか!」(最新ガンハラ

いえいえ、たとえBTリモコンやスマホでレリーズできようが、現場で一番頼りになるのは有線です。


A6500717

そこでこのRA-E3。リモコンの角形コネクタを丸形コネクタに変換することができます。元々EOS 60Da付属品だったようですが、その後単品販売が始まった様子。


A6500719

角形コネクタの接続部分はこの向きで決め打ちで、回転などはしません。TC-80N3側のケーブルと、RA-E3側のケーブルの太さが対照的です。


A6500718

これでTC-80N3が使えるようにはなりましたが、やや時代が後戻りした感は否めません。

なんて言っといて、予定されているバージョンアップでサクッとインターバル撮影が機能追加されたりして。


Canon リモートコントローラーアダプター RA-E3(Amazon)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
実は今年の夏頃から四十肩だか五十肩だかになっておりまして、今まで背中のどこでも手が届いていたのに痛くて背中に手が回せなくなってしまいました。

そこに最近空気が乾燥してきて、背中が痒くなることが多くなったので、孫の手を買ってみました。300円くらいのものですが、ヨドバシドットコムなので現物も確認せずに買いました。


R01_1000

レビューでもそこそこ評価が良かったのですが、正直あまり期待していませんでした。


R01_1001

だってこの樹脂の先端部、ガッツリ背中を掻けなさそうじゃないですか。
先端が丸まってそうで。

ところがですね、この先端が…


R01_1005

凶悪なほど尖っている!!(;´Д`)
爪伸ばした孫じゃないですかこれ!

試しに掻いてみましたが、うひょー!軽い力で痒いところにピンポイント攻撃!
伸縮機構も良い意味でスムースでなく、掻いているときに縮んでしまうこともありません。

これやり過ぎると肌にキズがつくので、またあとでそこが痒くなると言う無限ループに入りかねないですね…。でも評価が高い理由が分かりました。これで充分です。無限ループに突入しないよう注意して使いたいと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
EOS Rの充電器LC-E6が、5D Mark IVのものと仕様が異なっていることに気がつきました。

A6500702

どうも調べてみると、6D Mark II(2017年)付属品から仕様変更されていたようです。省エネ化しているようですが同時に出力もダウン、でも公称の充電時間は変わらないようです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今までのEOSと挙動が違うため初期不良かどうなのか悩んでいたEOS Rのシャッターが意図せず2回切れる問題(いわゆるシャッターボタンのチャタリング)ですが、実は高確率で再現させる方法を編み出しました。それを某量販店の店頭展示機で試したところ1ショット目から現象が発生したため、EOS Rとはこういうものだという結論に達しました。(カカクコム掲示板にも「交換しても同じだった」という書き込みがあり、これは使用者側のクセであることが多いです。)


A6500706

再現のさせ方を以下に記します。

(1)息を止めてそっとシャッターを押す場合を想定。
(2)シャッターボタンをゆっくり静かに押す。
(3)AFが動作する。(正常)
(4)さらにゆっくり押し込んでゆくと、シャッターが切れる。(正常)
(5)シャッターが切れたところでシャッターを押している指を保持すると、
   複数回シャッターが切れることがある。

通常、このような現象を避けるために、シャッターボタンにヒステリシス(スイッチがONする位置とOFFする位置に差を設けて、チャタリングを防止する)を設ける筈なんですが、キヤノンに問い合わせたところそのあたりの仕様は以前のEOSから変わっていないとのことなので、それが本当だとすると以前のEOSはミラーアップに要する時間や、ライブビューでの連写性能の遅さに起因して、たまたまチャタリングが防止できていたのでは?という気がしてきました。

EOS Rはミラー駆動なしにテンポ良くシャッターが切れますので、シャッターボタンのチャタリングが目立つようになってしまったのかも知れません。

まぁ慣れるしかないですね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
EOS Rは、Eye-Fiに対応していません。メニュー項目にもありません。
その代わり、本体がWi-Fiに対応しています。しかも5D Mark IVのようなスマホ転送とプロ向け(FTP転送)に振った仕様ではなく、普通にパソコンへの取り込みがワイヤレス化されています。


スクリーンショット 2018-12-10 23.06.14

Image Transfer Utility 2というソフトを使うのですが、システムに常駐し、EOS Rがパソコンと同じWi-Fiネットワークのルーターの圏内に入ると、自動的に転送が始まります。


スクリーンショット 2018-12-08 20.38.58

今のところ安定性もすこぶる良好。Eye-Fiのような気難しさ(転送が始まらないときは数ショット撮ってやる必要がある)は感じられません。

Keenaiも終了してしまったし、これでEye-Fiカードの制約から解放されたので、SDカードも性能のいいやつを奢ってみるかな。


このページのトップヘ