クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
AUGM Tokyo 2017に参加してきました。
話のネタは多岐にわたるのですが、やはりAdobeの見解を聞かない訳にはいかないでしょう。

先日のアップデートで、従来のLightroom CCがLightroom Classic CCに改名されてしまい、クラウドストレージベースの全く新しいアプリがLightroom CCという名前でリリースされた件です。

DSC08395-復元

アドビ・マーケティング本部から営業戦略本部に異動になった西山氏からの説明を聴きました。

新しいLightroomのターゲットは、ズバリ、こういうお客さんなのだそうです:

DSC08404-復元

ああなんかこのスライド見て、一瞬で理解できました。
そっち目指すんですね。

従来のLightroomのお客さんは先細る一方ですからね。一眼レフカメラと同じで、そちら方向に未来がないのは分かりますがけど、既存ユーザーの切り捨てられ方ハンパないなと。長く使ってきたユーザーに対するリスペクトが足りないんじゃないでしょうか。米国では「Classic」というのは必ずしも悪いイメージではないと力説されていましたが、レトロモデルを「Macintosh color classic」とか、HDD付きの最終モデルを「iPod classic」と名付けたのは米国の会社じゃないんですかね?  本国の本心をオブラートに包んでユーザーと対峙しなければならない日本法人の辛さは痛いほど伝わりますけど。

名前変えても当面継続するからいいんじゃない?と思う方も多いでしょうが、たぶんみんなイラッとしてるのは長年ユーザーやってきた方への扱いですよね。技術的な問題じゃなくて、完全に気持ちの問題です。他社の例ですが、SIGMA社なら既存ユーザーに対してこんな扱いはしないでしょうね。

なお、新Lightroomの有料プランの上限であるオンラインストレージ容量1TBでも全然足りないユーザーとして西山氏から名指しされ苦笑いの方はこちらです:

DSC08407

まぁこんな強い調子で書いてますけど、私の写真管理のメインアプリはMacOS XのFinder自体ですけどね…。サードパーティのアプリはApertureといいLightroomといい、こうやってデータや習熟度合いを人質にされて翻弄されるのがイヤなんですよね。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
けっこう露骨に違うんですよね・・・。
某友人クマさんも追試に協力いただいて(笑)製品個体差でないことを確認。


どうも。追試クマです。追試といっても赤点な訳ではありません。赤線のレンズの話です。

そのとき試した写真が残っていたので貼っておきます:


5D4A5876

EF 70-200mm F4L IS USMで、200mm域。
被写体までの距離は1.5mくらい。当然ノートリミング。


5D4A5875

EF 70-300mm F4-5.6 IS II USMで、同じく200mm域。
被写体までの距離は同じく1.5mくらい。ノートリミング。

サイカセンセが70mmで試されているので、私は200mmの方で(たまたまですが)。

最初この話を聞いたときには、どうせミリ単位の話でしょ?サイカセンセ細かすぎるんだよ(おまゆう)と思っていたんですが、試してみてあまりの差に驚きました。

なぜこうなるかは、本件についてキヤノンの副事業部長にインタビューを敢行した、ビデオSALON2017年11月号の「斎賀教授のアフターファイブ」にて。



Fairy Castle 完全生産限定盤 Limited Edition / ClariS (Amazon)
ビデオ SALON 2017年 11月号 [雑誌] Kindle版(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ネットのバナー広告でも目にした方も多いと思いますが、
湖池屋の「今金男しゃく ポテトチップス<のり塩>」を買ってみました。

5D4A6603

早速食べてみましたが、うーん…そんなに頻繁にポテチ食べる訳じゃないからというのもあるんでしょうが、普通の湖池屋<のり塩>との違いが分からない…。意識すれば少し甘いか…?という程度。芋の違いが、ポテチというジャンクフード加工法で飛んでいってしまっている感じ。一般的なポテチと比べて価格は通常の3倍ですが、量産型と3倍のうま差はない感じ。カルビープラスの揚げたてポテチを食べたときも思いましたが、普通のポテチがうますぎるんですよ。

味は<のり塩>と<うま塩>の2種類があるんですが、たぶん<うま塩>の方が芋の違いを感じられるんでしょうね。でも<うま塩>は昆布だしが入ってるんですよね。なんで芋で差別化しているのに昆布だしとか加えるかなぁ。単純な<うす塩>を作ればいいのに。もしくは<無味>でもいいと思います。純粋に揚げた芋。ポテチに1袋300円出す客層ってそういうの求めてると思うんですけど。

今度普通の<のり塩>と食べ比べてみます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ちょうど1年前のことです。生まれて初めて「太陽の塔」を観てきました。家族揃って車で。Mika Funakuraさんの案内で。2年間のリニューアル工事に入ってしまうと聞き、慌てて。リニューアル前の姿を一度見ておきたいじゃないですか。

今日時点でも工事には入っているようですが、足元に近づけないだけで、バリゲートは見た感じ2m程度の高さしか張っていないようですね。







夢に出てきそうなきれいな風景、絵はがきのような写真しか撮れませんが、逆に関東からぽっと出掛けてこれだけきれいな写真が撮れる機会も貴重なのではないでしょうか。








初めて見る太陽の塔に圧倒されて、ブログにどんな写真を載せたらいいんだろうと困っていたら、Mikaさんが「普通の写真は要らん!」とハードルを上げてくるので現像方法に悩んでしまい、1年経ってもまだ結論が出ていません。(ぉぃ。
RAWで撮ってきたので色々現像のし甲斐はありますが、自分の中で確たるビジュアルが湧かないので、すっかり太陽の塔に弄ばれてしまっている印象です。

Mikaさんにはお土産まで頂いて、色々ありがとうございました。リニューアルが完成したらまた観に行きたいです。

2016年の秋に後記に入って年間見られなくなると聞いたときにはずいぶん未来のことのように感じましたが、気がつけば再公開は来春らしいじゃないですか。工期は1年半に短縮されたということでしょうか。にしても遠いはずだった未来がもう来春だなんて、時間がたつのが早すぎることよ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
この秋は焼き芋にはまっていまして、週末ごとに焼いています。

最近、近所のスーパーで「べにゆうか(紅優甘)」という品種が8本350円くらいで手に入り、これがすごいコストパフォーマンスの高さ。それもそのはず、元々「安納芋」と同じ糖度を持つという「紅はるか」の、茨城県はJA行方独自ブランドが「べにゆうか」なのです。つまり甘さは安納芋と同等と言うこと。それでいて1本の大きさは安納芋の2〜3倍はありますので、食べ応えもあります。

子供の頃に母がよく蒸してくれた「蒸し芋」は全然甘くなくてパサパサしていて、マヨネーズを付けて油分と旨味分を補給して何とか口に押し込むようなものでした。それで一時期サツマイモがすっかり嫌いになってしまっていたのですが、最近のサツマイモの品種改良には目を見張るものがあります。子供たちのおやつも自然のものがいいんだろうなぁという漠然とした気持ちもあり、注目するようになりました。

5D4A6601

テレビで見たのですが、どうもコツは低温でじっくり焼くことらしく、芋を洗ったらオーブンの過熱水蒸気モードで180℃にて50〜60分間焼くだけ。時間はかかりますが手間は全くかかりません。1時間後にはほくほく(個体によりねっとり)甘々の焼き芋の完成です。

子供の頃に芋ばかり食べさせられてイヤになった方も、最近のサツマイモは本当に美味しいものがあるので一度試してみては如何でしょうか。

ムスメなんかこれ弁当のデザートに持って行ってるんですよね。サツマイモをお弁当にとか戦時中のようですが、まるで時代が一周回ったようです。


このページのトップヘ