クマデジタル

迷ったら、高い方


  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ちょっと訳あって、複数のMac間のフォルダ同期機能を試したいなと、MacOS X Sierraで実装された同期機能を使ってみました。

MacOS X Sierra:「デスクトップ」や「書類」のファイルを iCloud Drive に追加する(Apple)

20

メイン機であるiMac側で現状の環境のまま機能をONしてみたところ、iCloudに600GBの容量が必要とのことで、まずは試しと2TBのプランを選択して有料契約してみました。

するとiMac上のhomeディレクトリにある「書類」フォルダが消え、iCloudへのアップロードが始まりました(デスクトップのファイルは消えませんでした)。1日放置してみましたが、アップロードできたデータ量はおおよそ30GB。この分だと3週間かかることになります。ちょっと試すには時間が長すぎるので、デスクトップと書類フォルダの総容量を180GB程度にして試し直しました。

その間にMacBook Pro側でも同じ操作を実行したところ…

52

デスクトップのファイルが、元々MacBook Proにあったファイルに加え、iMac側のものも表示されるようになりました。(一方、書類フォルダははこういう風に統合はされず、機種ごとの別々のフォルダがiCloud上に作られました。)

Appleの公式説明ドキュメントでもMacの個体ごとにフォルダが出来るような説明ですが、何なんでしょうかこれは。悪くはありませんが。

がしかし、機能をOFFにしてみたところ、

33

元々MacBook Pro側のデスクトップにあったファイルごと消えてしまいました!
(iMac側のデスクトップに移動してしまいました。)

まぁiMac側のアップロード側が完了する前にMacBook Pro側の機能をONしたのが原因なのかも知れませんが、びっくりしたなぁもう。まぁMacBook Pro側はあんまりたいしたファイル置いていなかったので、いいやもう。

さて、一旦アップロードが落ち着いてしまえば、普通に使えます。すなわち、ローカルマシンから書類にアクセスするときはhomeディレクトリではなくiCloud上の書類フォルダを参照することになり、デスクトップは特にiCloudを意識することなく今まで通り使えます。デスクトップに新しいファイルを置くと、自動的にiCloudにアップロードされます。

但し、テザリングで使っているときはうっかりデスクトップに大きめのファイルを置くと、思わぬパケットの消費がありそうですね。

ちなみに、ローカルのストレージの空き容量があるうちはiCloud上にある全てのファイルの実体がローカルにもありますが、ローカルのストレージの空き容量が厳しくなってくると、古いファイルから順にiCloudにしか実体がない状態になるようです。

このサービスのキモは操作感をできるだけ変えずに複数のMac間の同期がとれる点にあり、オフラインで使う場合にも配慮されています。2TBのファイルは月額1,300円(年額15,600円)、200GBだと400円(年額4,800円)。2TBだと外からアクセス可能な個人用のNASが買えそうな年間使用料になってしまいます。私の場合、本当は600GBをフルでシンクロしたいけど、高いしアップロードに時間がかかるしで、ファイルを厳選して200GBに収まるような運用を工夫してみますかね。


macOS Sierra パーフェクトマニュアル(Amazon)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
実質2,000円の望遠レンズを買いました。
ええ、8年前のEF 70-200mmに続き今回もサイカ先生をそそのかしたのは私です




実質2,000円と聞いてピンと来た方もいると思いますが、そう、大分県国東市のふるさと納税の返礼品です。賛否両論、趣旨にそぐわないという国の判断もあり、こういった換金性の高い返礼品は控えるよう指導が入り、国東市は返礼品からキヤノン製品を引っ込めました。これはその指導が入る前に納税したもの。




70-300mmって最初にEOS 100(フィルムの)を買ったとき以来で久しぶりに使うなぁ…と思ったら、EOS 100の頃のはEF 100-300mmでしたね。ワイド側に広がってたんですね。ISもついて、大ぶりに。でも得られる画質を考えたら充分コンパクトな部類。これ、Lレンズに迫る描写性能を持っているんです。




外観上の最大の特徴は測距窓が液晶になったこと。表示が思いのほか「うにょうにょ」と滑らかに動くので驚きました。ここに液晶を付けたところで撮影中に見えるものではないんですが、さらなる電子化を進めるに当たってきちんと数値化できていることを示すスタディ的な意味合いもあるのかも知れません。




EF 70-200mm f/4L IS USMと違って、ズームすると伸びます。そして防塵防滴構造ではありません。




EF 70-200mm f/4L IS USMと比較すると広角時(=沈胴時)はむしろ短いくらい。太さは少し太いですが、フィルター径は双方同じ67mm。でもレンズフードの互換性はありません。EF 70-300mmの方はレンズフードが別売なので、使い回しできると良かったんですが。

あまり人物とかはまだ撮っていないのですが、最近掲載した野辺山とかガンダムはこれで撮ったものです。






いくら設計が新しいとは言え、EF 70-200mm f/4L IS USMを脅かす描写とはなぁ…。
防塵防滴が必要ないなら、70-200mm f/4の半額というのはすごいコストパフォーマンスだと思います。


Canon 望遠ズームレンズ EFレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS II USMフルサイズ対応 EF70-300IS 2 USM (Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
このポスターを見たときにですね、

1499909651_10730718455966ce13a9695

Re:ゼロから始める異世界生活を使ったドコモ口座の広告もそうだったんですが、平服の男子に釣り合っていない女子の服、特に凝ったスカートの裾を見た瞬間に、ああこれは男子向けアニメかと直感したのですが、やっぱりその通りでした。これ女子が見ても見どころ1/5くらいなんじゃないかと思います。ちなみに私は原作は未見です。

なんつっても衣装のバリエーションが、ヒロインの「なずな」だけ私服、制服、スク水、浴衣、白ワンピ、シンデレラ、シミーズと圧倒的。なずなのお母さんは一着を着た切りスズメなのに!これだけでも何を目的とした映画かは(見終わってからですが)掴めると思います。

ただ売り込み方が「君の名は。」の路線だったので、カップルで見に来られていた方もちらほら見かけました。彼女側はリアクションに困るんじゃないですかねぇ? これをデートで見せられても…。

冒頭から美麗な花火の映像で度肝抜かれますが、花火のみならずハイレベルな写実的背景。そこにシャフトのキャラ。浮きまくりなんですが、そこで広瀬すず/菅田将暉の登用ですよ。この2人のアニメ声優離れした演技が、シャフトのキャラと写実的な背景を繋いでいたように感じました。これアニメ声優だったら完全にキャラが浮いていたと思います。特に2回ほどあるなずなの「何ででしょう?w」の「w」を含んだ発音のニュアンスはリアル女優ならではだと思います。

町並みに対して校舎がリアリティなさ過ぎという感想も見かけましたが、いや、ありますよああいうの。田舎にこそ、寿命で建て替えなければいけないけど、すぐ少子化で不要になるのは分かっているから、介護施設として転用可能な形状の学校とか結構あります。

逆に女子の制服のデザインがね、控えめにした方なんでしょうけどどうしてもシャフトっぽさと言いますか、上着の背中のリボンとか、白いスカートの前後に紺の布をリボンで結びつけた構造とか、これこそ「ねーよ!」と思ってしまいましたが(笑、まぁアニメの制服のデザインは20年くらい先を行ってますからね。そのうち実際に現れるのかも。

女性の友人が「制服なのに真夏にニーハイ!あり得ない!」と言っていたのを某所で見て、なるほどそこか!と感心してしまいました。確かに最近、うちのムスメも足首までの短い靴下を大量に買ってたわ…。暑いもんな…。

ストーリーですが、尺も短いのでキーとなる謎アイテムについては説明は一切なし、まぁ挙動を見てれば役割は分かるでしょ的な。タイムループも完全にスタート地点に戻る訳ではないので、涼宮ハルヒの「エンドレスエイト」のようなしつこさはありません。(学校での男子の議論のシーンのリピートのとこだけ寝そうになりましたが。)

複雑な家庭環境で育った不思議ちゃん(なずな)に翻弄される思春期の男子陣。主人公典道は次第になずなを意識するようになり、彼女との間に生まれる後悔をやり直すために、いくつもの世界線を繰り返しますが、なずなが以前の記憶を持っている場合と持っていない場合があるように見えました。このあたりの意味づけもあるんだと思いますが、1回見ただけでは何と関連しているのか理解できませんでした。

なずなが13歳という設定であることを知ったのは見終わった後ですが、なるほど、なずなの不思議ちゃんっぽい挙動はある種の幼さとあの世代特有の背伸びだったんですね。納得しました。最初から13歳だと思ってみていればもう少し没入感も違ったかも。ずっとウチのムスメと同じ15歳だと勝手に決めつけていたので(笑、オマエは何を言っているんだと脳内でグルグルしていました。

とにかく広瀬すずが歌う、松田聖子の「瑠璃色の地球」に全部持って行かれた感じで(笑、他にも楽曲はあるんですが見終わって脳内に残ったのは、なずなの「次はどの世界で会えるのかな」というシーンにかぶって「瑠璃色の地球」だったという。

タイトルの意味については、結局横から見た花火は全て真実ではなく、最後に下から見た花火だけが、最終的に典道の望んだ未来だったのでしょう。その後、典道が新学期早々行方不明になりますが、あそこはオフィシャルな解は存在せず、観ている人に投げたところなんでしょうね。

言われているほど悪い映画ではなかったように思います。
但し、男が一人で見に行くのであればという限定付きで。

余談ですが、いつもは桜木町のブルク13で観るのですが、最近イオンシネマみなとみらいだと駐車場が3時間無料ということを知ってしまい、そうすると1,300〜1,500円くらい違ってしまうので、もう車ではブルク13には行けない感じです…。画質はブルク13が圧倒的、音質はどちらも一長一短です。音響設備はブルク13の方がお金がかかっている感じがしましたが、ブルクは毎回音圧が高めすぎて、ポテンシャルを引き出せていない感じもします。それと何より、ブルク13だとほとんどの席に肘掛けが2つ付いてるんですよね…。



映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』オリジナル・サウンドトラック(Amazon)

瑠璃色の地球が単曲で買えるのか…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
我が家のガス栓がリコールに該当していまして、

「空気抜き孔付き機器接続ガス栓」 のご使用に関する注意のお願いと自主的な交換作業の実施について(PDFファイル)

上記PDFファイルに相当するDMは読んでいたんですが、長期出張帰りの手紙の山に埋もれていたので、斜め読みしかしなかったんですよね。そこで「問題ないか確認しろ」という手紙に読めてしまって、この手紙が来た人は全員交換対象だということを認識できませんでした。(よく読めば確かに交換すると書いてあるんですが。)

それで半年くらい放置していたら電話がかかってきまして、交換させろと。
えっそんな話だったんですか?と驚きつつも、工事してもらいました。


IMG_0037

これがリコールに該当するガス栓。


IMG_0038

左が新しいガス栓。右が取り外したガス栓。

新しいガス栓は引き出しの中のナベなどがぶつかって回らないよう、回転部分の凸部がなくなっています。ぱっと見た感じ、開/閉状態がとても分かりにくいです(特に実際に取り付けられる場所は薄暗いので)。回転フィールは少し軽くなりました。

あまりにも分かりにくいので、指示表示の「−」の部分を黒く塗っておきました。


折角ガス屋さんが来たのでファンヒーターもそろそろ12年経つので買い換えを考えている旨の話をしたところ、「この業務を行っている間はセールスの話をすることが禁止されている」とのことで、一旦作業終了を伝票を受領してからその話をすることに(笑。

正直なセールスさん曰く、「ガス自由化で東京ガスブランドのファンヒーターはなくなりつつあるので、普通にメーカー品のファンヒーターをヤマダ電機でお求めになるのが安いですよ、とのこと。もし東京ガスのお店で買うなら10月頃の「ガス展」で少し安くなるのでお勧めなんだそうです。

でも今年はムスメの勉強部屋用の何か暖房器具を買わないといけないから、ファンヒーターは来年以降かな…。


Amazon ガスファンヒーター取扱 20畳以上

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
どうもMountain Lionの頃から実装されていたようなのですが、ドラッグ中のスクロールってできるようになってたんですね。

Youtubeより:

動画はTrackpadですが、MagicMouseでも同じ要領で操作できます。
これは欲しいと思いつつも、つい今さっきまで使っていませんでした(ぉ

思い込みで「こんなのできない」と思っていたからなぁ…。

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)(Amazon)

このページのトップヘ