クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
駅前のピクルス取扱ショップをうっかり覗いたら、衝動買いしてしまいました…。




ポージングドールだと…!?





店員さん曰く「本日入荷しました」
これは運命としか言いようがありませんな…。

「プレゼントですか?」
「いや、自宅用で…」










大きさは、標準サイズのピクルスとほぼ同じです。




こいつ、動くz(ry




立った! 隊長!緑色のモビルスーツが(ry




ちょっとパッケージのイラストのポーズはできないんじゃない!?
顔があまり上に持ち上がりません。




パペットもなかなかでしたが、それを超える存在感です。




何かに座らせるときには、相性がいいです。




本当にバランスが取れたときだけ、立ちます!(笑
別売のスニーカーを使うと、本格的に立つのかも。


 




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
RGユニコーンガンダム ver.TWC[ガンダムベース東京限定・発光モデル]が完成しました。







ボックスアートはもうちょっと落ち着いたものにして欲しかったですが、ガンダムベース東京限定モデルは皆派手な箱なんですよね。でもこれは限定モデルの中でも格別にオモチャっぽい(;´Д`)




製作過程を少し。まず組立説明書で指示されているのは、未使用部品を撤去すること。同一形状の近い色の部品を間違えて付けないようにとの配慮です。にしても、可動式RGをベースにしているとは言え、これだけの余剰パーツが出るとは…。もう1体ユニコーンが作れるのではないかと思いましたが、さすがに無理でした。バンダイって以前、石油高騰のためとか言ってガンプラ値上げしなかったっけ…?

なお今回の限定モデルはお台場の立像を模しているので、武器は付属しません。ですので、シールド部品も捨てることになります。(シールドの部品も全部は入っていません。)




発光メカニズムであるFPCハーネス。フレキシブル基板に2色LEDが面付けされています。各LEDは透明な樹脂によるポッディングで保護されています。




通常、ガンプラは手足、胴体、頭を別々に作り、最後に結合させますが、このモデルは分離不可能な1本のFPCケーブルを全身に貫通させる都合上、FPCケーブルを包むように足→胴体→両腕の順で組んで行きます。




人型っぽくなってきました。ところどころ鋭角に曲げるところがあり、大丈夫かなぁと思ってしまいます。このあと腕とかの構造物を付けていくのですが、ポーズ固定式なので、お台場ユニコーンの建築中に見た骨組みに近い形状の構造物もありました。

こんな感じで組み上げて、所要時間は組み上げに6時間、シール貼りに2時間ほどだったでしょうか。スミ入れはタミヤのスミ入れ塗料(グレー)を使い、組みながら並行して進めました。




発光!まずは通常のNT-D発動時の赤色から。普通のRGユニコーンと比較すると、鼻のパーツが一回り小さい気がします。そのため、頬から顎にかけても盛大に光ります。元々RGのユニコーンはパーツポロリが少なめと聞いていますが、これは固定式なのでさらにポロリが少ないです。

裏塗装をしなくても光が透けない白いパーツというのは顔料の技術が必要で、PGユニコーンの開発時に確立されたようです。




そしてep.5以降でしばしば見られた緑色発光モード。
緑発光だと赤色時には光っていなかった目まで光っています。赤色だと光って見えないのは、おそらく目の奥に入っている構造体が赤色の補色の緑クリア色のためだからだと思います。なぜ緑色にした…? 普通のクリアにしとけば赤でも目が光ったのに…。




ガンダムとスタンドの接合部はこのようになっています。はめ込んでいるだけですが、結構しっかり固定されます。




電源ユニット。単4電池を3本使います。なお発光パターンは(1)赤明滅を20秒→緑 (2)赤明滅 (3)緑明滅 の3パターン。10分でオートパワーオフが働くので、安心して点灯しておけます。




スタンド裏に収納してあるケーブルが少し長めでスタンドを置く際に噛んでしまうので、余ったランナーを利用してごく簡単なホルダー的なものを仕込みました。この斜めの簡単な棒1本で充分用が足ります。スタンドの裏に、ちょうどランナーが差し込めるような穴が設けられてるんですよね…。(穴よりランナーの方が若干太いので、先端を少し斜めにカットして差し込んで接着します。)




煽り気味で取ってみました。実際の立像を見上げるときのイメージです。




こちら本物の立像。再現度高いですね…。ガンプラの方をもうちょっと角度合わせ込んで撮ってみましょうか…。




どうこれ(笑
黒バックで下からLED照明当てて16mmで撮影するだけでこの再現度!www
これがご自宅に置けるんですよ!




現物ではとても拝めない角度から。
そういえば今回のお台場ユニコーンは、建築中まで含めた写真集出ないのかしら。と思ってAmazon調べたら、何か出そうです。



これかな…?




15cmくらいのミニモデルとは思えないですね。おそるべしRG。
発光がここまで完成度が高くできてしまったら、次は効果音しかないんじゃないですかね…?

どうしよう。もう赤発光だけのPGでは満足できないかも(;´Д`)



こちらは通常モデル。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ATOK2018相当のTech ver.31がリリース。
ATOK 17が2004年だったので、そこから14年が経ち2018年にATOK Tech ver.31というわけです。

スクリーンショット 2018-06-08 23.30.30

変換エンジン「UP」とありますが、詳細ページには「ディープラーニング技術適用前のATOKと比較」で修復率35%アップ、誤変換30%低減とありますが、それはATOK2016との比較を意味するので、ATOK2017から比べてどれくらい賢くなったのかの客観的な情報がまるで公開されていません。つまり自慢できないくらいの些少な向上なのでしょう。

とはいえ、ATOKがなくなると困るのでATOK税を納めたいのですが、一方でATOK Passport=サブスクリプション認証の仕組みが「ある程度のオフライン環境を許容する」ようになっていないのが最大の不満なのも事実。その仕組みが改善されるか、ATOK2017が最新のMacOSで動かなくなるまではスルーします。

さてパッケージ版のATOK 2018が出ないので、Just my shopに貯まった1,871ptの使い道がありません(ATOK Passportへの使用は不可)。Just my shopで扱ってるものもダイソーかレアモノショップかといったもので全く食指に触れないので

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Adobe CC フォトプランの小売りが終了しています。
マジか…。


スクリーンショット 2018-06-11 22.52.48

当初「Amazonでの販売がなくなってる」という一報を花嫁家電女子から聞いたのですが、いやぁ、一時的なものでしょ?と思っていたら、あれよあれよという間にAmazonだけではなくすべてのリテール販売店で店頭から消えた模様。

年に数回のAmazonのセールでサブスクリプションを少しだけ安く買えるゲーム感がなくなってしまいました。

1TBのオンラインストレージなんて要らないのに、これ抱き合わせ販売の公正取引委員会案件なんじゃないかなぁ…と思いきや、ちゃんとAdobe直販だけでは残されてるので、「案件」じゃないみたい。

手持ちのデータを預けるには小さすぎるし、これ以上大きくてもネット回線の速度が充分じゃないしで、1TBクラスのクラウドストレージってあまり実用的じゃないんですよね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Canonの70-200mmの、f/2.8 と f/4.0 が同時に新しくなったそうで。

key-visual

自分としてはf/4.0の方に興味がありますが、口径が67mmから72mmへ、鏡胴もそれに合わせて太くなっていますが、重量は+20gに抑えられています。明るさは変わらないので、大きくなった分はすべて画質に振り向けられたと考えて良いでしょうか。絞り羽根も1枚増えて、手ブレ補正はついに5.0段分に。申し分ありません。(価格以外は。)


5D4B0440

ただ、ふるさと納税の EF70-300mm F4-5.6 IS II USM を入手してからというものの、手元のEF 70-200mm f/4L IS USMの出番が激減。今見たら防湿庫の一番奥にありました。前回本格的に使ったのは1年前の運動会かも知れません。防塵防滴が必要なケースでなければ、70-300mmもけっこうな画質なので使いやすいんですよね…。これだけ利用頻度が低いと売ってしまってもいいような気もしますが、手元から白レンズが1本もなくなるのも淋しいので、持っています。

ちなみにEF 70-200mm f/4L IS USMのマップカメラでの買取額は46,000円。リピート客の下取り交換なら+13%なので51,980円。新70-200 f/4が161,830円なので、差額109,850万円ですね。なんか最近、値崩れしにくい旧型を下取りに出しても、新型との差額が旧型購入時の価格くらいのケースになっていることが多い気がします。



このページのトップヘ