クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
NHKの番組「ドキュメント72時間 大空に飛行機を見上げて」で紹介された「成田さくらの山公園」に行きたい!という写真仲間からのリクエストがあったので、半地元民としては案内しないわけにはいかないだろうと、大人の遠足を企画して数名で行ってきました。

とは言ってもさくらの山公園はできた当初から通っているので、改めて写真を撮るのもアレだなと、昔ムスメが小さな頃に撮ったさくらの山公園でのビデオがいい感じだったなぁ…というのを思い出し、今回はビデオカメラを回しました。

ただ、ちょうどいいタイミングで滑走路が南側への離陸中心(さくらの山公園はA滑走路の北側にある)になってしまったりして、いまひとつ不完全燃焼。そこでFlightraderで着陸機が多く見られたB滑走路北側へ。こちらにも「十余三東雲の丘(とよみしののめのおか)」というビューポイントがあるのですが、そこではなく私が時々行っている畑の方へ。




B滑走路はLCCの比較的小型の機体が多く着陸するのですが、それでもこの迫力。ここは時々巡回の車両が回ってくるので、マナー良くしておかないと怒られる気がします(;´Д`)。あと農作業の方の交通の邪魔にならない配慮も大事。




これは私も今回初めて行った「東峰神社」。航空技術の発展を願って個人によって建てられた神社が、今や反空港勢力の拠点として利用されているというまるで「ティターンズのガンダムMk-II」を連想させる神社です。風向きによってはとんでもない写真が撮れることもあるのですが、この日はそういう風向きでもなく。ただ、そのヤバさについては「公安にマークされる」とか「クルマのナンバーを控えられる」とも言われており、実際この日も、しっかり出入りを見られていました。ここで何かあっても空港は責任持てない感じの場所ですね。



神社から振り返ると、来た道はこんなのです。普通じゃありませんし、フォトスポットとしては全くお勧めはしません。というか、今回の面子でなければ「やめとけ」って言います(;´Д`)。




あとは航空博物館ですね。昭和のノスタルジーが漂う感じの、ゆるい博物館です。空港南側にありますが、北側にある「さくらの山公園」あたりと行ったり来たりするのに距離が6km前後離れてるので地味に遠い(笑。

手前にある展示用のボーイング747は、なんかお刺身の「活け作りに添えられている頭」に見えてしまいます(;´Д`)




さくらの山公園に戻ります。ここには以前前から「野菜の直売所」があったのですが、少し前から一部エリアを区切って航空写真家のチャーリィ古庄氏のショップが開店していたようです。このショップができてから来るのは初めてですね…。航空グッズ販売とか、軽食などが楽しめます。

そのチャーリィ古庄氏のショップスタッフがやっているのだと思いますが、さくらの山公園には離着陸する航空機のガイドアナウンスが流れるようになりました。それによると間もなく総2階建ての超大型機エアバスA380が到着するものの、A滑走路が鳥群の侵入で使用できなくなっており、A380は遠回り旋回を続けているとのこと。とはいえA380が着陸できる滑走路は関東には限られていますから、どうしてもここ、成田のA滑走路に降りたいところです。

30分ほど待ったところでA滑走路が再開し、A380が降りてきました。さくらの山公園に、その大きさに驚く歓声が響きます。





これは上の動画(Canon HF G40)からの1カット切り出し。

朝から晩まで12時間近く成田空港の周りをぐるぐるするツアーなんて、同じような感性を持つ人同士じゃないととてもじゃないけど耐えられないと思いますが(笑、でもそういう人たちだったようで← 同行の皆さんには喜んで貰えて良かったです。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
…というのが開催されているとBさんに教えて頂いたので、観に行ってきました。

あの複雑な形状の立像にもプロジェクションマッピングができるようになったなんて、すごい時代になったものです。


ガンダムUCプロジェクションマッピング3

輪郭に沿ってマッピングとか、やることを考えると気が遠くなりそう(笑。
CADデータをフル活用してるんでしょうね。


ガンダムUCプロジェクションマッピング2

これ面白いです。プロジェクションによって本来動かない装甲が動いているように見える仕掛け。目の錯覚だと思いますが、こんなこともできるのかと新しい可能性を示してくれます。


ガンダムUCプロジェクションマッピング

フェネクス。元が白い機体ならではですね。



動画はAEオートで撮ってみましたが、善し悪しですね。どちらかと言えばAE固定の方が良かったかな…。

ダイバシティ近辺の屋外では他の音を出すイベントも同時開催されていて、ガンダムの音響がかき消されてしまうほどのビートにちょっと閉口しました。ガンダムだけの屋外じゃないとは言え、もうちょっと協調制御とかできないものですかね。

ガンダムへの映像投影といえば、数年前に発売された、「ハコビジョン ガンダム」を思い出しましたが、ちょっと原理は違いますかね。

 

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
2年ぶりの新刊、「よつばと!14巻」が昨日ようやく届きました。
発売の発表があって速攻予約した筈なんですが、うちの近くのAmazonは本やCDは日本郵便が届けてくれるので、休日や祝祭日だとタイムリーに届かないのです。

5D4B9799

サザエさんのように繰り返す日常でありながら、少しずつ時間は流れてるんですね。今回の巻ではよつばが少し女の子っぽくなってきた気がします。

昨日はムスコに占有されて先に読まれてしまったので、今日じっくり読みます。冒頭少し読んだ感じでは、セリフのないコマでの笑いの取り方が相変わらず秀逸だなぁということと、周りの大人がいつもと変わらず魅力的だということ。ああいう大人を演じて子育てしたかったな、とこれを読むとほろ苦い気持ちになります。

大人、子供、それぞれの視点で楽しめる作品だと思います。刊行2年ごとは長いですが、大量生産大量消費ではなく、じっくり練られるからこそこのクオリティなんだろうと思います。

そう言えば今東京駅のあちこちの柱(ぉ)で原画展やってるらしいですね。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Macお宝鑑定団Blog:「Apple、AirMacシリーズ製品を終了すると発表」

ああ、ついにこの日が来てしまいましたね。
「もうAirMacじゃないと耐えられない身体なのに、どうしてくれるの」という恨み節も聞こえますが、心配ご無用です。いまサードパーティの無線LAN機器は、恐ろしいほど簡単になっているのです。

たとえばバッファローのこれ:

47


SSIDの設定すらアプリいらずです。仮に別のSSIDを使いたいにしても、機器1台ごとにユニークなSSIDとパスワードが割り当たっているので、お仕着せのSSIDで良ければ設定する必要はありません。

あと設定するところは…ポート空け?それはUPnPがデフォルトで動いているから大丈夫ですよね。となると、もう設定するところはないでしょう。コードレスホンの設定にパソコンが必要ないのと同じように、無線LANの親機ももはやコードレスホンレベルと言っても良いでしょう。

Time Capsule は iCloudバックアップに移行しろってことですよね。Time Capsule 2TBを買う費用でiCloudの2TBプランが2年以上使えるので、そうしてくれ、ってことなんでしょう。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
3月末の子供たちが春休みの頃を狙って、広島方面に旅行に行ってきました。我が家ではツマしか広島に行ったことがなかったと言うね…。私も岡山と、九州は行ったことがあるんですが、その間の広島は行ったことなかったんですよねぇ…。

今回は原爆ドームとか、宮島とかにも行ったのですが、ここでは呉に行ったときの写真をご紹介。

まず駅前の「くれ観光情報プラザ」に行きます。
ここで「この世界の片隅に」のロケ地マップが配布されていると聞いたからです。




しかし、関係する展示物はあれど、ロケ地マップが配布されている形跡は見あたりません。




が、係の方に尋ねると出てきました。

しかしこのマップに掲載されている聖地エリアは意外と広く、バスやタクシーでないと網羅できない感じなので、ごく普通の観光コースに向かいます。






まずは大和ミュージアム。
正式名称は「呉市海事歴史科学館」。
写真は1/10スケール戦艦大和。




次は本物の潜水艦が陸揚げ展示されている「てつのくじら館」。
正式名称は「海上自衛隊呉史料館」。




中は、本当に潜水艦です。
説明の係の方も本当の乗組員の方なのですが、色々質問すると、楽しそうに説明される姿が印象的でした。潜水艦以外にも広い展示コーナーがあり。




駅前の一等地は、三菱日立パワーシステムズ(MHPS)が占有していますが、ここは何か見学できるところではありません。




観光船に乗って海からの眺め。この山の中腹の辺りが「この世界の片隅に」のすずさんが嫁いだおうちのようですが、道が細い住宅地なので、聖地巡礼はしないようガイドマップで呼びかけられています。なので、深追いはせず、雰囲気だけ味わってきました。

途中「海軍カレー」を食べて、これでおおよそ6時間といったところですね。聖地巡礼+普通の観光となると、1日では微妙に足りないかも知れません。


呉市は近年、観光に力を入れているようですが、その甲斐あって結構楽しめました。街で前を歩いていた大学生の観光客らしい男子2人組みが「オレ、大和ミュージアムに一日いられるよ〜」と言っていたのですが、好きな人にとっては本当にそれくらい見所が多いと思います。大和ミュージアムには大和以外の展示もあるので、「艦これ」のファンなんかにもいいかも知れませんね。

ここは私にとっていずれ再訪したい場所の1つとなりましたが、この夏に実写版の「この世界の片隅に」が放映されるようなので、それでまたひと盛り上がりがありそうですね。

このページのトップヘ