クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Audi A3 の2017年モデルが日本に導入開始。

17

マイナーチェンジと呼ぶには大きな変更。
2016年モデルとの装備、価格の違いを列挙してみます。

【モデル構成】
1.4TFSI、1.4TFSI COD(シリンダーオンデマンド)、1.8TFSI Quattroの3モデル構成だったが、1.4TFSIと2.0TFSI Quattroの、それぞれに標準モデルとスポーツモデルがある4モデル構成になった。

ここで、Sportsbackの標準モデルは、1.4TFSIで300万円を切る価格、2.0TFSI Quattro は400万円を切る価格となっており、とにかく一見で安くしたかったことが窺える。何と言ってもこの2グレードは、これだけ高い車でありながら標準装備はマニュアルエアコンなのである。


【装備変更点】
  • 標準モデルはパドルシフトなし。オプションでも選べない。
  • 標準モデルは「ストレージパッケージ」がない。何を指すかは不明だが、Audiの他の車の例だとネットやトレイなどが省略されている可能性。
  • アウディサウンドシステム(MMIナビを付けない場合、スピーカーの数が10個→8個となる)
  • セダン 標準モデルでスーパーウーファー廃止?
  • 標準モデルはマニュアルエアコン
  • レーダークルーズコントロール、自動ブレーキは全車標準装備(マイチェン前から継続)
  • アドバンストキーシステム A3ではopでも付けられず。S3の専用装備になる。(誤植の可能性あり)
  • 標準モデルではアウディホールドアシストがopでも付けられず。しかしDSGが改良された可能性もあり。



  • 【メーカーop価格変更】(標準モデルに装備する場合)
  • MMIナビ 31万円→35万円(但しアウディサウンドシステム、スマホインターフェースつき、Audi Connectは3GからLTEに)
  • コンビニエンスパッケージ 22万円→28万円(但しオートエアコン含む)
  • アダプティブクルコン 9万円→標準装備
  • LEDライトパッケージ 14万円→16万円(リアが流れるターンライトに)
  • セーフティパッケージ 13万円(車線変更支援、車線維持支援、後退時の車両接近検出、渋滞時の自動運転
  • バーチャルコクピット 4万円(意外と安い!?)
  • レザーシート 標準モデルでは選択不可
  • サンルーフ 全車選択不可
  • アウディマグネティックライド A3では選択不可(S3は可)
  • ボディ色 紺色がS3専用色に。(深緑青色(コスモスブルー)と、明るい青(マコウブルー / macau blue)はある)

    →コスモスブルー 大人っぽいいい色です(7万円)
    →マコウブルーは12万円

    2016-audi-a3-uk-launch-001
    コスモスブルー 写真:ENGAGE SPORT MODEより

    43
    マコウブルー (Audi R8 LMX) 写真:Audiカタログより


    【合計額比較】
    ≪2016年ベースモデル≫

    1.4TFSI 本体 303万円(スポーツバック(5ドア))、321万円(セダン)
    MMI(31万円)、コンビニパッケージ(22万円)、クルコン(9万円)、LED(14万円)、パールカラー(7万円)を付けると、
    386万円(スポーツバック(5ドア))、404万円(セダン)


    ≪2017年ベースモデル≫
    1.4TFSI 本体 293万円(スポーツバック(5ドア))、311万円(セダン)
    MMI(35万円)、コンビニパッケージ(28万円)、クルコン(0円)、LED(16万円)、パールカラー(7万円)を付けると、
    379万円(スポーツバック(5ドア))、397万円(セダン)

    セーフティパッケージ 13万円とバーチャルコクピット 4万円を付けると、
    396万円(スポーツバック(5ドア))、414万円(セダン)

    相変わらず目を皿のようにしてみると、Webやカタログの情報には矛盾点が見つかり、どれは真実なのかは注文・輸入してみるまで分からない、というのが輸入車の醍醐味ですが(ぉ、モデルチェンジで価値向上で若干の値下がり、でも魅惑のオプション(セーフティパッケージ、バーチャルコクピット)新設定で絶対額としては値上がり、というところですね。性能・機能が向上しているので10万円ほど高くなっていても納得の範囲でしょう。

    Audiの他のモデルが軒並み値上がりする中、このA3だけは相変わらず戦略的な価格設定がなされているようです。A3はCセグメント高級車の先駆けですが、メルセデスやBMWの猛攻でこのようにせざるを得ないのだと解釈しました。

    ドアパンチ対策 ドアパンチガード シルバ(白系) 片サイド  駐車場のドア傷(Amazon)




    • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    SONY SRS-X11を、出張中に中国のAmazonから購入しました。6千数百円だったと思います。


    DSC07801

    部屋で仕事をするときとか、休憩しているときとか、BGMやニュースを流すときにiPhoneの内蔵スピーカーでは聴き疲れするので、もう少し携帯に便利で音のいいスピーカーが欲しくなりました。ホテルの近所の電気屋も当たってみましたが、軒並み1万円以上だったので、そこまでは出せないなぁと中国のAmazonにトライしてみました。


    DSC07758

    お届けはホテルの自分の部屋を指定。所要は6日間でした。荷物が届いたとホテルのコンシェルジュから連絡がありました。日本と違いAmazonロゴの入った箱ではなく、ミニマムサイズの箱でした。ちなみに納品書はこれとは別に郵送されてきました。なぜだ…。


    DSC07761

    開封してみます。緩衝材は入っていません。


    DSC07764

    Sonyの透明の梱包箱は、一部割れて崩壊していました。日本なら返品ものですね(笑。


    DSC07766

    本体にもよく見ると少しキズがついていたりしたんですが、まぁ元からかも知れませんし、これからガシガシ使うのでまぁ良しとします。そもそもここで揉めたって帰国までに決着しなさそうですし。


    DSC07770

    取説は多言語対応かと思いきや、中国語オンリーでした。
    何が書いてあるか分からない…(;´Д`)

    USBケーブルとストラップが附属するのは、日本向けバージョンと同じです。


    DSC07832

    背面のコネクタはこんな感じ。本体印刷も中国語が入るんですね。「ADD」ボタンは、本機を2台使ってLとRに振り分けてステレオ再生することができる機能です。

    ただしこの機械、日本の「技適」を通っていないので、日本で使うと電波法違反になります。但し最近規制緩和が行われ、Bluetoothの認証が通っているもの(Bluetoothマークが付いているもの)は、日本入国の日から90日以内に限って使用が認められるようになりました。これは90日以内にまた中国出張に行けば(以下略

    さて、使ってみますが、WalkmanとのペアリングはNFC認証でワンタッチだし、iPhoneとのペアリングも特に難しいところはありません。音質ですが、f特はかまぼこ型で、音楽用というよりはラジオやポッドキャストなどを聴くのに向いています。音楽に使った場合ちょっと物足りないかなぁ。聴き疲れしない音ではあるので、BGMには向いていると思いますが。

    立方体で要所要所がシリコン素材になっているので、スピーカーを上に向けて置いてもビビリ音などは発生しません。こうするとフワッとした音の広がりが得られてますますイージーリスニング向きになります。

    実はこれに白羽の矢が立ったのは、日本で聴いたh.ear go(SRS-HG1)が驚くほどいい音だったからなんですね。あれがあの音がでるなら、これはこれくらい出るだろう、という目論見で選んだんですが、ちょっと音質的には期待値には届かなかったですね。どうも調べてみるとh.ear go(SRS-HG1)はソニーのあのカテゴリーの中で別格の高音質なのだそうで。なるほどなぁ。SRS-HG1が欲しくなりました。

    でもこれはこれで持って歩くのにも便利な大きさなので、電波法違反にならない範囲で使って行きたいと思います。





    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    通販で届いたものを開封せずに積んでおくようになったら、買物依存症らしいですね。まずいなぁ。

    そんなわけでお正月に注文していながら今頃開封した、欅坂46のジャケ写のメイキング話が掲載されているMdNと、H本こと「飛びこめ!!沼」です。

    5D4A1351a


    5D4A1352

    MdNの方は期待通りの内容で、とても読み応えがありました。たまたまなのかも知れませんし、フリーの仕事ってそうなのかも知れませんが、あまりきちんと要件を確認(擦り合わせ)しないで、お互いのエネルギーをぶつけるみたいなところがあるんですね。ちょっと会社組織が目指している方向とは全然違うので、未だにこういう仕事のやり方をしているチームがあるのかという新鮮さがありました。こういった仕事のやり方ではお互いが全力で相手の期待に応えようとするので、想像以上のものができるのかも知れませんね。

    SIGMAのH本(←ひどい言い方(笑)…ああでも作者さんがそういう話に持って行ってるから仕方ないですね(笑))も面白かったです。SIGMA(Foveon)に足を突っ込んだときの気持ちを思い出させてくれましたね。この本についてはついに社長の目にも止まってしまうし:



    あのタレントさんにも渇望されてるし:



    すごい注目度です。次号は必ずしもSIGMAに限らないとのことですが、楽しみです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


    銀座ソニービル再構築に伴いいままでを振り返る「It's a Sony展」、遅ればせながら行ってきました。写真順は概ねフロアの上から下へ、です。




    Rolly、「みんぽす」でレビューさせて頂きましたね。いきなり懐かしい。




    サイバーショットP1、結局いまのスマホカメラが全盛なのは、このP1がやろうとしていた、写真をシェアすることが簡単にできるからなんですよね。そういう意味ではこのP1で目指していたところは慧眼だと思いました。当時の自分には全く理解できない製品でしたが。




    クリポン。正式名称はClip-on。初代が218,000円だったと記憶していますが、コンセプトが受け入れられずに近所の電気屋で半額で売られていたのを買った記憶があります。今でこそHDD録画は当たり前ですけど、当時はリムーバブルメディアなしの録画装置はあり得なかったですよね。でもうちのツマなんかも、使ってみたらその利便性に手放せなくなっていた記憶があります。




    サイバーショットF505。当時自分が夢想していたカメラがほぼそのまま出てきたので、脊髄反射で近所のカメラ屋に発注しましたね。私のデジカメ初号機でした。




    紫色のパソコン、505。紫色だった理由の1つに「経年劣化が目立ちにくい」というのがあったと記憶していますが、その狙いは当たっていますね。ちっとも劣化しているようには見えません。これをバラしてみると、当時ソニーが得意としていた小型薄型化への執念を感じることができます。




    DATデッキの初号機DTC-1000ES。「私にとってはそう、昨日の出来事だ」とエルシャダイ風の台詞を語りたくなってしまうくらい、つい最近の製品に感じてしまいます。この頃のソニーって最初からすごい完成度で出してきてたんですよね。




    リバティ。レベッカが中にいるんでしたよね。ただこの手の「ミニコン(ミニコンポ)」って廉価版があって、それは積んである各コンポーネントが分かれているようで実は一体型というもの。フロントから見るといくつもの機器が重なっているように見えても、側面〜背面は1ケースになってる機種は、興ざめしましたねぇ。ロマンがないというか。




    その点、この機種はちゃんとセパレートでした。これ高いヤツだ(笑。
    まぁさすがにスピーカー背面までは手が回らなかった時代ですね。




    ミニコンポよりさらに小さいマイクロコンポ、PIXY(ピクシー)。
    独特のザラッとした塗装がされていた記憶がありますが、さすがにこういった特殊塗装は経時変化に弱かったようで、展示機も結構表面が荒れていました。




    のちに「ウオッチマン」という愛称が付く、携帯テレビシリーズですね。これは液晶を使わずにこれだけの薄さを達成しているのがポイント。カメラなんかでもある屈折光学系を使ってるんですね。少し前の家庭用インターホンもこの形式でしたね。




    パスポートサイズハンディカム、TR55。
    浅野温子をCMに起用して、これは爆発的にヒットしましたね。




    Walkman、型番は忘れましたが、私の弟がこれをおとし玉で買って、私も時々借りていた記憶があります。




    私の世代は真ん中のBHF〜UX,HF-Xのあたり。でもType III(DUAD)は電気屋でもほとんど見かけなかったですね。そもそも音質的にもメタル(Type IV)があるので、メタル対応デッキさえあればType IVが圧倒的でしたから、あまりType IIIを使う意味もありませんでした。新しいUXとかHF-Xのデザインは痺れましたね。

    ただ、Type IIだと、MaxellのUD IIというテープがすごく音が良くて、そればっかり使っていた記憶があります。それでなかったらメタル。




    これもソニーが最初から本気出しちゃったやつ。D-50。安いわ小さいわで、最初からこれかよ!と言いたくなるポータブル機。大学の同じ寮に住んでいたが買ってたっけなぁ。




    これ、レコードははみ出ているところもツッコミどころですが、あらゆる方向に置いても針圧を一定に保つ仕組みがなにげに凄いと思うんですけど。




    BCL機、いまでも無性に欲しくなると言うか、それをこじらせてIC-R20とか買ってしまうんですけど、いま見てみると憧れの対象だった大量のツマミ、ボタン、レバー類って、全然たいした機能ではなかったんですね。数の多さにはウットリしますが。




    ファインチューニングツマミ、懐かしい。チャンネルを回す部分ではなくて、その中央部分を横からつまんで押し込んで微調整するやつね。






    ソニー初のトランジスタラジオ、TR-55。前出のパスポートサイズハンディカムの型番はここからきていたと記憶しています。それと右側にあるトランジスタ、当時はトランジスタ1本に1個の個装箱があったんですね。これは知りませんでした。




    TOKYO TSUSHIN KOGYO…東京通信工業…これをSONYに改名するセンスがすべてだと思っています。東京○○工業って昔はいろんな会社があったと思うんですが、何故にそれに改名したし、という残念な事例を知っているだけに…。




    時代が青春だった。
    そう、青春時代は多少の間違いや、路頭に迷うことは許されるんですよね。




    これは盛田昭夫氏の弁ですが、ソニービルも、確信があって建てたわけではないことが解ります。




    憧れであり、愛されていて、常に何かやってくれると期待され続けるメーカー。
    そしてここに展示してあるもののほとんどは、いま「スマホ」1つに置き換わってしまいました。

    そんな状況で、もの作りの会社は今後どう自らを変えてゆくか。
    今後ここに作られることになる「パーク」は、作ってきたもののほとんどがスマホに呑み込まれてしまったソニーが、生まれ変わるための象徴となるのだと思います。



    アイコム コミュニケーションレシーバー IC-R75

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    今年の正月はお雑煮を食べる暇もなかったので、今頃作っています…。

    5D4A1171

    「魚は殿様に焼かせろ、餅は乞食に焼かせろ」

    乞食とか、そろそろ差別用語になったりするんでしょうか。
    餅、今日は上手く焼けました。乞食…?


    5D4A1175

    家庭の数だけお雑煮の味ってあると思うんですけど、それでも大雑把に言えば昨日のどん兵衛同様、関西風と関東風の2通りがあったはず。それが人材の流動化で関西と関東の境界が曖昧になり…。

    そんな我が家は、四角い餅に醤油ベースのつゆ、鶏肉、ネギ、三つ葉、なると、という具です。時々無性に食べたくなる一方で、すぐ飽きます(笑。


    お雑煮マニアックス (dancyu特別編集 プレジデントムック)(Amazon)

    このページのトップヘ