クマデジタル

迷ったら、高い方


  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
仕事で北海道に行ったので、ほんの数十分ではありますが、美瑛の有名スポットを回ってみました。絶対このチャンスがあるはずだと、大荷物にEOS 5D Mark IVを忍ばせていきましたが、大正解。




MacOS Xの壁紙にも採用された、通称「青い池」。壁紙で世界的に有名になったのは冬景色でしたが、これは夏バーション。温泉でこれに近い色合いのものがありますが、青く見える理由は同じ原理のようです。




通称「ケンとメリーの木」。説明によると土地の所有者である大久保牧場の先々代が1923年(大正12年)に苗木を植えたものとのことで、かなりの老木で寿命が近づいているとのこと。

美瑛町では「美しい田園風景を残すために」「一歩下がる気持ちが美しい風景を撮る一歩」と説いていますが、これもケンとメリーの木の最寄り駐車場からはかなり離れた場所から撮っています。




通称「セブンスターの木」。木の下で撮影しているのは、中国人カップルでしょうか。ここに目を付けるとはなかなかマニアックですね。




セブンスターの木から振り返ったところ。緑を愛でるには一番いい時期に来てしまったせいもあるかと思いますが、この景色を見て、ちょっと移住したくなってしまいました。

美瑛町って移住受け入れを推進しているんですよね。ということは、ここでも多聞に漏れず、過疎化が進行していると言うことですよね。

移住の前提として、「自力で稼げる」ことはマストだと思います。自営でも、ネットでも、美瑛ブランドの再構築でもいいんですが、誰かが仕事を用意してくれる訳でもないので、自分で稼げる能力と体力がまず必要ですね。

それと、1年のうち1/3くらいでしょうか、雪の中で暮らすというのも甘くはないのでしょう。私の前職の会社でも結構な人数の北海道出身者がいましたが、やはり関東に出てきたくなるくらい、生活が辛かったり、稼ぐのが難しかったりするのでしょう。

農業に手を付けたりすると、この風景も単に綺麗だなぁとは思えなくなってしまうのかも知れません。それ以前に私の場合、腰が弱いので農業なんてもってのほかですが…。

でも単に風景を見て、「ここに住みたいなぁ」と思ったのは初めてです。からっとしてひんやりした空気がまたいいんですよね。それに今の季節だと水道の水が充分冷たかったりして気持ちいいです。

移住って甘くないし、高齢になったときの医療とかどうするのという問題はありますが、そう考えると本当に高齢になったときには関東に戻ることを前提に、それまでの数年〜数十年間だけ移住する、という計画が現実的なのかも知れません。

子供たちもこういうところに住んだら、人生観変わるだろうなぁ。高校だって、ここから自転車で数分のところにあるんですよ。ここに住みながら子供たちを関東の大学に送り込む費用なんて「ぽっと出の移住者」に稼げるの?という根本的な問題がありますので、無難なのは子供たちが独立したあとでしょうか。そうなると定年後か…。いま住んでる横浜の土地を売却して住宅ローン精算してお釣りが出たとしても、介護が必要になったときに再び関東に戻れる資金はないだろうなぁ…。





とりあえず、これでも読んで、考えるか…。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
明日出張で国内線の飛行機に乗るんですが、それは夕方便で、その前にあちこちうろつかねければならないので、大荷物(作業服とか衣類とか安全靴とか、現地へのお土産など)を何とかしたく、「空港宅急便」を初めて使ってみました。

単にスーツケース(トランクバッグ)をクロネコさんの営業所に持ち込めばいいんだろうと思って、普通にそのまま持っていたんですが、窓口のおばさんに、

おばさん「このままですか?」

私   「このままとは?」

おばさん「普通はビニールとか市販のカバーとかをかけてくる方が多くて、うちでも何種類か袋は扱ってるんですが、こんな大きなカバンが入る袋は扱ってないんですよ」

私   「え、でもこれ、これから飛行機に乗せるんですよ。今回は国内線ですが、国際線に乗せることもあったし、国際線の扱いって結構ひどいじゃないですか。クロネコさんの荷物の扱いは国際線よりひどくないと思ってるんですが」

おばさん「航空会社でどう扱われるかは私は知りませんが、気にされないんだったら別にいいですよ、このままでも。気にされない方もいますしね。ただ布製ですしねぇ…さすがに水をかけたりするような扱いはしませんけど」

私   「結構このカバン、何回も飛行機に乗ってるんで…」

おばさん「空港はどちら?」

私   (カバーの話打ち切りかよ)「羽田です」

おばさん「でしたらこの書き方見て、この通りに宛先書いてください」と、書き方のパンフレットと、伝票をよこす。

書き方のパンフレットには「第一」「第二」「国際線」の3通りの書き方があったので、「第一」の書き方を模倣して書いた。

私   「できました」と伝票を渡す。

私   「袋に入れろって言っても、どういう袋がいいんですかねぇ…ゴミ袋では薄…」

おばさん(話を遮り)「国内線ですか」

私   「(やっぱりカバーの話は打ち切りかよ)…第一ですから国内線です(そもそもあなたがよこしたパンフにも「第一」「第二」しかなくて国内線って書いてなかっただろうに…)」

そんな感じで非常に感じ悪い窓口のおばさんに荷物を託してしまいましたが、無事に届くでしょうか。帰宅後クロネコのWebサイトを確認すると、

58


カバー要らないって書いてあるし!
あのおばさん、何を突っかかってきたんだろう…。


でもあまり事前にマジメに確認しませんでしたが、これ「空港利用料」(羽田648円)がかかるので、行き先によっては直接ホテルに送ってしまった方が良かったかも知れませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
2017年8月31日発売の1/144はいぱーギャン子の写真(バンダイ提供のオフィシャル写真)を見ていて気がついたんですが…

バンダイホビーサイトより:

19

C G だ っ た ん で す か

そりゃ設計データのCGから描ければ効率いいでしょうか、プラスチック感が見事なのでまさかCGとは思っていませんでした…。


06

2017年9月30日発売のMGダブルゼータもCGだった!

いやぁすげぇ綺麗に作って綺麗に撮った作例だなぁ(どうやって撮るんだこれ)とは思っていたんですが、まさかCGとは…。
正直に「CGです」って注釈入れてくれているので誠実だと思うんですが、なんかこれを本物だと信じて買ってしまうのは、少しモヤッとします。
食品の世界では「絶対にこうはならない調理例」が広告写真やパッケージに使われていて、我々はそれに慣らされてしまった感はありますが、まさかガンプラまでそうなってしまったとは…。

「こんなのが作れるんだぁ」って感激して買うじゃないですか。
でも実際作ってみるとこうはならない。だってCGだもの。よしんば作れたとしても同じように撮るのは困難です。

とはいえ、その一方で、近年増えている「積みプラ」(ぉ だったらどうでしょうか。「これを作ればああなるはずだ」という幻想を抱いたまま積んでおいて、この写真(CG)のようには作れないという現実にぶつかることなく、積みプラのまま終わるとしたら。それはそれで幸せなのかも知れません。そういう時代の寵児なのかも。

でも今まで気がつかなかったなぁ。
昔っからずっとCGだったんでしょうか?と思ってもう少し見てみると、


38

2017年8月31日発売のGM/GMはCGではないようです。
上の画像では分かりにくいですが、バンダイホビーサイトを見るとスミ入れの線とか、ちゃんと人手でやってるような線です。

今がちょうど切り替わり目なんでしょうか。
家電製品とかも商品写真がCGということは多々ありますが、ガンプラは自分で作ること自体が目的なので、ちょっと家電とかとはワケ違うと思うんですよねぇ…。

でもおそらくこの流れは止まらず、今後はCG作例が支配しそうですね。


  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ATOK税の謝礼品が届きました(誤解

5D4A4716

インストーラーはUSBメモリに入っていますが、2WAYインストールと呼ばれる、Webからダウンロードできる仕組みも用意されているので、わざわざパッケージを開封することなく、インストール完了。AAA優待ダウンロード版をシリーズ最安値にしてくれればいいのに、AAA優待アップグレードパッケージ版が最安値なものだからこんなことに。

ATOK SyncやATOKクラウドはオフで設定。

賢くなった感触はまだ分かりません。
何か様子が分かれば報告します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
そろそろ自分のために休みが欲しいと思って、一日休みを頂き、かねてからやりたかった「通勤と反対向きの電車に乗ってふらっと出掛ける」を敢行してみました。

結論から先に言えば単に半日、観光地の紫陽花撮って帰ってきただけですが、いざ休みを取ってどこか行こうかといってもそれくらいしか思いつかないところが、回帰的ですが休みが必要だったんだと思います。



午後からはやりたいことが決まっていたので、通勤電車の反対向きに乗って昼までに帰れる場所となると、伊豆半島や静岡の方までは行けません。今年は来ないつもりでしたが、紫陽花シーズンの北鎌倉は、定番スポットの明月院へ。


以下の写真は昔の写真を除きノートリミングJPEG撮りっぱなしです。



EOS 5D Mark IV + Carl Zeiss Planar T* 50/1.4

いつから「明月院ブルー」と呼ばれるようになったんでしょうか。
私は今年初めて聞きましたが。
さすが、いい色です。




これは4年前に撮ったものですが、この日この写真を撮ろうとすると200人くらい並んでいて2時間待ちだったようです。朝NHKの中継があったからというのも理由なんでしょうが、一番は「いくらかの拝観料を払うとこの座敷に上がれる」というチャリティを実施していたためです。つまり外からはこのカットを撮る人が待っているのに、座敷の上をうろうろしている人がいる状態。これでは外から写真を撮りたい人の行列が消化されることはありません。

しかもその状況を理解せずに外から「そこをどけ!」などと怒鳴る人まで出る始末で、なぜ普段は入れない座敷に上がっている人がいるのかを考えれば状況は理解できそうなものなのに、残念です。



EOS 5D Mark IV + Carl Zeiss Planar T* 50/1.4


EOS 5D Mark IV + Carl Zeiss Planar T* 50/1.4


EOS 5D Mark IV + Carl Zeiss Planar T* 50/1.4

あれ、紫陽花の写真は70枚ほど撮った中からセレクトしたら、奇遇にも全部Planar(50mm)でした。
85mmと35mmでも撮ったんですが。

曇りの日の光を期待したんですが、かんかん照りになってきたので、暑くて退散。

明月院ブルーはとても鮮やかでしたが、
反対向きの電車の旅は、思っていたほど心ときめきませんでした。
何が足りなかったんだろう。

このページのトップヘ