クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「ガンダムビルドファイターズ バトローグ」

ビルドファイターズを元にした実験的意味合いのショートストーリーらしいですが、今までのビルドファイターズでは超えられなかった(というか超えないところが特徴だった)ラインを「A.I.」という新ネタで楽々越えてきています。


シャアの声が池田秀一氏じゃない!と一部で話題になっており、すわ、後継者問題に着手か!?と一瞬焦りましたが、関俊彦氏(本物のシャア)だったというね…。うーん、縁起でもありませんが、池田秀一氏に何かあったら、関俊彦氏になるんですかね。なまじブライトさんの後任の成田剣氏が激似だっただけに、もう少し濃密な感じを期待してしまいます。

それと、
シャアはアムロの声で腹立たしくならないと思いますよ…。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
キヤノンギャラリー銀座で開催中の竹沢うるま氏の EOS 6D Mark II 特別企画展を観てきました。


5D4A5483

その作品は、EOS 6D Mark IIのカタログや、特設サイトでも観ることできますが、結論から言えば巷で言われているような性能のひどさは感じなかったですね。特にプリントの展示だと暗部階調の豊かさすら感じられます。

竹沢うるま氏ご本人も在廊されていましたが、これらの6D Mark IIの作品群の撮影はRAWで行ったものの、現像はほぼストレートのこと。入口入って正面の大きな女性の写真がEF 40mm F2.8 STMで撮影されたものというのがある意味痛快ですね。

なお残念ながら日曜は休館日なので、銀座ギャラリーに行かれる方はもう平日しかチャンスがありません。このあとは名古屋、大阪、札幌を巡回されるようです。


5D4A5485

ギャラリー裏手(いや、こっちがオモテか)にはショールームがあり、早速6D2を弄れました。ファインダーを覗いた瞬間に違和感を覚えたのですが、ファインダー下部の数値表示が緑色ではなく白色になったんですね。

全体の質感はフルサイズになった80Dと言うべきか、5D以上とはやはりちょっと違います。DIGICも最新のDIGIC 7を積んではいますが、液晶の出画が5D4と比較するとワンテンポ遅いですね。メニューボタンを押してから表示されるまでとか、撮影してからプレビュー表示されるまでとか、5D4と比べると「あれっ」というテンポです。ここは意外でした。

EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM というレンズも初めて触ったのですが、STMらしく速度はそこそこ。音は小さく動画との親和性は良さそうです。


5D4A5488

5D4との価格差はいま13万円くらいでしょうか。5D4と比較検討されている方も多いと思いますが、ジョイスティックに代わるマルチコントローラーの操作感とか、筐体全体の質感、剛性感、CFカード対応、画質の差異、視野率100%などに差額の価値を見いだせるかですね。

バリアングル液晶の有無やWiFiの親和性、Bluetooth LE対応などは6D2の方が勝っている部分もありますが、既に5D4を購入された方が「ちょっと早まったかなぁ?」と後悔することはないでしょう。

逆に7D2との比較では悩ましいですね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
FlashAir W-04に対応したKeenaiアプリ Ver3.0.5がリリースされました。
サポートからは「既にFlashAir W-04には対応済みです」と先月回答をもらっていますが、どういうことなんですかね!?

44

まぁいいや、これで動作が安定してくれればと、
早速試してみましたが…。





何が変わったのでしょうか?
相変わらずウンともスンとも言いません。Macでは。

まぁ2chによると「撮影中の画像を転送してしまって下半分グレー色の写真が転送された」とか「カメラ電源が切れない」とか報告されていて、W-04側も今のままではいけない感じですね。何かファームウエアの改良がないと。ライバルメーカーのEyeFiってすごい会社だったんだねと今さらのように認識しました。

それよか「THETA Sをサポート」と書いてあるのも気になります。
Keenaiの公式WebにもMac版KeenaiアプリにおけるTHETA Sについて何も記載がないし、何をどうやって設定していいのか全く不明です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
NHKニュース:世界文化遺産に「百舌鳥・古市古墳群」を推薦

子供の頃、ラジオから流れてくる「東名高速は、現在ふつう(不通)になっています」というアナウンスを聞いて、「なぜ『普通』の状態がニュースになるのか」と訝しがっていました。

もういい年こいたおっさんになっても、まだあるんですね、そういう「意味をうやむやにしてきた」言葉。

前方後円墳。

「仁徳天皇陵とされる陵墓は全長486メートルに及ぶ前方後円墳

前方後円墳を習ったのは、小学生の頃でしたかね。

後ろが、円。だから「後円」。それはいいですよ。
では「前方」は何なのか。前方が何なのか書かれていないじゃないですか。

たとえば「前方六角形後円墳」とかなら分かりますが、
「前方後円墳」では、「前方」が「?」で、「後ろ」が「円」の「墳」。

前方が何であるかを説明していない、不完全な名称。
ずっとそう思っていました。今の今まで。


気がついたんですよ、「方」が「四角」を表すことに。

IMG_9939


やっぱり。

つまり、
「前方後円墳」は、「前」が「方(四角)」で、「後ろ」が「円」の「墳」
だったという訳です。

これ自分の今年10大ニュースの首位に躍り出たような気がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
先週販売が完了した最終型のiPod Shuffleを購入(というか、ヨドバシのポイントを放出)しました。必要かどうかというよりは、純粋にコレクションです。もうこんなの出ないと思うので。

「再生順がランダムなら、曲選択のためのディスプレイは必要ない」という痺れる発想で、極限まで小型化したiPod。しかしどんな小さくしたところで、「イヤホンがワイヤレス接続なら、プレイヤーの重量は問題にならない」というパラダイムシフトには勝てませんでした。

これ単独ではiTunes Storeの売り上げには貢献できないから、という理由もあるでしょうね。




本来なら「保管用」と「開封用」の2つ買うんでしょうが(笑、まぁそこまではちょっと。Apple Storeでは販売終了の「事後報告」でしたが、ヨドバシでは週末はまだ買えていました(今は完売)。

在庫状況を監視していたら、最初に売り切れたのがピンクで、次に銀、黒、金で、最後に残ったのがこの青でした。うーん、青、いい色だと思うんですけどね。もっとも在庫量も同数ではないでしょうしね。ピンクなんか最初から在庫些少でしたし。




2005年発売の初代と。




イヤホンとUSB充電/同期ケーブルが附属しますが、Apple製品にしてはケーブルの収納が雑な感じ(笑。

音質ですが、ポップス向きのほんのり低音をブーストした音質。附属のイヤホンはiPhone附属のイヤホンより質が低いのか音がスカスカで、別の高品質イヤホンに付け替えると音が一変します。ただ、このデザインは白いプレーンなイヤホンだから映えるのであって、黒くてメタリックなソニーのイヤホンとかを接続してしまうと、性能は真価を発揮するものの残念なルックスに(;´Д`)

Voice Over機能でディスプレイレスながら曲名を読み上げたりしてくれます(但し漢字や数字は正確には読み上げられません。)

今や実用と言うよりは、存在自体が楽しい製品です。


このページのトップヘ