クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
愛知万博行ってきましたヨ。大混雑の企業パビリオンに目もくれず、諸外国のパビリオンだけ見ればさほど苦労はしないだろう…と思っていたが、いやいや、そうでもなかった。諸外国のパビリオンも結構人気なのヨ。もっとも、その頃企業パビリオンは2時間3時間待ちはザラなんだけどね。

市販のガイドブックを見ると諸外国のパビリオンではご当地の料理のレストランが入っているように見える紹介もあるのだが、実際行ってみると見学コースの片隅にテーブルが5個置いてあるくらいの激競争率高いお店だったり、やっぱ実際行ってみないと解んないもんっすね。

ご当地レストランは値段も張る。たとえば今日食ったところでは、コーカサス共同館のシチューセット。さらさらのシチュー1皿と、1x5x7cmくらいのパンケーキ1つと、ヨーグルトと、飲み物で1,300〜1,450円(価格は飲み物による)。夫婦で行くとこれだけで2,900円コースだ。で、パンケーキなど子供に食われるので当然足りるはずもなく、その後エジプト館近辺でコシャリ(豆ご飯のトマトソース掛け、結構旨い)1皿1,000円と、その近辺の露天で飲み物+ポテト+ラム肉串焼きで1,050円食ったところでそこそこ満足した。ここまでで昼飯ごときに5,000円近くかかっているわけだ。まぁ海外旅行でもしないと食えないものばかりだけどさ、海外の味に拘るのでなければ弁当持参を強くお勧めする

なんか食い物の話だけで相当行数を使ってしまったが(汗 他にもこれから行く方のためにアドバイスを少々。

・新幹線で行く方へ。名古屋から乗るエキスポシャトルという電車を降りた後、万博千草駅で「リニモ」か「シャトルバス」かという選択を迫られるが、それぞれの待ち時間を示す電光掲示板は信用しないこと。エキスポシャトルから一斉に降りた客が「バス20分待ち」「リニモ10分待ち」と電光掲示版に書かれていたら、どちらに向かうかは明白。が、電光掲示板は勿論リアルタイムでは更新されない。エキスポシャトルのわずか1便の客のほとんどがリニモに流れた場合、リニモはあっという間に60分待ちとなる。エキスポシャトルから遅く降りると「電光掲示板では10分と書いてあるが、並んでみると60分」という目に遭うわけだ。行列を見比べて、自分の目を信じた方がいい。

・売店。公式グッズ販売店は場内に3カ所しかない(露天はたくさんあるが、ラインナップが貧相)。午後3時にもなると、レジ20分待ちとなる。これを避けるには、朝到着したら即買い物→即コインロッカー行き、にした方がよい。ただし、コインロッカーも午前11時にはほぼ空きはなくなる。また、商品ラインナップは店により微妙に異なる。北ゲート前では売り切れていた商品が、西ゲート前に行くとあったりする。

まぁとりあえずはこんなところすかね。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ed177c5b.gifamazon.comで「オトメロディ」ではヒットせず、「オトメロディー」または「オトメロディ*」と入力する必要がある件について。

そりゃないんでないかい?>アマゾン。

注文したけどさ(ぉ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「最新の高機能端末を先んじて購入するユーザー(おそらくヘビーユーザー)が高い対価を支払い、機能よりも価格を重視するユーザー(もしかするとライトユーザー)が半年、あるいは1年後に安価に端末を購入できるという構図は、本当にユーザーにとって、やさしいものなのかどうか」

つまり、ヘビーユーザには安く端末を提供し、ライトユーザには高く端末を買わせろってこと? それもいびづな気もするが。

第一、ドコモプレミアクラブでヘビーユーザの方が指数的にポイントがたまってゆく仕組み(たとえば簡単化すると、年間の利用料5万円だと500円分のポイントしか貰えないが、年間の利用料が25万円だと、12,500円分のポイントが貰える)を導入してるでしょう。

年間利用料5万円の人は毎年最新端末を買おうと思ったらたとえば32,500円必要で、年間利用料25万円の人が毎年最新端末を買おうと思ったら同じ端末が20,500円で買えるわけだ。そんなに不満かねぇ…?

すぐ製品を買い換えられる環境を整えろというのも環境負荷の面からもどうかと思うけどね。
って18ヶ月ごとに買い換えしている俺が言える筋じゃないか。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
周期的に噂されるPentium Macだが、それがあったとしてもPowerPCとバイナリレベルでの互換はないのでアプリケーションはPowerPCとは別にビルドする必要があるはず。んなことわざわざアプリベンダーに要求するほどPentiumは魅力的かねー? モバイルCPUのPentiumMは消費電力あたりの性能が高く魅力的だけど、G4はそれと比べて特段劣っている訳じゃないし…。

Pentium/PowerPCのどっちのバイナリをインストールするかはMacOS側のインストーラが勝手に判断できるとしても、インストーラを使わないOfficeやToastのように「ドラッグ&ドロップ」で済んじゃうアプリは、「FATバイナリ」で実装せざるを得ないだろう。今後は今のままでもPowerPC 32bitとPowerPC 64bitのFATバイナリのアプリが主流になるはずなのに、それにPentium 32bitとPentium 64bitのバイナリをくっつけちゃうなんて。もっとも、64bit化されるコードは限定的という話もあるが…。

一方で完全にPC/ATの過去互換性の呪縛から解き放たれたPentiumプラットフォームの実力ってのも見てみたい気もする。まぁでもこれはわざわざMacじゃなくても。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「サービスセンターもどんどん閉鎖しているわけであり、遠からず同様の運命になる?」

サービスセンターの中の人も大変だな。自分たちの存在価値を高める努力をしなかったんだろうな。

「先行している競合他社では可能なんですけどね。」

( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー

このページのトップヘ