クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
電車通勤の頃は480mlのサーモスの水筒を持って通勤していたんですが、最近はクルマ通勤なのでもっと大きい水筒でも問題ないことに気付き、夏の飲料代を節約すべく1.5Lの水筒を購入。タイガー魔法瓶の「サハラワイド」です。

今までは480mlの自宅持ち出し飲料の他に2〜3本のペットボトルを購入しているので、これで毎日200〜300円は節約できることになります。

5D4B0378

もちろん自宅で麦茶を沸かすなり何なりにもコストがかかりますので、節約金額は実質的には100〜200円程度だと思います。この水筒が3,000円しますので、最初の夏は水筒の減価償却分で終わってしまう感じですね。2年目から効果が出るイメージでしょうか。

夕方まで充分冷たいのはいいんですが、1.5Lの水筒市場ってどれもこれもスポーツモデルばかりで、デザイン的にオフィスに持ち込んで違和感のないモデルは皆無です。開閉音も開けるときは「ぽん!」閉めるときは「カチッ!」と盛大で、会議中の開閉は躊躇する感じです。オフィスワーカーの大半は電車通勤だから1.5Lの水筒なんて持って歩けないでしょう?という理屈は分かりますが、クルマ通勤のオフィスワーカー向けの水筒があってもいいと思うんですけどねぇ。


タイガー 水筒 1.5L 直飲み ステンレス スポーツ ボトル ポーチ付き ブラック Tiger MME-D150-K




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
昨年の暮れにどこかで参考出品されていた、1/144 RGで光るユニコーンガンダムがついに発売になるようです。さすがにポーズは固定のようですが、1/144 RGで発光ギミックが入る時代というのは、感慨深いものがあります。

img_06

にしても高い…。

1/60 PG ユニコーンも光りますが、あちらはポーズ可動式。しかしながら発光させるための配線はスタンドアーム経由で腰のあたりに入るので、後ろからの見た目はこの1/144 RGの方がどう見ても良いです。関節とか配線が入るように、普通のRGとは別ののもが用意されるんでしょうね。

価格も1/60 PG だと2.5万円コース(本体1.5万+LEDユニット1万)。それに比べれば小さくてポーズ固定とは言え、1万円というのはそういうものなのかも知れません。バンダイが外注している?LEDユニットは製造元がどこか分かりませんが、デジタル家電のコストパフォーマンスを求める波に飲み込まれてなさそうなんですよね。あれでは値段は下がらんわな…。

一般の販路に流れれば20%引きとかになって8千円程度で買えそうですが、ガンダムベース東京限定販売のようなので、定価なんですよね。



DABANとかいうPGのパチモノがあるのか…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
SIGMA社の優先度の高い重要書類最新号を購入しました。

5D4B0306

ツマには「ああ、いつもの『飛びこめ泥』ね」って言われましたが、泥じゃないですから!泥、イヤじゃないですか!?沼とあまり変わらないか!?


5D4B0308

クレイジーピーポゥ!確かにある意味クレイジーピーポゥだと思います。酔狂と言っても良いでしょう。機材を買ってから使い道を考える…デジタルガジェット全盛期にはあらゆる分野で見られた光景ですが、いまやカメラ分野がこの思想の最後のフロンティアになってしまった気がします。ことレンズになると金銭感覚が狂うの、何なんですかね。


それと、あとがきで触れられていますが、このネタが採用されなかったのは惜しい!(笑




ところでクレイジーピーポゥって単語今回初めて入力するはずなのに、画面上に出ている単語から勝手に学習するATOKさん、さすがです!

スクリーンショット 2018-05-21 22.00.28


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
何か最近棚ばっかり作ってる気がしますが。
押し入れ収納ボックスを買いました。基本的にはクローゼットに縦に入れてあまり使わないものを収納して、使いたいときだけ引き出してきて使う類いのキャスター付きの棚なんですが、勿論普通の薄い棚としても使えます。この家に越してきてから地震のときに倒れることを想定して家具類は極力低いものを選んでいるのですが、高さが低くて奥行きも浅い(部屋が狭くならない)棚というのはあまりありません。


DSC08650

楽天で見つけた組立式のボックス。えらくコンパクトな梱包です。


DSC08670

完成するとこんな感じです。カエルは付属しません。


DSC08656

コンパクトな梱包の秘密は、裏板がジョイント式になっている点にあります。真ん中に継ぎ目が入ってしまいますが、どうせモノを入れてしまうので問題ありません。


DSC08666

この間作ったスライド棚も同じ仕組みだったのですが、天板の結合に「カムロック」という方式を採用しているのが最近の流れなんでしょうか。これは天板の上面にネジ穴が出ない、比較的新しい方式だと思います。


DSC08659

受け側の「カム」パーツはこんな感じです。ドライバーで締めてやると天板に取り付けたダボの凹部を掴み込むようになっています。考えるもんですねぇ。


DSC08833

この棚は同じものを2個買うと割引があったので、もう1つ買ってデッドスペースになっていた食卓の横にも置きました。このスペース、前々から収納に使えないかと思っていたんですよね。まさに望んでいた通りのサイズ。お客さんが食卓に座る必要がある場合には、キャスター付きなのでゴロゴロ転がして撤去することができます。裏面も化粧仕上なので、服などが引っかかることもありません。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
新しい職場とか、新しい職位とか、そういう節目に下ろそうと思っていたSHARBO X TS10。購入後3年経ちましたがいつまで経っても「下ろそう」と思える人生の節目が来ないので、もういいかと(;´Д`)本格稼働に向けた動作確認をしたところ、あれ…シャープメカが引っかかる。素早く回すと、シャープメカの前後で切替動作が引っかかります。


5D4B0250

なんだかなぁ…とゼブラに相談したところ、現物を確認して頂けると。回収キットが送られてきて、そこにTS10を入れて普通郵便で送り返します。


DSC08684

10日後、「異常なし」で帰ってきました。同封された手紙には、回転の動作を早く行った場合に芯同士が引っかかることがあると書かれていました。だったらそうとWebのFAQにでも載せておいてくれれば、無駄な調査依頼をしなくで済んだのに…。

そんな訳で、SHARBOは3軸までがウエルバランスかなという気がしました。3軸モデルは3本持っていますが、いずれも高速回転させても引っかかることはないので。

 

このページのトップヘ