クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iPhone 7のホームボタン、凹んではいるんですがご存じの通り物理的に押し込めない形式になってしまいまして、押し込んだときのクリック感は、Taptic Engineにより生成されるフォースフィードバックになってしまいました。

IMG_8512

少し使えば慣れる、という意見を多く見かけるのでどんなものかなぁ…と思って試してみたんですけど、ダメですねこれ

まずiPhone 6sのTaptic Engineと比べると、iPhone 7は感触自体はかなりいいです。それは認めます。Taptic Engineというのはいかに瞬間的に大きい力を出してユーザーに鋭いフォースフィードバックを返せるかがカギなので、iPhone 6sより大型化されたTaptic Engineはより良好なクリック感が出せます。

最近のMacBookにもTaptic Engineが搭載されていますが、これは本当に良くできていて、本物のクリック感にかなり近いです。Taptic Engineがかなり大きいことと、バッテリーがパワフルなので使える電力も全然違うのだろうと言うことは想像できます。

それでiPhone 7のTaptic Engineですが、もうこればかりはどうしようもない致命的な問題があります。それはiPhoneを手に持ってホームボタンを押す際に、ホームボタンを押す指のみならず、他の指にも一緒にクリック感が伝わってしまうことです。たとえばiPhone 7を親指以外の4本の指で背面を支え、親指でホームボタンを押したとすると、ホームボタンが凹んでいるのではなく、背面カバーが凹むような感触がするのです。MacBookのタッチパッドをクリックするとき、裏面に指回しませんからね。

もしかすると本革ケースをはめたりすると状況が変わったりするのかも知れませんが、なんかAppleにしては本質的なところをないがしろにしてるなぁ…という印象は持ちました。


あと画面ですね。店頭に並んでた数台だけですけど、おしなべて黄色かったです。今までのiPhoneが青すぎたのかも知れませんし、今回は色域に拘ったようなのでこれが正しい姿なのかも知れませんが、一見、iPhone 3や4の頃の黄ばみ液晶を彷彿とさせる色合いなので、困惑しました。上の写真の液晶も全体的に黄色いのが解ると思います。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ご存じの通り、iPhone 7 / 7 Plus は防水性能が付いた反面、3.5φのアナログヘッドホンジャックがなくなってしまいました。その代わり、Lightningから3.5φアナログ出力を取り出すためのアダプタ「Lightning to Headphone Jack」が附属しますが、それがあちこちで音質が悪いと酷評されているので、どんなものか確認したくなり、最近iPhone 7を入手した知人から借りることができたので試してみました。なお単品売りもされており、Apple製アダプタにしては良心的な価格の940円です。

これの出来が本当にひどいようだったら、機種変はiPhone 7ではなくiPhone 6sにした方が幸せなケースもありそうですよね。


5D4_0100

思いのほかしなやかなケーブルです。もう少し固いのを想像していました。結構すぐ断線してしまいそうな柔さです。

SONY XBA-A2に接続してさまざまなソースを試聴してみましたが、iPhone 6内蔵のアナログ出力と比較すると、高音と低音が出ません。そしてメリハリがなく平板な音です。分離も悪く分析的に聴くことを拒むかのようです。

未使用品を借りましたが、最初の10分でかなりエージングが進んだ気がします。初めて聴いたときには「これはひどい」と絶望感がハンパなかったです。10分程度経ったらそこそこ聴けるようになりました。

Walkmanの音質を100点、iPhone 6の内蔵ヘッドホン出力を70点とするならば、Lightning to Headphone Jack だと60点くらいだなぁ…という印象。「聴き疲れしない音」と言われればその通りで、元々高音がキツイ曲などは聴きやすくはなるんですが、それにしても眠い音質だこと…。


この音だからiPhone 7 ではなくてiPhone 6sにするか?と聞かれれば、かなり悩みます。どちらもWalkman より悪いことには違いないし、6/6sの音を聞かなければ「まぁIT屋の作るオーディオなんてこんなものだよね」で済ませられると思います。電車の中ならなおさら気にならないかも知れません。30分くらい聴いた感じでは結論は出ませんでした。週末一杯借りましたのでもう少し聴き込んでみます。


よく、そこまで拘るならポタアン使えば?と言われるのですが、ポタアンってそもそも大きくて邪魔だし、iPhone以外にバッテリー(充電)が必要というのが納得できないんですよね。ポタアンを充電して持ち歩くなら、ウオークマンを充電して持ち歩いた方がよほど軽いです。Bluetoothレシーバーも軽いのは軽いですが、充電が必要という点では一緒。Lightning直結のバッテリー不要のDACにしても、品質的にあんまりいいのないですしね。


Claris(まどか) x GARNiDELiA(ガンダム・Gのレコンギスタ)のコラボ曲。インストゥルメンタルとコーラスが GARNiDELiA で、ボーカルが新生 Claris。Claris 自体がメンバー交代で声質が変わってしまったというのはありますが、それを差し引いてもアップテンポな GARNiDELiA 風味の Claris の曲というのがとても面白いです。もしもう一度コラボがあるなら、 GARNiDELiA のボーカルをコーラスじゃなくて Claris と並べたのを聴いてみたいと思いました。

ATOK、「がるに」と入力するとGARNiDELiAって候補が出るの何なのすごい。画面内学習じゃないよなぁ。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「ひとり暮らしのOLを描きました」の3巻が発売。

5D4_0096a

実は川崎アトレにピクルスの期間限定プレミアショップがオープン中で、そこで買うとポストカードがオマケに付いてきたようなんですが、まさか3巻の発売日と川崎プレミアショップの開催期間が重なってるなんて知らなかったんだよー。Amazonで買っちゃったよー。

初めて1巻を読んだときにはなかなか衝撃的でしたが、3巻ともなるとこのOLさんなりの処世術というものが見えてきた気がします。いつか幸せになって欲しいと思います。あと後書きを読むと作者さん自身も「毎日、宙ぶらりん」なことに不安または不満があるように描かれていますが、大丈夫でしょうか。

ちなみに巻頭1話目(57日目)からソニーの修理対応期間のネタとなっておりますが、ソニーは悪くないものの、よくある話です。そしてピクルスには相変わらず癒やされます。80日目→81日目の扉絵のピクルスの流れが最高です。


  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
MacOSが無償になってからずいぶん経ちますが、今回も4GB越(iMacの場合)の大型アップデータがネットワーク越しに提供。ネットワークが混んでいて、ダウンロードには5時間くらいかかったようです。

さすが4GB越のアップデータなので変更点は多岐に渡る筈なんですが、見た目も使い方もそんなに変わりません。システム環境設定画面のアイコンの並びとカテゴライズが変わって戸惑ったことと、SiriさんがMacにも登場したことくらい。

複数のMacの書類フォルダをiCloud経由で同期する機能は、同期する容量分だけiCloudストレージの有料契約が必要です。Dropboxで事足りてるので、使う予定はありませんが。

動作は少し軽くなったような気がします。

00

HDDの中身を整理する機能が充実しました。Windowsではかなり昔から実装されていたような機能で、Macにはそれがないのがむしろ浮き世離れした雰囲気を醸し出していましたが、実用マシンに一歩近づいた印象があります。

iMacのマイクは本体上面(極薄ですが上面)にありますが、私の環境ではここに常にエアコンの風がそよそよと当たっているので、Siriさんが発音の区切りを誤って聞いてしまうようであまり実用になりません。エアコンとSiriさんのどっちをとるかって話なんですが、まぁ考えるまでもないですね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「一部のiPhone 7/7 Plusユーザーがノイズを報告」

iPhoneからも出るようになりましたか…。
これ、音ってグラフィクス周りやメモリ周りのICからよく出るんですよね。私が使っているiMac 27inch Late 2012も、画面が静止していると微弱な音が聞こえます(深夜でないと気にならないレベルです)。画面を動かす…たとえばSafariでスクロールすると消えるので、グラフィクス周りかなぁと。

古くはSHARP MZ-1500(1986年)あたりから悩まされてきましたよ。今まで買ったパソコンは、数台に一台くらいの確率でこのグラフィクスorメモリ周りの音…シューシューというよりはチーチー、チリチリに聞こえますが…はしていたので、もう諦めてます。でもこれがiPhoneから出るというのは、ちょっとイヤですねぇ。

個体差で音には大小があるので、どのくらいだったら気になるのか、どのくらいだったら交換対象になるのかは線引きがとても難しいので、そういう個体に当たると面倒ですね。


気にしすぎ人間へ クヨクヨすることが成長のもとになる(Amazon)

このページのトップヘ