クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
期待していなかったのに意外と出来が良くて面白かったガンダムNT(ナラティブ)のBlu-rayが予約開始になっています。4K Ultra HD Blu-ray版はファンクラブやプレミアムバンダイでの限定販売になるようですが、まぁ普通にBlu-ray特装限定版でいいかな。リリースを見る限り、一部シーンの作画崩壊修正はないのかな…。

bddvd_jacket

テーマソング「narrative」は既に様々なバラエティ番組でも使われていたりして、ムスコ(映画は見ていない)にもiTunesで買ったものを何回か聞かせたせいか、テレビでかかると「ガンダムの曲だ!」と分かるようです。


  

Amazonにおいて、今日現在ではなぜか「特装限定版」の「色紙付き」が「色紙なし」より安いという逆転現象が起きています。Amazonの映像ソフトは予約でも23〜27%引くかと思っていたのですが、今回は10%しか引かないんですね。別に色紙は要らないので、13%還元中のヨドバシにしようかな…。でもAmazonも売れ行きが悪いと割引率引き上げるし、それは過去の予約者にも適用されるからなぁ。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
昨年秋に購入したAnker PowerPort Wireless 5 Padを職場に持って行ったので、自宅用のqi充電用として Anker PowerWave 7.5 Stand を買いました。

R01_1966

前出のパッドと違って、接触面がラバー塗装されていないので、iPhoneの純正本革ケースがひっついてしまうということもなさそうです。

さらに、これに給電するためのUSB電源として、Anker PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ も買いました。

R01_1968

USB-C PDも1ポートあるので、これでEOS Rの本体充電もできるのではないか?と目論んでのことです。但し、まだUSB-Cケーブルを買っていないのでそれは試していません。


R01_1969

このスタンドはiPhoneを横にしたままでもqi充電可能なのがいいところです。動画を視聴しながら充電ができるわけですね。

両方そろえると結構な値段になってしまいますが、まぁ Anker はユーザー数が多いという意味では安心ですからね。(品質が安心とは言っていません(笑))


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
外出先からエアコンをコントロールしたくなり、メーカー純正のネットコントローラでも良かったのですが、いまノリと勢いのあるスマート家電コントローラなるものを買ってみました。中華系がいろいろ出ていますが、ここは日本メーカーであるラトックのスマート家電リモコン RS-WFIREX4を。割と出たばかりのモデルです。

R01_1973

R01_1974

時計は大きさ比較用。ペンダントほどの大きさです。これをワイヤレスルータに繋いでおくと外出先のスマホから家電がコントロールできるとか冗談みたいですよね。

スマホ (iPhone) アプリを使ったセットアップはうまくいかず、自宅の無線LAN (AirMac)につなぎに行くとこでエラーで終わってしまいます。AirMacユーティリティで見ると子機として認識はしているっぽいので、スマホアプリ側は「WPSで接続する」を選んでWPSで接続したフリして次へ進むと、うまく行きました。


IMG_2398

やりたかったエアコンの他、試しに照明も追加してみました。


IMG_2396

スマホアプリはメアドを差し出す必要がありますが、それだけで外出先からアクセスできてしまうのは不思議。ちゃんと外出先からコントロールできることを確認しました。


IMG_2397

照明もコントロールOK。色まで変えられるかどうかは照明の機種によるようです。

アレクサなどのスマートスピーカー連携もできるようですが、実はスマートスピーカーを持っていないので(意外?)そこは試せませんでした。

ちょっと昔だとこういうことをやろうとするとルーターのポート開放をして…とか面倒だったんですが、おそらくラトックのサーバーを使ってるんでしょうが、こんなに簡単にできてしまっていいのか、という思いです。


 

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
macOS Mojaveになったあたりから、Photoshopのカスタムアイコンがおかしくなってしまいまして。


スクリーンショット 2019-02-10 11.48.10

たとえば、こういう画像(PSDファイル)のカスタムアイコンが…


スクリーンショット 2019-02-10 11.48.17

こうなってしまうのです。黄色いクマ、どこいった。
こうなるファイルと、ならないファイルがあって、規則性を探ってみたところ発見。


スクリーンショット 2019-02-10 11.48.28

こうなるファイルは、「背景」レイヤーにロックがかかっていました。まぁデフォルトで背景にはロックがかかるんですけど。


スクリーンショット 2019-02-10 11.48.44

この「背景」をレイヤーに変換してやって、保存し直すと…


スクリーンショット 2019-02-10 11.49.01

アイコンが正しく表示されました。
ただ、「背景」レイヤーって正式な機能なのですから、macOS側のバグなのか、Photoshop側のバグなのか分かりませんが、早急に直して欲しいですね。古いファイルの中には再保存でタイムスタンプを変えたくないものもあるので。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「ラブライブ!」キャラ頭部に別の体 改造フィギュア販売の男逮捕
フィギュアを無断で改造して販売したとして、茨城県警稲敷署は17日、著作権法違反の容疑で、●●●●●●●●を逮捕した。

(●●●●●●)の部分は人権に配慮して転載しません。

このニュースで私が驚いたポイントは2つ。

1.その手があったのか。
1980年頃…いや、もっと前からだと思いますが、雑誌付属のアイドルのピンナップを切り抜いて、別のピンナップに貼り付ける遊びがありましたよね。その後それがデジタル化、高度化されて、90年代後半年頃に「アイコラ」(アイドルコラージュ)というジャンルが生まれたわけですが、それを3Dの成形物であるフィギュアでやるという発想が「その手があったか」という驚きがありました。私ももうだいぶ思考の柔軟性がなくなっている気がしますね(;´Д`)

個人でやる分には構わないのでしょうが、これ組み合わせを検討するのに膨大な数の現物を入手した上で分解しないといけないので(仮にサイズが一致しても肌色の表現まで一致する組み合わせを探すのがかなり大変なはず)、趣味でやるにしてもコストがかなりかかりますよね。でもそれを商売にしたら著作権法的にアウトと言うことです。

昔テレビが4:3から16:9になる過渡期の時に、テレビ側に4:3映像を16:9映像に伸張して表示する機能が内蔵されていましたが、アレを使って公衆の面前で視聴させても権利侵害になるという話もありましたね。考え方としては「オリジナルの作者の意図とは異なる見せ方をしており、権利侵害」という意味で同じでしょう。

しかしフィギュアの首のすげ替えがアウトなら、ガンダムの身体にザクの頭を乗せて売りに出してもアウトという可能性がありますね。あ、ゼータザクはオフィシャルか。


A6500852



2.稲敷署サイバーパトロール
稲敷署にサイバーパトロールするチームがあったのに驚きです。いや、サイバーパトロール「隊」とは言っていないので、もしかすると署員が個人的にネット徘徊していて見つけたのかも知れませんが、逮捕された容疑者が八千代市と比較的に稲敷署と近くなのは、単なる偶然と言うことなのでしょう。


  

このページのトップヘ