クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
こどグルマスターの一押しの中華料理店に、旧正月に合わせた(偶然です)新年会に行ってきました。あとはマスターに丸投げ

DSC08685

DSC08694

明らかに食事には不要と思われる武器的なiPhone。
そう、これアーマードiPhoneなんです。


DSC08697

DSC08701

アボカドのセイロ蒸し、ご飯のせ。
うちではツマがアボガド料理が得意で、腐る寸前まで(←希に腐らせる)熟らせておいたアボガドと、トマトのざく切り、あと在庫があればピクルスやらっきょうの千切りが入ったりしますが、それを醤油系のドレッシングで和えたものが出るんですね。これが結構ご飯に合う。なので、「孤独のグルメ」でこれが出たときには、美味いだろうと確信していました。ここでは蒸すことで人工的に熟させたのと同じ状態を作っているように感じました。そこに中華系のタレ。うん、間違いない美味さです。私は酒を飲むときこそ炭水化物を食べる派です(屋上屋を架す的な)。

この店の料理は、けっこうな割合で「うっすらパクチー風味」がついていることが多くて、私はパクチーは嫌いではないですがそんなにワシャワシャ食べるほどでもなく、でもパクチーが好きな人にとってはこの店の味は全般的にハマるだろうなぁと思いました。

いろんな創作中華料理があって楽しかったのですが、唯一、一点だけ。デザート。


DSC08719

この右下のなんですが、炭酸甘酒にゴマ白玉団子が入っているものです。口に入れるとまず炭酸がシュワッときて、そのあと甘酒ののどごし、そして最後にゴマ白玉団子の味という、味のジェットストリームアタック。それぞれがお互いを引き立てるようなことは全くなく(ぉ、なんでこの3つを混ぜたし!? と悩むこと必至。しかしそれがまた、オリエンタルっぽくもあり、もしかするとこれはクセになるかも知れません。

いや、美味しかったです(団子以外←)。さすがこどグルの店は外れないなぁ。


このお店のある通りは他にもマニアックな飲食店がちょこちょこあって、面白いなぁと思いました。どういうストリートなんだろう。

茗荷谷駅から坂を下ったところにあるので、帰りは駅に向かうと上り坂。「この坂もまた、実に走りたくなる坂である〜」とか言いながら帰ってきました。(走れません






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
マクロスの魅力といえばメカと音楽。激情版を観て高難易度のプラモに手を出されて方が居るようですが、私はCDを買いました。


5D4A9282

「ワルキューレは裏切らない」
激情版のパンフレットに今回のアルバム・曲ができるまでの色々が書かれていて興味深かったのですが、マクロスΔ本編が終わりかなり自由に曲が作れるようになったとのことで、確かに伸びやかさが増した感じがします。しかも音質が歴代のワルキューレCDの中で最高。これハイレゾ前提で何かいい機材で収録したんじゃないでしょうか。もしくはハイレゾ音源からのダウンコンバート。とても滑らかな音がします。もちろん歌い手の方々が年齢を重ねているというのもあるんでしょうけど。

あとパンフで今更知ったことが2つ。どちらも作曲家に関することですが、まず劇中でもCGによるコンサートシーンが印象的だったこのCD2曲目の「チェンジ!!!!!」ですが、どうも鴨川っぽいと感じていたのですが、やはり「輪廻のラグランジェ」のOP曲である「TRY UNITE!」や「マーブル」と同じ作曲者(Rasmus Faber氏)でした。チームなんですかね。

そしてもう1つはパンフレットでワルキューレ音楽プロデューサーの福田正夫氏が『歌謡の心』というものを深く理解している」と語っていた小森田実(コモリタミノル)氏。マクロスΔ第一話で印象的だった「いけないボーダーライン」の作曲の方ですが、どこかでこの曲の作曲に10ヶ月を要したとか聞いたことがあって、いやぁさすが類を見ない曲ができあがったものだと感嘆したものでした。そしらた小森田氏が超ベテランの作曲家というじゃないですか。手持ちのCDで探してみると出るわ出るわ。古いところでは、

5D4A9276

5D4A9277

南野陽子 :SNOWFLAKES (1988年リリース) の神曲、
Track 7「リフトの下で逢いましょう」作詞:康珍化 作曲:小森田実 編曲:萩田光男

って、まじかー。もう30年以上お世話になっているということでしょうか。いやいや驚きました。


ところでバレンタインデーに発売された「ワルキューレは裏切らない」のジャケット絵には秘密があってですね。裏面は…

5D4A9284

…おのれワルキューレ!
iTunesではなくてCDにして良かった(笑。

予習はほぼ完了したので、週末の横浜アリーナを楽しみにしています。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
車内におけるiPhone置き場の写真を撮っているときに、うっかりドアをコンクリート壁にぶつけてしまい、ドアのエッジに少しキズが入ってしまいましたので、タッチアップペンを買いました。




ただ、Audi のスクーバブルーのタッチアップペンはほぼAudiディーラーでしか手に入らず、しかも高いので、市販のものから近い色を選んでみました。どうせエッジ部分で目立たず、厳密な色合わせは不要ですので。

そこで、通販サイトに並んでいるタッチアップペンのブルーメタリック系の色コードを片っ端からGoogle画像検索にかけて、まぁこの色なら近いかなと選んだのが、このNISSAN #BW6 ダークブルーパール。日産ステージアやエクストレイル、ウイングロードに使われている紺パール色です。




ぶつけたところ。この距離だとまったく分かりません。




ここです。白くなっているところ。長さは5mmくらいでしょうか。まぁ放っておいてもいいんですけど、下地が見えちゃってるので錆びると傷口が広がりそうだなと。




塗ったところ。バッチリです。見た目色の違いは分かりません。

このタッチアップペンはキャップ側に筆がついているタイプなのですが、その筆がとても長くて塗りにくかったです。筆が長いと、手の細かい震えが増幅されるんですよね。

まぁでも、アウディ純正タッチペンの5分の1のお値段でこれならOKです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
A3におけるiPhone置き場の記事で、「Lightning延長ケーブルがあればなぁ…と思いますが、そんなのないですよね」と書いたところ、自動車アクセサリ関係のお仕事をしている友人M氏から、良いものがあると教えてもらいました。



CableJive / dockXtender

元々Lightning接続のiPhoneでケースが干渉してドックに載せられない場合に用いるLightning延長ケーブルとのことなのですが、数百円で買える安価な延長ケーブルと違って、何らかの電気的対策が行われているように見えるのがポイント。長さは60cmと180cmがあるようですが、60cmを買いました。

そうそう、私も数百円のどうも怪しく、この手の製品をキチンと作ろうと思ったら数千円はかかるだろうと思っていたので、まさにその通りの商品。友人M氏はこのケーブルを仕事で複数回納品?もされているようで、実績があるとのこと。それは信用できそうです。但し、AppleのMFI認証を通ったLightning延長ケーブルというのは世の中になく、それはこれも同じです。




モノ自体は片方がLightningのメス、片方がオスというケーブル。ケーブル自体は少し硬めでハリのある感じです。この製品の使いこなしポイントは、接続時はメスの方から接続すること。私の場合はメス側を車体側のMMI端子から出ているLightning端子に接続しっぱなしなので、この仕様で何ら問題ありません。




普段のiPhone置き場へのリーチもちょうどいい感じで、これは満足度が高いです。Bluetoothではなく、Lightning端子経由の高音質で音楽を聴きながら、必要なときはiPhoneを手元に持ち上げて使えます。ケーブルのハリがいい方向に作用して、見た目がスッキリしています。iPhoneの画面に今のところエラーメッセージが出ることもなく、これはいいものを教えてもらいました。ありがとうございます。>M氏




このMMIへのiPhoneのLightning接続時なのですが、どうもジャケット画像はiPhoneから送られていないようで、MMI側でのジャケット画像データは Gracenote CDDB になるようですね。上のジャケット画像はよく見ると上端左右が欠けているのですが、私のiPhoneの方に収録されているジャケット画像はそのような欠けはないので、別画像であることが分かりました。

市販のナビだとGracenoteのデータだけ独立でパソコンなどからアップデートできるナビもあるようなのですが、Audi MMIの場合は地図データ更新時に一緒にやるほかなく、そして2018年度版の地図データは例年だと1月頃公開されているのですが、今年はまだです。うーむ、もう旧車扱いで更新終わっちゃったかな…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
先日マクロスΔ劇場版の記事を書いた際に、ムスコが観ている「ラーメン大好き小泉さん」のOPがフレイア・ヴィオンだということに気がついたのですが、

16

ああ、見直してみると確かにフレイアです。気がつかなかったなぁ。

そしてそのシングル曲のCMで…

15

思いっきり「戦術音楽ユニット」扱いされていて笑ってしまいました。


さてその戦術音楽ユニットの方ですが、劇場版マクロスΔにあわせてCDが出ていますが、

31

このCMはどこの橋で撮影したんだろうとGoogle Mapsで調べてみたら、そんなに難易度の高い場所ではなく普通に山下埠頭(後ろの橋は横浜ベイブリッジ)でした。


36

ここ、もちろん一般の方立ち入り禁止エリアですが、地図で見るとすごく長い直線路が確保できていて、ここで超望遠で撮ると上記のCMのような絵が撮れるわけですね。なるほどー。

最近橋のたもとの撮影というとレインボーブリッジをよく見るので、山下埠頭というのは珍しいなぁと思いました。曲同様に「昭和歌謡」をイメージしたCMなので狙ってるのだとは思いますが。

  

このページのトップヘ